最近の記事


欧州方面の海外旅行費用を安く抑える航空会社
もうすぐ夏がやってきますね。学生さんは夏休み、社会人も8月になればお盆休みがありますね。

長いお休みが取れるこれからのシーズン、海外旅行へ行かれる方も多いのではないでしょうか。

旅行代金のうちの多くを占めるのは航空券代。

アジア方面はLCC(格安航空会社)を利用すればエアチケット代を安くできます。

一方、ヨーロッパ方面へ行く航空券代を低く抑える方法の一つは、ロシアの航空会社アエロフロート・ロシア航空を使うこと。

一昔前は悪名高かったアエロフロートですが、近年はエアバス社の機体を使っていて、そんなに悪くありません。

座席にはパーソナルモニターもありますし、USBの口がついていてiPhoneなどの充電も可能。事前のWebオンラインチェックインのシステムもあります。

アエロフロート・ロシア航空を利用してヨーロッパへ行く場合、一旦モスクワのシェレメチェボ空港で飛行機を乗り継ぐ必要があります。

シェレメチェボ空港も以前は暗くて狭くてどんよりした気分になる、なんて言われていましたが、最近、特に日本からの便が到着するターミナルDは近代的な建物になっています。

お店の数は多くないのでそれほどお買い物は楽しめませんが、カフェやレストランもいくつかあり、ターミナル内ではWiFiが無料で使えるので待ち時間に退屈しなくて済みます。

ロシアの通貨、ルーブルを持っていなくても、国際線ターミナルではユーロが使えます。(ドルは使えなかったはず。)

アエロフロート・ロシア航空のWebサイトから自分で航空券を購入することもできますが、乗継便を購入する場合は旅行代理店に頼んだ方が簡単です。

私がアエロフロートのチケットを買う場合に利用しているのは、どんぐりツアーという旅行代理店。この会社のWebサイトは作りが素人っぽくて怪しげです。信用して大丈夫か?!と思ってしまいます。

Webサイトだけを見ると怪しげなのですが、今まで何度か利用したところでは問題なし。対応がとっても迅速で、メールをしたらすぐに返事が返ってきます。メールのやり取りが早いので、スムーズに予約が進むため、急いでいる時は特に助かります。

そして、航空券代金も安い。複数の旅行代理店に問い合わせてみたところ、私が調べた限りではこの会社が一番安かったです。

※私が今までどんぐりツアーにお願いした際は問題ありませんでしたが、ご利用の際は自己責任でお願いしま~す。

アエロフロートを使って行くのにおすすめなのは、成田~パリという直行便。週4~5便飛んでいます。

ここで言う「直行便」は、ノンストップという意味ではなく一つのチケットで行けるという意味で、一旦モスクワで飛行機を降りなければいけませんが、JALやANAやエールフランスよりうんと安いのです。

モスクワでの乗継時間は2時間ほどありますが、2時間ならそれほど待ち時間も長くないですね。

パリ便がない日はロンドン便がありますが、こちらは週2便程度しか飛んでいないのでちょっと不便。

さらに、直行便ではなく乗り継ぎをしてもいいのなら(つまり、チケットが2枚になる)、モクスワからヨーロッパのいろんな都市に飛んでいるので、フライトスケジュールさえ合えば便利です。

どんぐりツアーのWebサイトを見ていただくと分かりますが、モスクワまでの料金も、それより遠いロンドンやパリやローマなどの欧州の都市までの料金も同じなのです。

アエロフロートの難点と言えば、日本人の乗務員の方がいないことでしょうか。他の欧州系の航空会社は1~2人は日本人乗務員の方がいることが多いですが、私は今までアエロフロートでは見たことがないです。

でも、機内食が飛びぬけて不味いわけではないし(飛びぬけておいしいわけでも当然ない)、それほど悪くないと思います。

空港の外に出ず、同日に他の国に行く飛行機に乗り継ぐ場合にはロシアのビザも不要。

乗継時間がうんとあって、一旦外に出てみたい場合にはトランジット・ビザというのを日本で取っていく必要があります。トランジット・ビザは大使館で自分で取ることも、旅行代理店に頼むことも可能です。

皆さんは今年の夏休みのご予定はもうお決まりですか?

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事


テーマ:飛行機/フライト/機内食 - ジャンル:旅行

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/24(火) 00:06:51 | | [ 編集]
Romi
アエロフロートって昔は怪しい印象でしたが、最近はいい感じなのですね。
ロシアでのトランジット、ちょっと興味があります。
今年はエティハド航空のチケットを手配して見ました。これも安いですよね。
帰りはアブダビで21時間のトランジットなので、一日延泊して、50度近いアブダビを散策する予定です。考えてると色々たのしいですよねー。

2014/06/24(火) 01:28:45 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>非公開コメントくださった方へ
安くていいですよね。旅行代金の半分くらいを占める航空会社は安いと助かりますが、安全性も重要なので、新しい機体というのもポイントが高いです。
ぜひ今度は非公開コメントでなく公開コメントで書き込んで下さったらうれしいです~。
2014/06/24(火) 20:50:14 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>Romiさん
私は逆に昔の怪しい時代には乗ったことがないので、なんであんなに恐れられていたの~という感じです。エティハド航空は使ったことがないですが、こちらも安いんですね。今度チェックしてみますー。アブダビうらやましい!
2014/06/24(火) 20:51:36 | URL | [ 編集]
りんこ
大変勉強になります!
貴重な情報 いつもありがとうございますo(^▽^)o
2014/06/25(水) 23:12:49 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>りんこさん
お役に立てたならよかったです!
2014/06/26(木) 13:05:27 | URL | [ 編集]
Amy
香港在住です。
Romiさんが既に書かれていますが、「産油国のエアラインはねらい目だ」と香港国際空港公社にお勤めの方から聞きました。
数ヶ月前の日経の記事だったと思いますが、「日本から南米に行くのは以前は北米経由だったのが、ドバイ経由でエミレーツがお得」というのが出ていたかと思います。
そうなると、エミレーツ、カタール、エティハドに絞られるのかな、と。
私は今年ドバイにエミレーツで行ったので、来年のお正月休みはドーハ経由でイスタンブールのチケットを押さえました。確かにハイシーズンなのに、お手ごろでしたよ。
2014/06/28(土) 15:07:04 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>Amyさん
産油国のエアラインは燃料サーチャージが安いからでしょうかね?ドバイ経由で南米というルートは考えたことがなかったので目からウロコです。情報ありがとうございます!
2014/06/29(日) 20:25:40 | URL | [ 編集]













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: