スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアスケート新年度 

多くの日本の会社の新年度は4月始まり。外資系の企業なら1月に年度が始まることも多いです。学校がほとんど4月が新年度です。

7月というのは多くの人にとって中途半端な時期ですが、フィギュアスケートファンにとってはシーズンの始まる新年度。

6月終わりに今シーズンのグランプリシリーズのアサイン(誰がどこの試合に出るかという予定)が発表されたり、新しいプログラムがお披露目されたりされ、ドキドキワクワク新シーズンが始まる月なのです。

そしてその試合アサインを受けて、試合のチケットを買ったりホテルを予約したり。

いや、ホテルは先に予約しておいて、アサインを確認して見に行かない試合の分をキャンセルする、が正しいかも?

私が応援している羽生結弦選手は、NHK杯と中国杯に出場予定となりました。

中国杯は2015年世界選手権が行われるのと同じ上海で開催されます。

世界選手権の試合会場を体験しておくのは、有利になるかもしれないので、それを踏まえての出場なのかもしれませんね。

ただ、ぜんそくを抱えている羽生選手が上海に行くのはちょっぴり心配。

以前からこのブログを読んで下さっている方はご承知かもしれませんが、私もぜんそく持ち。大人になってぜんそくを発症しました。

普段は薬で抑えられていますが、花粉症も持っている私は、花粉症シーズンはぜんそくの発作が酷くなります。花粉症によって誘発されてしまうのでしょう。

いつもこの時期に呼気のテストをするのですが、症状が出ていない時と比べると呼気の量が少ない。要するに、気管が腫れているので、空気の通る量が減るんですよね。

PM2.5や車の排気ガスなど、大気汚染がひどい中国。普段の生活ではぜんそくの発作が出なくても、中国に行ったら出てしまうかも・・・。

いつも以上にしっかりしたマスクをつけて、発作が出ないようにしてほしいなぁと、フィギュアスケートとは別のところで心配しています。

でも日本の羽生ファンにとっては、上海なら観戦に行きやすい距離なのでうれしいでしょうね。

私は行く予定はありません、と今のところは思っています。思っていますが、やっぱり行きたくなるかも。

日程的にも休暇を取れる時期だし、上海なら行けなくはない・・・。NHK杯のチケットを取るよりは簡単かもしれない・・・。

新シーズンを迎え、いろんな選手のプログラムが気になるところですが、羽生選手の2014-2015シーズンのショートプログラムは、2013-2014シーズンとは対極的なピアノ曲、「ショパン・バラード第1番」。

ニュースでちらっとしか観られなかったけれど、キラキラがたくさんついた薄紫色の衣装で羽生選手の持つ美しい雰囲気をより引き立てていて素敵。

ピアノ曲に乗せて凛とした雰囲気のプログラムなのだけれど、後半に4回転トゥループを持ってくるという、内容的には攻めの構成だそうです。

新プログラムを披露したアイスショー『ドリーム・オン・アイス』が6月30日(月)1:15~2:45まで、関東ローカルのフジテレビ系列で放送されます。

早く、早くプログラムの全貌を観たい!あと1時間半後!起きていたいけれど明日は仕事・・・。

その他、CS放送はフジテレビONEで7月5日(土)に、BS放送はBSフジで7月13日(日)に放送予定だそう。

我が家はケーブルテレビに入っているおかげですべて観られます。ウフフ♪

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

タグ:フィギュアスケート

- 2 Comments

gakurinco  

大人フィギュアスケートで検索してたどり着いて以来、ちょくちょくのぞかせていただいています。5月から習い始めたばかりですが、仕事放棄して練習に行きたいくらいどっぷりハマり中です。羽生くんファンなのも一緒です!今年は日本開催の試合が少なくて残念ですねー。

2014/07/01 (Tue) 09:55 | REPLY |   

ちえぞう  

Re: タイトルなし

>gakurincoさん
コメントありがとうございます!私も、仕事を休んでスケート三昧してみたい、と妄想することがあります(^^;。羽生選手のファン仲間でもあるのですね~。お互いスケートを頑張りましょう!

2014/07/01 (Tue) 14:41 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。