スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽生結弦選手の2014-2015シーズンのフリープログラムは『オペラ座の怪人』 

ヘルシンキ1日目の続きでヘルシンキ2日目を書こうと思っていたのですが、写真が多くて整理しきれていないのでまた後日。

さて、あちこちのテレビやサイトに既出ですが、羽生結弦選手の2014-2015シーズンのフリープログラムは『オペラ座の怪人』だそうです。

今年は『オペラ座の怪人』を選ぶ選手が多いですね。

村上佳菜子選手、無良崇人選手、グレイシー・ゴールド選手も『オペラ座の怪人』。みんな振付師が違いますし、表現の違いを比べる面白さがありそうです。

しかもみんなNHK杯に出場するんですね。NHK杯を観たあとしばらくは、あのオペラ座の怪人の音楽が頭から離れなくなっちゃいそう。

『オペラ座の怪人』はイギリス人、アンドリュー・ロイド・ウェイバー作曲のミュージカル。

ウェイバーさんはたくさんのメジャーなミュージカルを作曲している人で、20世紀にもっとも成功したミュージカル作曲家のひとりと言って間違いないと思っています。

『キャッツ』、『エビータ』、『ジーザス・クライスト・スーパースター』などなど。

どれも人気作品ですが、私は『スターライト・エクスプレス』というあまりメジャーではない作品が特に好きです。

ロックミュージカルというジャンルで、しかも出演者が舞台上でローラースケートを履いて踊るという、なかなか他には見られない作品なのです。

私は公演を観る前からカセット(当時はまだカセットでした!)を持っていて、曲がとても好きでした。その後念願かなってロンドンで『スターライト・エクスプレス』を観ることができました。

楽しいミュージカルで日本公演してくれないかなーと思っているのですが、思えばそのころからスケート関連のものが好きだったのか?!

そして、アンドリュー・ロイド・ウェイバーといえば、日本の大手劇団『劇団四季』。

劇団四季は『ライオンキング』や『美女と野獣』などのディズニーミュージカルをたくさん上演していますが、ロイド・ウェイバー作品もたくさん取り入れていて、『オペラ座の怪人』もずっと昔から公演をしています。

私は実は劇団四季のファンクラブのようなものに入っています。

熱狂的ファンというわけではないのですが、年会費2,000円を払うと、会員価格でチケットが取れるので、年2回公演を観れば元が取れてしまうのです~。

今は札幌で公演中の劇団四季の『オペラ座の怪人』、私は2年前に東京で観ました。

さっくりとした感想をここに書いていましたが、うん、あれはコドモには理解できない作品なんじゃーないかと。

高校生の時に舞台を観たときには、なんでこの作品が人気なのかサッパリ理解できませんでしたからね。

羽生選手がどんなファントムを演じるのか、とっても楽しみ。

テレビで何度も「10月にフィンランディア杯で初披露です!」と紹介されるたび、「観に行くよ!」と反応してしまいます(^^;。

ところで、今、ロンドンのHer Majesty's Theatreで"The Phantom of the Opera"をやっているのですよね。10月のフィンランディア杯の日程前後にもまだ上演しています。

フィンランディア杯に行くとき、直行便ではなくロンドン経由にして、"The Phantom of the Opera"を帰りにロンドンで観てくるというのもいいかも・・・。

例えば、フィンランディア杯翌日の10月13日(火)、19時半開演のチケットがまだ残っています。前から7列目のとっても観やすそうな席が105.45ポンド、約18,000円。前から8列目の座席の列中央あたりの席が74.95ボンド、約13,000円。

もっと後ろでいいなら10,000円を切る席のチケットもまだ残っています。(それにしても、ロンドンのチケット代は高い!)

芸術の秋!と割り切って、フィギュアスケート、ミュージカル、ついでにロンドンの美術館・博物館巡りをして帰ってくるというのも良さそうですよねー。

というのも私、フィンランディア杯のチケットも買ったし、ホテルも押さえたのに、まだ航空券を買っていないのです。

仕事の予定がちょっと見えなくなってきて、絶対に行くことは変わりませんが、前後に休暇を付けてついでに観光してこられるのか、本当に試合だけみて直行直帰になってしまうのかが決められないのです。

ギリギリになったらきっと直行便はもう取れないので、ドイツ経由で行こうかと漠然と思っていましたが、ロンドン経由という選択肢も現れました。

あるいはオペラ座つながりで、パリ経由にして旧オペラ座(ガルニエ宮)を見学して、新オペラ座(バスティーユ)でオペラを観てくるということもできるかも!

フィンランディア杯翌日の10月13日のバスティーユの演目は『トスカ』(でもすでに売り切れ)。その翌日、10月14日の演目はオペラ『セビリアの理髪師』。

直行便でなくてもいいと割り切ると、意外といろんな楽しみ方ができそうです。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

タグ:フィギュアスケート

- 3 Comments

chari  

あれこれ考えている今から旅行の楽しみは始まっていますね!

それにしても、4回転を3回(しかも後半にコンビネーション!)入れるなんて!! どこまでも上を目指す選手ですね~!

ちえぞうさんのフィンラディア杯観戦レポート、今から楽しみにしています。

2014/08/10 (Sun) 00:03 | EDIT | REPLY |   

むぎ  

はじめまして

ちえぞうさんこんにちは。はじめまして。
私も「スターライト・エクスプレス」大好きです。
カセットテープも持っていてよく聞いていました。
私は来日した時に2度観ましたが(当時中学生くらいでした)、ちえぞうさんは本場ロンドンでご覧になったのですね。
そして私も劇団四季の四季の会に入っています。
今季のフィギュアはオペラ座の怪人の曲を使用する選手が多いのですね。楽しみです。

スケートは5月から始めたのですが、こちらのブログをいろいろと参考にさせて頂いています。
靴の購入やウェアなどとっても参考になりました。
これからもブログの更新楽しみにしています。



2014/08/10 (Sun) 11:28 | EDIT | REPLY |   

ちえぞう  

Re: はじめまして

>chariさん
はい、考えている時間も楽しいですよね(^^)。本当に、クワドコンビネーションを後半にって、その向上心には頭が下がります。
フィンランディア杯の観戦レポート、お楽しみに!

>むぎさん
はじめまして!コメントありがとうございます(^^)。「スターライト・エクスプレス」をお好きな方が他にもいらしてうれしいです。四季の会の会員で、スケートもされているって、趣味・志向が似ていますね(^^)。

2014/08/10 (Sun) 20:15 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。