fc2ブログ


売り渋りは終わり?
産経新聞からの引用です。

不動産経済研究所(東京)が18日に発表した首都圏マンション市場動向によると、平成18年の発売戸数は前年比11・5%減の7万4534戸で2年連続の減少となり、8年ぶりに8万戸を下回った。

都心の人気エリアを中心に、不動産各社が値上がりを見込んで販売を遅らせた“売り渋り”が原因。19年はそれらの物件が市場に出るため、前年比10%増となる8万2000戸の発売が見込まれる。

1戸あたりの平均価格は2・2%増の4199万円と4年連続で上昇した。

売り渋りされていた物件が今年はドッと世に出てくるということでしょうか。まだまだ金利は低いし、2007年はマンション買い時かもしれませんね。

にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキングに参加しています。
応援1クリックお願いします!

新築分譲をマンションを探すなら住宅情報ナビ
関連記事


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: