最近の記事


三大都市圏、商業地の公示地価が上昇
昨日国土交通省から発表された今年1月1日時点の公示地価のうち、東京・大阪・名古屋の商業地が15年ぶりに上昇に転じたそうです。また、東京都は住宅地を含めた用途でも15年ぶりに1.4%上昇したとのこと。

東京都の中で特に上昇率が大きいのは港区と渋谷区。港区は表参道ヒルズの影響が大きいのでしょうね。

景気が回復してきている兆しとみれば喜ばしいことなのかもしれませんけれど、土地価格が上がればマンションの価格にも跳ね返るわけで、今からマンションを探す人にとってはいいことばかりでもないですよね。

新居マンションのデベの営業さんも、土地が高くて仕入れるのが大変だ~と言っていました。

既に買ってしまった私にとっても、地価が上がれば固定資産税もUPするので手痛い(><)。旧居マンションなんてボロっちい中古といえども一応港区。でも土地が上がれば売るとき高く売れるのかなーなんて幻想も抱いたりして。

土地売買が活発になって地価上昇もして、今は株式よりJ-REIT(日本版不動産投資信託)の方がいいかも?

人気ブログランキングは第147位まで上昇!住まいブログランキングは5位健闘中!応援クリック感謝です!

今話題のオンライン証券、始めるならE*トレード証券へ!
関連記事


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: