スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部屋の雰囲気を左右する照明テクニック 

ダイワハウスマンション友の会「One's club」に照明に関する記事が載っていました。

照明って部屋の雰囲気を大きく左右するとは理解しつつも、センスの全くない私には難しい~。白熱灯の方がいいムードが出ますが、その分光熱費もかさむし・・・なんて思っていましたが。

上手に間接照明を使うとそれほど光熱費もかからないそうですよ!分かりやすい記事なので読んでみてはいかがでしょうか?『すぐに実践!照明テクニック vol.1』。

来月は「“暗さ”を上手につかって効果的な照明を」というテーマだそうです。

住まいブログランキングは7位転落~、人気ブログランキングは第265位にあがってきました!100位以内目指してがんばります~。応援クリックよろしくお願いします!

【Yahoo!ショッピング】生活雑貨からインテリア家具まで商品満載!
関連記事

- 2 Comments

かしわもち  

日本は、高度成長期に工場の明るさ(活気)を家庭にも、という感じで、家にも蛍光灯の真っ白の光を持ってきた流れがあったようですね。(しかも経済的ですしね。)確かにどんなにインテリアに凝っても、明かりがよくないと、雰囲気が出ないですよね~。照明って本当に大事で奥が深いですね。いつの日か自分の家を持った時、一番こだわりたい部分のひとつです。

2006/03/25 (Sat) 11:14 | EDIT | REPLY |   

ちえぞう  

>かしわもちさん
蛍光灯ってオフィスの照明っていう感じになっちゃいますよね。古い世代の人は白熱灯=裸電球ってイメージで、戦時中のような感じがしちゃうのかも。フロアライトやスタンドライトでムーディな部屋作りがしたいです(^^)。

2006/03/26 (Sun) 00:15 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。