最近の記事


「子猫殺し」
犬ブログの方に同じ記事を載せたのですが、同じ記事をこちらにも転記。両方読んでくださっている方、ダブってごめんなさい。

2006年8月18日(金)の日本経済新聞に、下記のようなコラムが載っていたんですよ・・・。

「子猫殺し」 坂東眞砂子

こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。世の動物愛護家には、鬼畜のように罵倒されるだろう。動物愛護管理法に反するといわれるかもしれない。そんなこと承知で打ち明けるが、私は子猫を殺している。

家の隣の崖の下がちょうど空地になっているので、生れ落ちるや、そこに放り投げるのである。タヒチ島の私の住んでいるあたりは、人家はまばらだ。草ぼうぼうの空地や山林が広がり、そこでは野良猫、野良犬、野鼠などの死骸がころころしている。子猫の死骸が増えたとて、人間の生活環境に被害は及ぼさない。自然に還るだけだ。

子猫殺しを犯すに至ったのは、いろいろと考えた結果だ。

私は猫を三匹飼っている。みんな雌だ。雄もいたが、家に居つかず、近所を徘徊して、やがていなくなった。残る三匹は、どれも赤ん坊の頃から育ててきた。当然、成長すると、盛りがついて、子を産む。タヒチでは野良猫はわんさかいる。これは犬も同様だが、血統書付きの犬猫ででもないと、もらってくれるところなんかない。避妊手術を、まず考えた。しかし、どうも決心がつかない。獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。

猫は幸せさ、うちの猫には愛情をもって接している。猫もそれに応えてくれる、という人もいるだろう。だが私は、猫が飼い主に甘える根元には、餌をもらえるからということがあると思う。生きるための手段だ。もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう。

飼い猫に避妊手術を施すことは、飼い主の責任だといわれている。しかし、それは飼い主の都合でもある。子猫が野良猫となると、人間の生活環境を害する。だから社会的責任として、育てられない子猫は、最初から生まないように手術する。私は、これに異を唱えるものではない。

ただ、この問題に関しては、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ。子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。

そして、この差の間には、親猫にとっての「生」の経験の有無、子猫にとっては、殺されるという悲劇が横たわっている。どっちがいいとか、悪いとか、いえるものではない。

愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。獣にとっての「生」とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ。生き延びるために喰うとか、被害を及ぼされるから殺すといった生死に関わることでない限り、人が他の生き物の「生」にちょっかいを出すのは間違っている。人は神ではない。他の生き物の「生」に関して、正しいことなぞできるはずはない。どこかで矛盾や不合理が生じてくる。

人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。生まれた子を殺す権利もない。それでも、愛玩のために生き物を飼いたいならば、飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない。

私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである

コメントする気が失せるほど信じられない内容です。また、なぜ日経新聞もこんなコラムを載せたのか、理解の範囲を超えてます。

屁理屈こねて自分を正当化しようとしていますが、内容のあちこちが矛盾しています。この人が結婚しているのか独身なのか知りませんが、自分が望まない妊娠をしたら、産むだけ産んで赤ちゃんを殺すのでしょうか。

こういう人には何言ってもムダなので批判なんて気にもしないのでしょうが、ネット上でもあちこちでこのコラムが取り上げられて非難ごうごうのようですね。当然です。

この人、直木賞作家だそうです。こんな人が直木賞作家になれるんですね。今タヒチ島に住んでいるようですが、二度と日本に帰ってくるな。
関連記事


テーマ: - ジャンル:ペット

ゆきねこ
わたしは「きっこのブログ」でこの記事知りました。
犬も三匹飼っていて、子犬も同じ理由で殺しているようです。あまりにもショッキングでうまくコメントできません。
きっこのブログにもあるように、私もフランス大使館にメール送ろうかと思います。
でもたぶん日本人だしタヒチだしどうしようもないのかな・・・。

2006/08/23(水) 12:32:14 | URL | [ 編集]
よーし
坂東眞砂子さんの小説は何作か読みましたが…この方変わってるんですね。
物語は、郷土史(四国の話が多い)や神話などをしっかりふまえて書かれた、奥の深い知的な作品だと思っていたので意外な感じ。
2006/08/23(水) 12:35:38 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>ゆきねこさん
信じられない人間がこの世にいるもんだ、と憤慨しました。こういう人は何を言われても聞き入れる耳を持っていないのでメールとかしても意味がないんじゃないか、と思っちゃったりします。なんだか悲しい気分になりますよね。

>よーしさん
独特の価値観を持ってる人のようですね。こういうことを平気だと思っていることも信じられないのですが、わざわざなんで新聞に書くかなーということです。動物を飼っているものとしては許せない人間ですね。
2006/08/23(水) 21:11:05 | URL | [ 編集]
yoko
内容が非常識すぎて、言葉も出ませんね。直木賞作家で、それなりの知性もある方なんでしょうけど、それだけに一層恐ろしく感じます。無知で、何の考えもなしにやってる訳じゃなく、自分のポリシーとして殺してる訳ですから。あたかも避妊手術をして望まれない命を作らないように心がけている側が、命というものを分かっていないと言わんばかりの書き方・・・頭にくるし、気味が悪いです。それにしても、日経新聞も何でこんなものを載せたんでしょうね。
2006/08/23(水) 21:43:42 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>yokoさん
この人がこういう考えにいたった育った環境をしりたいもんですよね。日経新聞も、いくら言論の自由とは言ってももうちょっと考えて欲しいですよね。
2006/08/24(木) 09:28:47 | URL | [ 編集]
苺大福
日経って私の嫌いなエロ医者作家の渡辺淳一に連載小説を書かせていたのでデリカシーはない新聞と思っています。
いい新聞なんだけど・・・・
この人、死国っていう映画の原作者らしいですね。
文章を読む途中からもう目が読むのを拒否しています。
生き物の命を頂いて生きているのが私たちですけれど、確かにペットに関しては人間のエゴを満足させるための存在ではあると思います。
避妊手術するとその手術を受けた個体も確かにその後調子が悪くなっていったりもするのだけど・・・殺すのだったらもっと苦しみの少ないやり方法があるのにって思います。

ペットショップ自体も私は嫌で生き物を値段で取引したくないって考えています。
今まで飼った動物たちも友達の家で生まれたワンコや捨てられたワンコ。
小さい時期に親と無理矢理離されてしまうパピー達はやっぱり不健康だと思うし。お店には身体のおかしな子達がいないのは何故かって考えるとエゴが浮かんでくるような気もします。

なんだか上手く言えないけど、あの文章は作家の書くものとしてはどうしようもないものだし、それを載せた新聞社の方がなんだかな~って気持ちです。
2006/08/25(金) 00:02:54 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>苺大福さん
昨日、テレビでも取り上げられているのを見ました。フランスでは法律によって罰せられるそうですね。タヒチはフランス領なのでこの法律が適用されるそうです。これが事実だと証明されればこの人は罰を受けることになりそうですね。
2006/08/25(金) 12:05:31 | URL | [ 編集]













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: