最近の記事


建築士12人に免許取り消し、業務停止処分
asahi.comからの抜粋です。
国土交通省は25日、姉歯秀次元建築士が耐震強度を偽装したマンションやホテルの設計にかかわった9人と「東横イン」の違法改造工事に関与した2人を含む計12人の1級建築士に対し、免許取り消しや業務停止の懲戒処分にした。姉歯元建築士による強度偽装での1級建築士の処分はこれで終わり、免許取り消しが12人、業務停止が12人となった。

偽装物件の元請け設計で処分を受けた9人は、シノケンや木村建設などの建築士。うち強度不足のマンション3件の設計に関与した井上建築企画研究所の建築士(神奈川県)と、奈良県のホテルの設計で部下の建築士の名義を無断で社外に貸した豊国建設の建築士(兵庫県)の計2人は免許取り消しとなった。

また、東横インの違法工事の図面を書いた2人はそれぞれ4カ月、7カ月の業務停止とした。(2006年04月25日)

処分が軽いと思うのは私だけでしょうか?全員免許取り消しになってもいいんじゃないかと思うんですがね。

人気ブログランキング住まいブログランキングへ応援クリックお願いします!
関連記事


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

苺大福
先週、やっとやっと・・・日本ERIによる構造計算の再計算書が出て来ました。
半年以上かかりました。
結果は耐震性能力が2ということで震度7あたりまで大丈夫
となりました。

ダイワハウスがデベロッパで、ここまで時間がかかったのは再計算の対象があまりにも多かったせいですよね。 は~
2006/05/29(月) 17:35:22 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>苺大福さん
やっとですかー。でも再計算書が出てきただけいいですよね。なんだかんだと言って出してくれないデベもあるようですし。
イーホームズの検査物件のところはもっと時間かかるでしょうね。
2006/05/30(火) 21:06:30 | URL | [ 編集]













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: