スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wordの機能 

先日、Excelの関数という記事を書いたので、OfficeつながりでWordの機能についても。

Wordにも多彩な機能がありますが、Excelに比べてあまり利用されていないな~と感じることがあります。

私がよく使う機能は、ページ挿入機能とセクション区切りと目次機能の組み合わせ。

目次をクリックすると該当ページに飛ぶという、文書の最初に目次を付けた配布資料を作る際によく利用します。

何もせずにページ挿入機能を使うと、1ページ目が「1ページ」となります。(当然ですね。)

が、表紙と目次を付けた資料で1ページ目が「1ページ」となると、表紙が1ページ目になってしまい、目次のページが2ページ目、本当の内容が始まる箇所が4ページ目などになってしまいます。

こんなときはセクション区切りを使って、まず目次のページと本文のページを区切ります。

そして、本文のページで「前と同じヘッダー/フッター」機能を使って表紙や目次のページと本文のページで違うフッターを入れられるように設定し、ページ番号の挿入機能を使って本文のセクションにページ番号を挿入します。

それから、ページ番号の書式設定で連続番号を「前のセクションから継続」ではなく「開始番号」を選び、番号を「1」と入力します。

すると本文が始まるページのページ番号が「1」となります。(表紙や目次のページにはページ番号がつかない。)

その他よく使うのは、変更履歴の記録機能や差し込み印刷。

差し込み印刷は同じテンプレートで社員番号と氏名だけ違う文書を作成するときに便利ですね。

こんな便利な使い方があるよ、というWordの機能があったらご紹介くださーい。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

タグ:仕事

- 2 Comments

ym5  

いつも楽しく拝見しています。
差込印刷機能、初めて知りました。複数の宛先向けの文書やラベル作成に便利なようですが、何か他にも応用できそうな気がします。
目次の作成…自動で作成されていますか?レイアウト綺麗にするのなかなか難しくないですか?
ちえぞうさんは他にも色々技をご存知な感じがいたします。と勝手に思っています!こういう記事も大好きです。また是非是非お願いします!
Merry Christmas!

2014/12/25 (Thu) 05:42 | EDIT | REPLY |   

ちえぞう  

Re:

>ym5さん
目次は最初は自動で作りますが、フォントや大きさが気に入らなくて、スタイルはあれこれ変更しています。今後も時々こんな記事を書いてみようと思います!

2014/12/30 (Tue) 01:38 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。