スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンションと戸建て一長一短 

読売新聞のHPに興味ある記事が載っていました。『マンションと戸建て一長一短』というものです。

この記事内では、「子育てを終え、それほど多くの収納を必要としない熟年の二人暮らしにとっては、都心周辺のマンションのほうが、病院通いや買い物にも便利で生活しやすいのかもしれません」と書かれています。

たまに実家(築30年、千葉県の住宅街、一戸建。駅から徒歩20分!)に帰ると本当にそう思います。

若くて元気なうちはいいけれど、年をとって車もあまり運転できなくなったら、あの立地条件では病院行くのも大変だし買い物も一苦労だよなあ・・・とつくづく思います。

それに築30年の建物なので、バリアフリーどころかバリアだらけ。あちこちつまづきそうです。

シングルライフは都心のマンション、子育てする時期は郊外一戸建て、年をとったらまた都心に戻る・・・。これからはこんなライフスタイルが流行るかもしれませんね。

にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキングに参加しています。
応援1クリックお願いします!

新築分譲マンションを探すなら住宅情報ナビ
関連記事

タグ:マンション 戸建 住宅

- 2 Comments

nau  

おかえりなさい♪
私もお仕事が忙しいのかな~?なんて思っていたのですが、そうですよね、旅行に行くって以前お書きになっていましたよね。

なんだかとてもすてきなリゾート地みたいで。
ホテルのお部屋&お食事などの写真アップ楽しみにしています♪

と、今日の話題ですが、確かに我が実家も同じ県で最寄駅から徒歩20分・・・今はまだ良いですけど、これからは心配かも。
確かにバリアだらけ・・・階段だってそのうち心配の種になるでしょうし。

住まいに関しては「一生ここに住む」と言う考えがまだ主流かもしれませんが、もう少しフレキシブルに考えられるようになると自身の生活が快適になりそうですね。

2007/02/12 (Mon) 17:15 | REPLY |   

ちえぞう  

>nauさん
すっかり楽しんできました。旅行記はのちのちゆっくりと♪
家は生活リズムに大きく影響するので、家族の人数や職場などに合わせて簡単に住み替えられる世の中になったらいいですね。

2007/02/13 (Tue) 12:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。