最近の記事


教え方の技量
ここを読んでくださっている方の中には英語スクールに通っている方もいるのではと思います。

英語学校の先生もいろいろいて、教え方の上手な先生とそうでない先生がいます。

教え方が自分に合う、合わない、ということも当然ありますが、明らかに教えるスキルが違う場合もあります。

ネイティブ講師の場合、きちんと英語を教える技能や知識を学んでいない人がいますよね。そういう人は問題外なのですが。

日本人の先生の場合、その先生の英語力は素晴らしいのですが、教え方がイマイチな人ってやっぱりいるのですよね。

英語ペラペラな日本人講師は「英語が、あるいは語学の勉強が好き」な人なんですよね。

でも、英語スクールに通う人って、みんながみんな英語好きなわけではない。苦手意識はあるけれど克服したい!と思っている人も多いと思うのです。

そういう人の気持ちが、英語大好きな講師だと分かってくれないこともあるんです・・・。

英語が好きなあまり、いろいろ教えてあげようと思って、詰め込みすぎたり話があっちこっちに飛んでしまったり。

語学の勉強が好きなので、丸暗記という作業も苦ではない。なので、生徒にも「丸暗記してください」と言ってしまう。

単語や熟語は丸暗記するしかないですが、理屈で説明できる文法も「これはそういうものとして覚えて下さい」という教え方をしてしまう。

でも生徒の側は、教え方がうまくない先生にあたると、自分の理解力や能力が足りないせいで分からないんだと思って悩んでしまいがち。

大人なので、丸暗記するより、理屈で説明できるものは解説してもらった方が覚えやすいのに、丸暗記しろと言われて、でも覚えられなくて、がっかりしてしまう。

努力が足りないと思ってしまって、ますます頑張るのだけれど、やっぱり分からない。そしてそのうちやる気をなくしてしまう・・・なんていうこともあるかもしれない。

私は仕事柄、社員研修にも関わることがあります。そして外資系企業の我が社、語学研修もあります。

時々英語研修に同席するのですが、あまり教え方が上手でない講師に当たることがまれにあります。

英語研修を受けている人たちは英語が得意ではないので、自分か理解できないのは先生の教え方が上手くないため、とは思わないのですが、後ろで見ている私はイライラすることがあるんですよね・・・。

そんな教え方では過去形と現在完了の違いが分からん!とか、丸暗記しろではなく、ちゃんと理屈を交えて仮定法を教えてくれ!とか、モンモンとするのですよ。

当然授業の後に講師にフィードバックをしますが、これって、英語がある程度話せる人間が授業を見ていないと分からないですよね・・・。

こんなに長々と書いて、何が言いたかったかというと。

英語のクラスでもなんでも、分からないことは分からないとはっきり先生に言うべきだということ。

そして、分からないのは授業を受けている人の責任ではなく、分かるように教えられない先生の側の責任なので、受講生が悩む必要はまったくない、ということです。

もちろんあまりにレベルの違うクラスを受けてしまった場合は、受講生側の知識不足というのが大いに考えられますが、適正なレベルのクラスを受講しているのになにを聞いてもサッパリな場合、違う先生の授業を受けるというのも選択肢の一つに加えるといいんではないかと思います。

私が何かを教わって、先生に一番言われたくない言葉が、「なんで分からないの」と「なんで出来ないの」。

分からないのは、出来ないのは、教える側の技量の問題。

分かるように説明する、出来るように指導する、それが講師のミッション。

教えた受講生が何も理解できないなら、それはアウトプットのない仕事。

そういうプロフェッショナルな意識を持った先生に、教えてもらいたいなぁと常々思っているのです。

逆に自分が何かを教える立場になった場合は、この2つの言葉だけは言わないように気をつけなきゃなぁと思います。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事


テーマ:学習 - ジャンル:学校・教育














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: