最近の記事


不動産投資と利回り
今日の記事は不動産は不動産でも、投資のお話です~。

不動産投資サイトやチラシなどでよく見かけるのが「利回り」という言葉です。
利回りとは1年間で得られる収益の投下資本に対する割合のこと。「この投資物件(マンションやビルなど)を賃貸に出したらコレくらい儲かりまっせ~」という目安になる数字のことですね。

投資不動産サイトやチラシなどに載っている利回りは「利回り(%)=年間収入÷投下資本×100」という計算式で出されたもので、これを『表面利回り』といいます。

なんで「表面」なのかというと、不動産賃料の分まるまる儲け~ではなく、入ってきた賃料から固定資産税や管理してくれる不動産会社に払う月々の手数料や、物件の管理費・修繕積立金などの経費を支払わなくてはいけないから。

この「(年間収入-諸々の経費)÷投下資本×100」という計算式で出された値を『実質利回り』といいます。

チラシやサイトなどで「利回り10%」と書かれていても、実際の経費がどれくらいかかるのかをちゃんと把握しておかないと、思ったより投資効果がなかった~ということになりかねません。

なぜこんなことを書いてるかといいますと。以前からこのブログを読んで下さっている方はご存知の通り、私は以前の住まいのマンションも分譲物件で、今は賃貸に出しています。

この物件の利回りを計算してみたからなんですー。計算してみたところ、表面利回り12.2%、実質利回り8.9%。古い物件のため修繕積立金が高く、表面利回りと実質利回りとの差が大きくなってしまいました。

実はいろいろとやりたいことがあり、旧居分譲マンションを売却して資金調達しようかと思っていたのですが、結構いい利回りなので売るのもなんだかもったいない気がしてきて・・・。

ううーむ、悩みます。

不動産投資ってなんだか怪しげな雰囲気も漂いますが、今後価格の透明化が進み、女性でも不動産投資をする人が増えたらいいなぁと思います。

ただし、不動産投資は「借り手がつかない」「年月と共に物件の価値が下がってくる」というリスクも含んでいるのでご注意を~。もっと手軽に不動産投資を楽しむにはREITがいいかもしれませんね。

にほんブログ村 住まいブログへ人気ブログランキングに参加しています。
応援1クリックお願いします!

投資物件検索なら投資HOME'S。
関連記事


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

よーし
うーん…すごい利回りですね。
今時こんな利回りを得る商品はなかなかないし。
端から見ると、もったいない気もする。
2006/12/03(日) 12:25:03 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>よーしさん
なかなかいい利回りですよねー。しかも旧居マンションには2年半自分が住んだので、その分を差し引くともっといい利回りに!
いろいろ計画していることには資金が必要なのですが、マンション売るのももったいないと思うようになりましたー。うーむ。
2006/12/03(日) 13:45:26 | URL | [ 編集]













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: