外国のキッチングッズ 

いつの間にやら我が家のキッチンはヨーロッパ製品の占める割合が多くなりました。

 ビタントニオのワッフルメーカー⇒アメリカ製(作ったのはイタリア人)
 ラッセルホブスの電気ケトル⇒イギリス製
 ル・クルーゼのホーロー鍋⇒フランス製
 OSLOのカプチーノカップ⇒フランス製
 メリタの電動ミル⇒ドイツ製
 ブラウンのマルチミックスM880⇒ドイツ製
 パーフェクトプラスの圧力鍋⇒ドイツ製

性能と価格だけをみれば日本製の方が優秀だと思うのですが、ことデザインとなるとヨーロッパ製の方が魅力的です。

がんがん料理をするタイプでは決してない私は、機能性よりもデザイン優先してしまいがちです(^^;。

我が家のキッチンで一番カワイイなーと思うのは、ラッセルホブスの電気ケトルです。ラッセルホブスのデザインって、ステンレスでつるんとしたフォルムがとってもオシャレ。そのうち広い家に引っ越してキッチンもうう~んと広くなったら、ラッセルホブスのガラストースターが欲しいなーなんて妄想しています。

にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキングに参加しています。
応援1クリックお願いします!

家事代行ならエコビーンズ。
関連記事

タグ:キッチン 一人暮らし マンション

0 Comments

Leave a comment