間取り図の読み方 

この年末年始、住宅情報誌やチラシを片手にマンション購入を検討する方もいらっしゃるのではないでしょうか。間取り図はマンションを選ぶ上でとても重要ですので、見るポイントをちょっと書いてみようかと思います。

間取り1
↑これはあるマンションの間取り図。この間取り図には勘違いしがちな箇所があるのですが、お分かりになりますでしょうか?ヒントはリビング部分です。

間取り2
↑普段間取り図など見ない方にとっては、リビングと言われたらこの赤線で囲った部分を指すのではないかと思います。でも、この赤線部分と隣の洋室を比べて、ここが11畳もあるようには見えません。

この理由は下記のとおり。

間取り3
↑この間取り図上においては、リビングはこの赤線で囲われた部分なのです。

この赤線で囲ったうちの細長い部分は廊下のように感じられますが、間取り図では、リビングに入るドアから内側はすべて「リビング」と扱われます。

もしリビングと廊下を隔てるドアが下記のようにキッチンの手前についていたら、リビングは2番目の間取り図のように長方形に囲まれた部分になり、広さも9.5畳程度になります。
間取り4
ドアの位置が変わるとリビングの広さも変わる。

このマンションの場合、キッチンとの行き来を考えてドアをこの位置に配置したのだと思われますが、間取り図上でリビングを広く見せたいがために、変な位置にドアが配置されているマンションがないとも限りません。

特に購入したい間取りがモデルルームに用意されていない場合、間取り図から広さを想像しなければいけないので注意が必要です。

4位から動きませんー。応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

こちらもよろしくお願いします。
人気ブログランキング
関連記事

タグ:マンション 間取り図 購入 選び方

6 Comments

AI  

引き続き、おじゃまさせていただきました。私は2月に引越し予定で、まさに今マンションを探しているところです。参考になる記事、ありがとうございました。応援ポチっと押しておきます☆

2007/12/23 (Sun) 12:36 | REPLY |   

ちえぞう  

>AIさん
2月にお引越しですか~。そろそろ探し始める時期ですね。いいところが見つかりますように(^^)。

2007/12/23 (Sun) 23:27 | EDIT | REPLY |   

かしわもち  

なるほど!大きな違いですね。
リビングの広さは重要なポイントですものね。
それにしてもマドリストは結構多いですよね。
私も子供の頃から大好きです。夢が膨らみます。
最近は実家に帰る度に、住宅関連のチラシの多さに驚きます。
田舎にはあまりないので・・・。こちらでは皆さんご実家の土地に
注文住宅を建てるのでしょうか。それもうらやましいですけどね~。

2007/12/25 (Tue) 15:00 | REPLY |   

ちえぞう  

>かしわもちさん
リビングの広さは一番アピールポイントでもあるので、トリックっぽいこともあるんですよねー。
ところで、「マドリスト」!なるほど、間取りが好きな人・・・その言葉いいですね(^^)。

2007/12/25 (Tue) 23:41 | EDIT | REPLY |   

もふもふ  

はじめまして もふもふといいます。
マンション購入したいと思いたったのは11月の始め。
それから毎週のようにモデルルーム巡りをし、申込みまでいきました。
今回の間取り図の読み方を見て、なるほどなと改めて実感しました。
数字だけで騙されてしまうこともありますよね。
これからもよろしくお願いします。

2007/12/26 (Wed) 22:25 | EDIT | REPLY |   

ちえぞう  

>もふもふさん
はじめまして!コメントありがとうございます(^^)。お返事が遅くなってすいません(><)。
申し込みまで済ませたんですね。契約まであと一歩、この時期って楽しいですよね!

2007/12/28 (Fri) 19:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment