スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松島観光~円通院とランチ♪ 

松島観光~五大堂と瑞巌寺の続きです。

瑞巌寺は石像だけ見て中には入らず、次は円通院へ行きました。

また松島観光協会のサイトから引用させていただきました。

円通院は瑞巌寺の西隣にあり、仙台藩主二代忠宗の次男光宗の霊廟。 光宗は文武両道に優れていましたが、正保2年(1645)9月に19歳の若さで江戸で亡くなり、 その死を悼んだ忠宗公により円通院が同年に開創され、お霊屋(三慧殿)は正保4年(1647)に完成しました。

支倉常長がヨーロッパから伝えた西洋文化の影響が強く、 厨子の右扉の内部には日本最古といわれる西洋バラが描かれています。金箔の地に白・赤・緑の三色を用い、 材料には緑青やサンゴを使用しているので、永久に変色することはありません。

バラ寺の愛称で親しまれていたのは、天野明道住職が院内6000平方メートルあまりに色とりどりのバラを植え込んで開放したためです。 現在ではバラの数は少なくなり、境内いたるところにコケを配して、コケ寺として訪れる人々に安らぎを与えています。


20140929-44.jpg
この庭は松島湾を表現したものなのだそうです。(クリックすると拡大します。)

20140929-45.jpg
岩が島という見立てなんですね。(クリックすると拡大します。)

20140929-46.jpg
なるほど、引いてみると海にみえるかも。(クリックすると拡大します。)

20140929-55.jpg
岩のアップ。(クリックすると拡大します。)

20140929-47.jpg
これはもっと奥から取った写真。(クリックすると拡大します。)

20140929-48.jpg
こうして覗いた風景もいいですね。(クリックすると拡大します。)

このお庭が素敵で気に入って、何枚も同じような写真を撮ってしまいました(^^;。

ここを通って奥に進んでいくと・・・。

20140929-49.jpg
三慧殿(さんけいでん)が見えてきます。(クリックすると拡大します。)

三慧殿には束帯姿で馬に跨る伊達光宗像が安置されています。

20140929-51.jpg
これがその像。(クリックすると拡大します。)

20140929-50.jpg
厨子には様々な文様が描かれており、当時としてはかなり斬新な模様だったはず。(クリックすると拡大します。)

20140929-52.jpg
三慧殿を裏からパチリ。(クリックすると拡大します。)

林の中にたたずむ姿が落ち着いていますね。

円通院の中にはバラ園があります。が、このときはあまりバラが咲いていませんでした。

20140929-53.jpg
日本最古のバラはここにあった、という記述。(クリックすると拡大します。)

20140929-54.jpg
松島町指定文化財、国の重要文化財にも指定されているそうです。(クリックすると拡大します。)

さて、そろそろお昼の時間。たくさん歩いたのでランチ休憩することにしました。

松島に来る前から、ここでは牡蠣を頂こうと思っていたので、遊覧船乗り場のすぐ目の前の南部屋というお店でランチを頂きました。

20140929-56.jpg
生牡蠣や海鮮丼がありますよ!わくわく!(クリックすると拡大します。)

となると、やっぱり生牡蠣を頂きたい!

20140929-57.jpg
ジャジャーン!生牡蠣!(クリックすると拡大します。)

実はこの時期は松島の牡蠣ではないそう。でも身がぷりぷりで美味しかったです♪

20140929-58.jpg
牡蠣定食、だったかな?(クリックすると拡大します。)

牡蠣丼、牡蠣フライ、牡蠣殻焼きという豪華三点セット。牡蠣尽くし。美味しかった!

次は雄島を見に行きます。続きます~。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。