モスクワ半日市内観光~シェレメチェボ空港からベラルースカヤ駅まで 

さて、なかなか行く機会のないロシアの首都モスクワ。

トランジットで半日時間が空いてしまったので市内観光に行くことにしたのは以前書きました

未知の国、露西亜。恐ろしい国、おそロシア。

と思っていましたが、たった半日の市内観光では恐ろしい目にも合わず、無事に戻ってこられました。

ただ、文字が未知なので面喰います。私はキリル文字(ロシア語のアルファベット)をとりあえず読めるようになっておきました。

そうしないと、駅名や通りの名前が読めないのです。

まずはモスクワに飛行機で到着し、出国審査を受けました。ものすごーく愛想の悪い係員が迎えてくれます。そして、とっても時間がかかりました。急ごうという気がないからですね。

無事出国審査を終え到着ロビーに降り立ちました。

でもトランジットなのでピックアップする荷物があるわけではありません。

まずしたいのは、手荷物を預けること。今回、機内持ち込みの手荷物が(お土産のせいで)多かったのですが、これを持って市内観光するのは重過ぎる。

モスクワのシェレメチェボ空港には荷物預かり所(コインロッカーではない)があるとインターネットで情報を得ていたので、まずはそちらに向かいます。

20140902-02.jpg
まずはこのサインを探します。(クリックすると拡大します。)

これに従って「0階」(日本で言うところの地下)へ行きます。謎のキリル文字がさっそく登場。

私はキリル文字を読めるようにはなっていきましたが、ロシア語が分かるわけではないので、英語が併記されていないければサッパリ意味は分かりません。

この「0階」へはすべてのエレベーターが行くわけではないようなので、必ずこのサインを探しましょう。

エレベーターを降りたらそこが荷物預かり所なので迷うことはありません。

20140902-91.jpg
ココ。(クリックすると拡大します。)

係りの人にお金を払って荷物を預けます。24時間オープンなのかどうかは確認しなかったので、夜中早朝に使いたい方は要確認です。

ちなみに、英語は通じませんでした。

荷物を預けて身軽になったら、モスクワ市内へ向かいます。モスクワ市内へは「アエロエクスプレス(aeroexpress)」という特急列車に乗って行きます。

アエロエクスプレスの乗り場は、到着ロビーではなく、出発ロビーのある3階から連絡通路でつながっています。

出発ロビーからアエロエクスプレス乗り場までの通路に携帯ショップがたくさんありSIMを買うことができる、というのは以前書いた通り

出発ロビーから案内掲示に従っていけば迷わないと思います。出発ロビーからアエロエクスプレスの乗り場までは10分程度です。

20140902-77.jpg
通路に貼ってあるこの矢印についていきます。(クリックすると拡大します。)

20140902-78.jpg
こういう動く歩道があるので荷物が多くてもそれほど難儀しません。(クリックすると拡大します。)

20140902-80.jpg
通路に貼ってある矢印より、頭上のこの案内の方が分かりやすいです。(クリックすると拡大します。)

切符は窓口でも自動販売機でも買えます。自動販売機ではクレジットカードが使えるハズだったのですが、私が買った機械では使えませんでした。

機械のトラブルも多く、クレジットカードを入れて出てこなかったら大変なので、現金で買うことを強く強~くオススメします。

チケットは往復で買ってもお得ではないのですが、帰りにまたチケットを買う手間を考えると往復で買った方が便利です。

ちなみに、自動販売機で買ったチケットはレシートのようなぺらっとした紙なので、間違ってなくさないようにしましょう。(窓口で買っていないので、窓口の場合はどんなチケットがもらえるのか分かりませんが。)

20140902-81.jpg
右奥がチケット売り場の窓口と自動販売機、左の自動ドアの先がホームです。(クリックすると拡大します。)

チケットを買ったら自動改札機を通って電車に乗り込みますよ。

20140902-03.jpg
ホームはこんな感じ。(クリックすると拡大します。)

ガラス張りのホームは開放感があってキレイですね。ロシアのイメージと違います(失礼)。

20140902-04.jpg
アエロエクスプレス車内の様子。(クリックすると拡大します。)

20140902-05.jpg
ドアもなんだかオシャレ。ちなみに車内は禁煙です。(クリックすると拡大します。)

ロシアでは2013年から禁煙法というのが施行され、公共の場ではタバコが吸えないそうですよ。喫煙者でロシアに行く予定の方は大変ですよね。

さて、シェレメチェボ空港からはノンストップでモスクワ市内のベラルースカヤ駅へ向かいます。所要時間は約30分。ちなみに、ベラルースカヤは"Белорусская"と書きます。

キリル文字が読めないと、この駅名が分からないのですよ・・・。

рが英語のRにあたるだとか、сが英語のSだとか、Rのひっくり返ったようなяはYaと読むとか、一度覚えてしまえば謎のキリル文字を判別できて楽しいです。

20140902-06.jpg
ベラルースカヤ駅に到着。(クリックすると拡大します。)

私の旅のモットーは「トイレがあったら行っておけ」です。駅にはトイレが絶対にあるので、まずはトイレトイレと・・・。

20140902-07.jpg
これがロシア語で「トイレ」の意味(らしい)。(クリックすると拡大します。)

ちなみに読み方は英語表記にすると"tualet"となります。уはyではなくてuなんですね。

20140902-08.jpg
これは駅の中の階段。大理石(本物?もどき?)で重厚な感じ。(クリックすると拡大します。)

20140902-09.jpg
駅のホームの様子。(クリックすると拡大します。)

この駅は長距離列車のターミナル駅にもなっているそうです。屋根がないので冬は寒そう・・・。

20140902-10.jpg
駅の構内案内図。ロシア語だけなのでチンプンカンプン。(クリックすると拡大します。)

このあとさらに実感しますが、モスクワ市内は英語表記が少ないです。ほぼ皆無と言ってもいいかも。ですので、モスクワに行ってみたい!という方はキリル文字を読めるようになっておいた方がよいですよ。

まだ東京の方が英語表記は多いかも。少なくとも地下鉄の駅名は東京は英語表記がありますが、モスクワは駅名がすべてロシア語(キリル文字)・・・。

でも街中で英語を話せる人の率は東京よりモスクワの方が絶対多いと思います。

20140902-11.jpg
駅舎の様子。淡いグリーンの壁がカワイイですね。(クリックすると拡大します。)

20140902-12.jpg
駅の中には銅像が。戦争に出る恋人を見送る女性、かな。(クリックすると拡大します。)

20140902-13.jpg
駅舎の中。美しい~。(クリックすると拡大します。)

20140902-15.jpg
駅の外に出ました。外観が立派ですね。(クリックすると拡大します。)

モスクワ半日市内観光~赤の広場へへ続きます。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

タグ:海外旅行 ロシア モスクワ

4 Comments

ハツネ  

ベラルースカヤ駅、しょっちゅう利用していたので懐かしいです。
モスクワの駅は造形が美しいですよね。
手荷物預かり所が空港にあるって知りませんでした!事前調べ、ばっちりされていて凄いですね。
続きも楽しみにしています!

2014/09/21 (Sun) 12:06 | EDIT | REPLY |   

マズウェル  

すごいですね〜((((;゚Д゚)))))))

こんにちは(^-^)。ちえぞうさんは、すごいチャレンジャーですね!

わたしも旅好きで海外にも行きますが、トランジットで時間が空いたから、と土地勘もなく英語も通じないところで外に出ることはまずしないです(^_^;)。飛行機の時間までに戻れるか心配だし。

わたしはすごく心配性なので、ちえぞうさんくらい度胸があれば、楽しみも広がるだろうな〜と思います。

2014/09/21 (Sun) 12:27 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/09/21 (Sun) 23:06 | REPLY |   

ちえぞう  

Re: タイトルなし

>ハツネさん
懐かしいですか~(^^)。モスクワはどこも駅が素敵でした。あの早くて長いエスカレーターは恐怖ですが・・・。手荷物預かり所は空港3階のカフェの奥にあるエレベーターが直行しますよ。

>マズウェルさん
不測の事態に備えて時間に余裕をもって行動すれば何とかなるかな~と思いました。街中には英語表記は少ないですが、英語を話せる人は探せばそれなりにいるような感じでしたよ。

>非公開コメント下った方へ
掘り出し物のお土産を探す時間はなかったのですが、お土産の買い物にじっくり時間を使ったので後でアップする予定でーす♪

2014/09/23 (Tue) 13:35 | REPLY |   

Leave a comment