おひとりさまの老後 

本屋をぶらぶらしていたら、私の目に飛び込んできたタイトルがあります。その名も『おひとりさまの老後』。

即買いしました(^^;。

著者は東京大学大学院の上野千鶴子教授。彼女自身、おひとりさま。いわゆる「負け犬」の先駆者です。

内容は
第1章 ようこそ、シングルライフへ
第2章 どこでどう暮らすか
第3章 だれとどうつきあうか
第4章 おカネはどうするか
第5章 どんな介護を受けるか
第6章 どんなふうに「終わる」か
というものです。

本のタイトルは『おひとりさまの老後』となっていますが、読んでみると、想定している読者は女性に限っているような印象を受けます。『おひとりさま女性の老後』というタイトルの方が中身に即しているような。

「もしかすると今後も結婚しないかもしれない」と薄々思っている我々三十路超えシングルならば、誰もが考えているだろうな~という内容も多く、大いに共感しました。

たとえば、友人のネットワークを築いてマメにメンテナンスしなくてはだめ、とか。老後のお金のこととか。遺書とか。

この本では「結婚していても夫の方が先になくなる確率のほうが高く、子供も既に独立していれば、独身既婚関係なく、おひとりさまの老後を迎える可能性がある」という前提で書かれています。

そういった意味で、シングルの人というよりむしろ結婚している人が読んだ方が有益な本なのかなと思いました。

シンプルライフランキングは現在3位。目指せ1位!応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

こちらもよろしくお願いします。
人気ブログランキング
関連記事

タグ:一人暮らし シングル 独身 老後

10 Comments

take--pon  

僕もこの本、本屋さんで見かけて「買おうかなー」と思ってぺらっとめくってみました。
たしかに女性向きですね。
あと、「目からウロコ」って感じの内容でもなさそうだったので、とりあえず保留。

先のことを心配しつつも、さすがにまだ20年以上先のこと、と思うと、なかなかリアリティを感じることができないです。
それよりも、「お一人様の今」をどう生きるか、のほうが、現実的な悩みかなぁ・・・。

2007/08/28 (Tue) 23:53 | EDIT | REPLY |   

ちえぞう  

>take--ponさん
たぶん、今現在「おひとりさま」の人にはそれほど目新しい内容も無いので、図書館で借りる程度でいいなあ~と思います。私は図書館で借りようと思ったら20人くらい予約が入っていて借りられず(^^;。

2007/08/29 (Wed) 14:21 | EDIT | REPLY |   

usakuma  

その後、親知らずの痛みは大丈夫ですか?
上野先生は立ち読みしただけなのですが、今の私には同世代の岸本葉子さんの方が身近に感じられて読んでいます。
子供もいませんし、過労死の可能性もあり??の主人ですから、十分私にも当てはまることなんですよね。
結婚してもしなくても、女性の方がしっかりしてると思いますよー。いろんな先の事もなんとなくでも想定しながら生活している気がします。男性は(うちの旦那は、かもしれませんが)いくつになっても子供なところが多いですよ・・・。

2007/08/29 (Wed) 16:53 | REPLY |   

あき  

三十路ハーフのワタクシ、今日は別件で人間病院へ行ったのですが
外科乳腺外来でマンモグラフィー撮影→乳癌チェック
内科呼吸器科で計らずも肺癌チェック
二大癌検診クリアして来てしまいました。
都内某有名病院待合の老女2名の会話を漏れ聞くに互いに
80代一人暮らし。
結婚しようがしまいが女性は長生きで将来おひとりさま生活が待っているようです。
70代そこそこにしか見えない年長の方曰く半日待たされる当該病院の待ち時間+通院往復の長い拘束時間も
『自分の身体を保つために病院へ通うのも仕事だから』と。

われわれ自分の意思で働け生活し身体を思うがままに動かせる世代からすれば想像に難くない
不自由な一人暮らしだろうにたまに外出(通院)、見知らぬ同世代の他人と語る一人暮らしの活き活きと素晴らしいこと。
個人事業主になって儲けるぞ~~~!!!と息巻いて資料を読んでいた自分がアホに思えました。

2007/08/29 (Wed) 17:36 | EDIT | REPLY |   

わかこ  

どっちでもいいことですが、「おひとりさま」は女性名詞の造語です。負け犬同様、死語になるのも近いでしょうけど^^V

2007/08/29 (Wed) 18:52 | REPLY |   

ちえぞう  

>usakumaさん
親知らずは火曜日に抜糸をして、痛みはほぼなくなりました。ご心配ありがとうございます(^^)。
岸本葉子さんは私も大好きです!独身女性でマンションを購入した先輩として、また、エッセイも生活に密着したネタが多くて面白いですよね。

>あきさん
奇遇ですね!私も昨日マンモグラフィーやったんですよ~!気持ちに余裕のある80代になりたいですねー。80代になるまでブログも書きつづけられたらいいですよね!

>わかこさん
そうなんですかー。おひとりさま=独身、て意味だと思ってました。私は意外と「負け犬」って言葉好きなんですよー。
使用例)「私、負け犬なんだから優しくしてくださいよー。おごってくださーい」と上司に言いまくります(^^;。

2007/08/30 (Thu) 14:57 | EDIT | REPLY |   

わかこ  

あははは^^! 私も「負け」と「犬」はOK!なんですが、この二つが繋がるとダメなんです。子供の頃、里は未だ犬の放し飼いがOKで、よく血だらけのホントの負け犬を見て育ったせいかも。痛々しいのなんのって;; あと、この言葉を生み出した酒井、、、子?さんでしたっけ、苦手です。上野先生は好きです。

90年のバブル前頃までは、女一人旅は、よく自殺志願者とオソレラレマシタ(笑) おひとり様~なんて、いい時代になりましたね^^

2007/08/30 (Thu) 16:30 | REPLY |   

ちえぞう  

>わかこさん
なるほど、本物の「負け犬」を見て育っていたら、たしかに印象は良くないかも~。酒井順子さんお嫌いですか?私は意外とあのサバサバした文体が好きなんですよ~。

2007/08/31 (Fri) 16:51 | EDIT | REPLY |   

わかこ  

多分嫌いなのは、口の悪いとこが私もいっしょだからW(^^)W

二年位前、美人の地域別、、、とかなんとか本を書かれましたよね。アレを読んでから受け付けなくなりました。それまでの彼女の本は、面白く読んでいたのですが。ハイ。

2007/09/01 (Sat) 00:02 | REPLY |   

ちえぞう  

>わかこさん
なるほどー。確かに口は悪いかも(^^;。

2007/09/01 (Sat) 23:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment