FC2ブログ


賃貸派か購入派か
マンションの話題になると必ずついて回るのが「賃貸マンションにずっと住むのと、マンションを購入するのでは、どちらが一体得なのか?!」という話題です。

これに対する答えは人それぞれでしょう。どっちが得か、というより、個人の生き方やポリシーで違ってくるんだと思います。

でも、あえて我々シングル女性に限って言わせていただくなら、私はやっぱり購入しちゃったほうが得なのでは、と思っているんです。

理由は3つ。

1.ローンには終わりがあるが、家賃には終わりがない。
住宅情報誌や住宅関連の本などでは、マンションを購入した場合と家賃を払いつづけた場合での、生涯の支出比較表が載っていたりします。

この場合、早く亡くなった場合は家賃のほうが支払額は少ないですが、長く生きれば生きるほど、賃貸マンションの方は支払額が増えていきます。

同居してくれる子供がいれば、家賃は子供が払ってくれますが、我々シングルは頼る人がいませーん。

でもこの理由はあまり重要ではありません。長生きするか早く死んでしまうかなんて分かりませんからね~(^^;。

2.リバースモーゲージが受けられる。
以前にリバースモーゲージについての記事を書きました。簡単に言うと「住んでいる家を担保にお金が借りられる。しかも、その家には死ぬまで住みつづけることができる。」というもの。

年金だけをあてにして生きるには、あまりに政府は頼りになりません!数十年住んだ家にどれほどの担保価値があるかは果たして不明ですが、まったくないよりはいいでしょう。

3.公的扶助(いわゆる生活保護)
もし。年金の記録がどっかに行っちゃって、もらえる年金がすごーく少なくて、それだけではどうやっても生活できませーん、という場合。あるいは年金をもらう前に退職し、しばらく収入源がない場合。公的扶助(いわゆる生活保護)を受けるという選択肢があります。

ここでちょっと仮定の話をします。

60歳で退職したAさんとBさんという人がいるとします。どちらも生涯賃金は全く同じ、もらえる年金額も同じで、住んでいる地域も同じ、どちらも独身で、同居の家族もおらず、収入源は自分だけという状況と仮定します

年金をもらえるのは65歳から。5年間は収入なしです。

Aさんは購入派。30歳で30年の住宅ローンを借り、分譲マンションを購入。定年退職時にはローンを完済。30年間のローン支払総額は5,000万円。

Bさんは賃貸派。60歳までずっと賃貸マンション。30歳から家賃として支払った総額は4,000万円。Aさんより支払総額が少ない分、1,000万円を貯蓄として持っています。

※60歳の時点では、マンションを購入した方が支払総額が多い場合が多い。

Aさんは住宅ローンを支払うのに精一杯だったので、貯蓄が全くありません。60歳で退職したものの年金をもらえるまではあと5年もあり、生活に困窮します。

困ったAさんは仕方なく生活保護を受ける申請をし、少ないながらも生活できるだけの公的扶助を受けられることになりました。家があるため、食費と光熱費程度があれば、生きていくことは出来ます。これで年金をもらえるまでの5年間、なんとかなりそうです。

一方、Bさんは賃貸マンションに住んでいて支出を少なく押さえられたため、1,000万円もの貯蓄があります。

ですが、賃貸マンションのためこれからも家賃を支払っていかなければいけません。これではせっかく貯蓄したお金も目減りしてしまいます。そこで、BさんもAさんと同じように生活保護を申請します。

ところが!1,000万円もの資産を保有している為、生活保護は受けられないのです!細かく言うと、現預金の場合は基準生活費の50%を超えるの額を持っているとダメですよーということです。

Bさんがもし家賃と食費や光熱費を合わせて月15万円かかるとすると、年間に180万円、年金をもらえる65歳までに5年間で900万円かかることになります。せっかく貯めた1,000万円もあっという間に目減りし、年金をもらえるときには100万円しか残っていません。

Aさんの家も資産じゃないの?と思う方もいらっしゃいますよね。宅地・家屋の場合、現に住んでいるもので、処分価値と利用価値を比べて、処分価値が著しく大きいもの以外については保有を認められるのです。

築30年くらい経った家の場合、よっぽど広くて立地がいいものでなければ、処分価値と利用価値がかけ離れることはないでしょう。

※ただし、これは住宅ローンを完済している場合の話で、ローン完済前の家を持っている場合、生活保護は受けられません。

こうして、AさんとBさんの貯蓄額の差は、年金をもらえるときにはたった100万円になってしまいました。

そして年金をもらい始めた後も、Bさんはずっと家賃を払っていかなければいけないのです・・・。

↑もちろん、これはあくまでも仮定の話で、状況によっていろいろ変わってきますけれど(^^;。こういうこともあるんだよーということです。購入した方が得、というのは私個人の意見ですよ。

・・・。

私って老後のことばかり考えすぎでしょうかねぇ・・・。老後まであと30年程はあるのですが(^^;。

関連記事


テーマ:生き方 - ジャンル:ライフ

ららこ
深いですね!

私も購入派でちえぞうさんと同じでMSを2つ(新築、築10年目)所有していますが
家賃は永久に続くけど、ローンはいつかは終わる。
先日書かれた老朽化&建て替え問題でふと考えてしまいました。
でも老朽化して建て替え問題が発生したら・・と考えるとMSも永久のものじゃないんだなぁ~と・・
現在建て替え問題が発生しているMSと現在新築で建てられているMSとでは、構造も耐久性も
違うし、修繕計画なども綿密に練られていれば、うまくすれば50年近くは住めるかとは思いますが
それにしてもじゃあ80歳を過ぎた頃に、建て替え問題に悩まされ、翻ろうして・・・
そこから賃貸生活か??っていう事も考えられない事もないか?と考えてしまいました。
こりゃー老後(70歳過ぎ)は、分譲型老人ホームですかね・・・

リバースモーゲージは、韓国などで一般的に行われているチョンセ制度に近いのかと思ったら違うみたいですね。
チョンセ入居時に2000万円程度の家賃を保証金として大家さんに預けて、大家さんが投資などで運用する。
退去時には、保証金が全額返金されて、実質支払い家賃はゼロ!
資産を不動産に変えずにお金で所有したいという人には良い制度だなぁと注目してるんですが、
金利の高い韓国だからこそ実現できるのかもしれませんね。
2007/06/22(金) 12:33:33 | URL | [ 編集]
バジル
ちえぞうさんが老後のことを考える気持ち、よくわかります。
だって、私も同じだから。
でも、私の違うところは、「なんだか不安なんだけど、特になにもしていない」と言うところです。恥ずかしいですけど。
不安に思うだけじゃなくて、何かしらの対策は立てておかないと駄目だな、って思いました。

生活保護を受ける話は、とても勉強になりました。
今までは、公的補助を受ける場合、自分の財産は全部手放さなきゃいけないんだ、と思っていましたので。
また車を持ってはいけないとか、エアコンをつけてはいけないとか、色々うわさレベルでは聞きますね~。
実際どうなんでしょうね。市町村によっても違うのかもしれませんね。

2007/06/22(金) 22:04:14 | URL | [ 編集]
よーし
私も、老後のことはよく考えます。
ただ、何も対策考えてないですけど(^_^;

先日、あるベンチャーキャピタル社長のブログを読んで「ほー、いろいろ参考になるなぁ」と思っていた最後に、「借金まで組んで持ち家を買う人の気持ちが理解できない」と書いてあって、(゜◇゜)ガーンと思いました(笑)
その人は、借金をするのは、投資効率のあるものに対してだけ。居住のための持ち家は何も生み出さない。という考えみたいです。

考え方は、人それぞれだなぁと思いました。
2007/06/23(土) 15:49:49 | URL | [ 編集]
わかこ
実は、賃貸か購入か、私もすごく悩んでいます。老後のことも、考え出したら好い事が浮かんでこないので、とりあえず、マ、イッカ!で、いつも途中下車。ちえぞうさんは逃げずに問題提起され、エライです。

よーしさんがご紹介されているように、私も所得の発生しない住居に巨額のお金をかける境遇か(私の場合はですよ)、、、と、常々思ってしまうのです。数年前、『金持ち父さん、貧乏父さん』という本がベストセラーになりましたが、「家」に価値はないと書いてあってショックでした。とりあえず、安全な資産株となる株を少しずつ増やし、現金を持っていようかなと考えているところです。
2007/06/23(土) 17:05:21 | URL | [ 編集]
わかこ
追伸

資産価値のある立地であれば大丈夫ですよね。
しかし、都内のマンションも、土地に続いて最近
高騰しているようで、二の足を踏んでしまいます。
情けなヤ~
2007/06/23(土) 19:15:23 | URL | [ 編集]
アフロディテ
私の場合の選択は単純でした。
一人暮らしがしたい
→賃貸は家賃が高い(って言うか・・・家賃払うの勿体無い)
→今まで呑気な実家暮らし
→それなりに(少ないが)手元にお金があった
→金利も低い。価格もお手ごろになった
→家賃払うよりもローンの額の方がずっと安い(長い道のりですが・・・)
じゃあ買おう
という結論になったのです。

まぁ、色々なタイミングが良かったのかもしれません。
考え方は人それぞれなので何とも申し上げにくいのですが
私の場合は気持ちの中で安定感が出てきたので良かったです
2007/06/23(土) 22:13:08 | URL | [ 編集]
るき
金銭的な損得は、将来の収入や物価の上昇率、ローン金利の状況、それに健康状態などもかかわってきて、ひとりずつ事情は異なってきますから、それこそ老後になって、総決算してみないとわからないような気がしますね。
金銭的以外の要素としては、「分譲仕様の家に住める」っていうのもありそうです。
私の場合、長年の賃貸暮らしの頃の家賃と、現在の管理費+ローン返済額とが、ほぼ同じくらい。でも「賃貸仕様」と「分譲仕様」とでは、明らかにグレードが違います。分譲物件を賃貸しているケースもあるけれど、いまの自宅レベルの物件を借りようとしたら、こんな金額じゃおさまらないでしょう、たぶん。
もちろん、ローンを払い続けた結果、最終的に自分のものになるわけで、老朽化して資産価値が激減していたとしても、売却すれば、返却される敷金よりは、はるかに多いであろう金額になりますよね。
そんなこんなで、仕様のグレードアップなども含めて考えると、購入のほうがお得感あり、だと思っています。
生活保護は、、、暑がりでエアコンがないと死んでしまうかもしれないため、受給できそうにないですが(笑)
2007/06/24(日) 14:33:23 | URL | [ 編集]
桃ママ
こんばんは!都内で家探し中ですが、たくさん見すぎて混乱なのです。第一候補はまだみてないんですが、資料の段階でかなり気に入っています。施工は大手が安心ですし、条件も希望とおり。来週見学予定ですが母もつれていってスポンサーになっていただかなくては。中古もいろいろみたのですが不動産屋に3%+6万の手数料ときいて、えー!とがっくり。事前になにも教えてくれないし、かってに物件選んでつれまわされるしで驚きました、歩合なのか・・・で、新築だとどれくらい諸経費がかかるのか・・・それはこれから勉強しなくては。セレブな町にもあこがれましたが、生活・・となると考えますね、やっぱ100円ショップとかないとねえ。あーなんだかまた混乱です。このブログでいろいろ勉強させてください!
2007/06/24(日) 23:42:18 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>ららこさん
そうそう、建替え問題からは逃れられないのですけれどね~(^^;。分譲型老人ホームは、それはそれでいいですよね。私は今でも家事がキライ(特に料理)なので、なんでもやってくれる分譲型老人ホームだったら逆にうれしいかも~!

>バジルさん
生活保護は市区町村によってもらえる額も違ってきますね。東京と地方では生活にかかる費用も違いますからね~。車は「通勤にどうしても必要な、辺鄙な場所に住んでいる」という場合は所有が認められるようですよ。エアコンについては使っても問題ないと思いますが~、でも最低限の生活費しかもらえないので、実際エアコンを使う余裕がないのかもしれませんね(^^;。

>よーしさん
家に対する考え方は人それぞれですよね。それぞれだからいろんな生き方があっていいと思うのですが、自分と違う考え方の人を「理解できない」と切り捨てちゃうのはちょっとイヤですよねー。そういう上司だったら疲れそう(><)。ちなみに私は、住宅ローンは財務的には「負債」ではなく「費用」だと考えています。だって、家を買わなくても家賃という費用は発生するんですもの~。(ヘリクツ?)

>わかこさん
老後のことを考えすぎても先のことなんてどうなるか分からないんですよね~。でも、一人身で、頼れる兄弟もいない(弟はいるけれどアメリカ在住でいざというとき頼れない)ので、いろいろ考えちゃうんです~。
家に対する考え方は、アメリカと日本ではだいぶ違うので、『金持ち父さん、貧乏父さん』の言葉はあまり気にしなくていいと思いますよ。アメリカは中古でもあまり物件価格が下がらないので、気軽に買ってまた売って、ができるんですよね。

>アフロディテさん
私も「賃貸は家賃が高い(って言うか・・・家賃払うの勿体無い)」に同感です~。20代前半に賃貸に住んでたことがあるのですが、「このお金で車買えるよ・・・」と思って実家に戻っちゃいました(^^;。気持ちの中で安定感、ていうのもよく分かります!

>るきさん
賃貸仕様と分譲仕様は確かに違いますよね。旧居マンションを賃貸に出す際、壁紙がちょ~っとだけ剥がれていたので張り替えようかと思ったのですが「この壁紙は高いから張替えはもったいないですよ!賃貸の場合、こんなにいい壁紙は使いません!」と言われました。生活保護、エアコンは多分OKですが、エアコンが不要な地域に住むという手もありますね~。

>桃ママさん
たくさん見ると混乱してきますよねー。Excelなどで表にして頭の中を整理するといいと思いますよ。諸経費は物件によって違ってくるとおもうので、モデルルームでいろいろしつこく聞けば教えてくれると思います。契約するまでは営業マンは親切なので、たくさん質問質問したほうがお得ですよ~。
2007/06/25(月) 10:58:42 | URL | [ 編集]
バジル
ちえぞうさんのブログは、本当にためになりますね!
ローンは負債ではなく、費用、と考えるちえぞうさんのご意見はもちろん、今回アフロディテさんと、るきさんのコメントにも「そうそう!」とうなずいてしまいました。
私も、やっぱり購入派!ですが、まだ購入していないし、購入できるかどうかは、価格も金利も税金も上がってきているので、厳しそうです。
こうなったら、購入に踏み切るためにも、まずは実家を出て賃貸を経験しようかと考えています。そうすれば、購入へ一歩前進出来るかもしれません!
2007/06/26(火) 22:27:43 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>バジルさん
少しでもお役に立てているならうれしいです~(^^)。

余計なお世話と知りつつちょっとだけアドバイスさせていただけるのなら~、もしご実家を出なくてはいけない理由がなく、いずれ分譲マンションを買いたいと思われているのなら、賃貸に住むのはもったいないかもしれません。

それよりも、買いたいなー買えるかな~という程度の物件のモデルルームに行ってローンの月々返済額を試算してもらい(買う気がある振りして行ってくださいねー)、その月々の返済額と、管理費・修繕積立金、それからその他の生活費(食費・光熱費・ティッシュなどの生活雑貨等)を合わせた額を、賃貸に住み始めたつもりで毎月貯金してみてはどうでしょう?

10万円は軽く超えるとは思いますがこれを1年続けられれば、ローンを組んでも返していけるという自信になりますし、貯めたお金は頭金に回せるので一石二鳥かと思います。

すいません、余計なお世話でした~。
2007/06/27(水) 09:36:50 | URL | [ 編集]
バジル
ちえぞうさん、

貴重なアドバイス、ありがとうございます!余計なお世話なんて事、ないですよ~。嬉しかったです。
実は、3年ほど前からマンションを探していて、申込はしたものの契約までいたらなかった物件が2つありました。
理由として、契約社員であり雇用が安定していない事、やっぱり実家にいるとラク~、という気持ちがあるからなんだと思います。
最後にローン返済の自信のなさ、があるかもしれません。
パソコン上では、月々のお給料からローン、費用などを計算していて「返済は大丈夫ね!」なんて思いつつも、マンション購入を実行に移していないので、やはり実際に「賃貸に住んだつもり」の預金をしてみて、自信をつけようと思います。
ありがとうございました!!
2007/06/27(水) 13:00:00 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>バジルさん
契約社員の方や派遣社員の方も住宅ローンが下りる時代ですので、がんばってくださいね(^^)。正社員だっていつ会社がつぶれるか分からない時代ですし・・・。
2007/06/27(水) 23:32:03 | URL | [ 編集]













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: