スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外で使えるSIMフリーのスマートフォン 

私は年に2~3回、プライベートと仕事で海外に行く機会があります。

先日機種変更したiPhone5sはデザリングができるので、これからはレンタルWiFiルータを借りて行かないで、ドコモの海外パケ・ホーダイを使おうと思っていました。

ドコモの海外パケ・ホーダイは、ちょっとした連絡なら使った分だけ、20万パケットを超えたら1日2,980円という課金体系。

デザリングテザリングもさることながら、旅行中に地図を見たり、レストランを探したり、美術館の開館時間を調べたり、と、スマートフォンが活躍する場面は多いです。

(追記:ずっと「デザリングだと思い込んでいましたが、正しくは「テザリング」とのご指摘を頂きました。ありがとうございました。)

こういう使い方をしていたら、きっと最大の1日2,980円まで使ってしまいそう。

となると、8日間の旅行だと23,840円にもなってしまいます。

ドコモの海外パケ・ホーダイは日本時間を基準にして1日を数えているので、時差を考慮しないと日付の変わるタイミングによっては、9日分の料金になるかもしれません。

高い!高すぎる!

どうしたものかと考えましたが、こんなに高いなら、SIMフリーのスマートフォンを買って現地のSIMカードを使った方がいいんじゃないの?と思いつきました。

SIMカードって何?という方は、以下のページを見ていただくと分かるかも。

SIMってなぁに? - NTTコムストア
SIMカードって、何ですか?

AndroidのSIMフリー携帯なら2万円弱で買えます。でもずっとiPhoneユーザーなのでAndroidは使い慣れていないし、アプリを別途買うのもなんだか悔しい。

できればやっぱりiPhoneのSIMフリー版がいいなー。

日本のAppleで買えるiPhone 5c 16GのSIMフリー版は57,800円。香港のiPhone4s 16G SIMフリー版なら5万円。

高いといえば高いですが、8日間の海外旅行に3回行ったら元が取れる・・・。

ちなみに、出張の場合は会社が通信料を負担してくれるので、元が取れる計算には入れませんが、コスト軽減できるならそれに越したことはありません。エライ。

どうせならIPhone4sよりも新しい5cがいいかと思いきや、どうもそうでもないらしい。

SIMカードには、普通の大きさのSIM、少し小さいmicro SIM、もっと小さいnano SIMという種類があります。このうち、iPhone 4sはmicro SIM、iPhone 5cはnano SIMのカードスロットを採用しています。

海外で現地のSIMカードを購入しようという目的でSIMフリーのスマートフォンを検討しているわけですが、海外のSIMは通常のSIMもしくはmicro SIMが多く、nano SIMはあまりない、というのをインターネット上の情報でよく見かけるのです。

その場合、SIMカッターというものを使って小さくする必要があるのですが、そんなのメンドクサイし、失敗したら悲しすぎます。

そう考えるとiPhone 4sの方がいいような。

そして、今後も何度も行くと思われるスペインのSIMカードについて調べてみました。

スペインにはTelefonica(Movistar)、Vodafon、Orange、Yoigoというような複数のキャリアがあります。いろんな人の体験談を総合すると、Yoigoが一番安いようです。

でも現時点ではYoigoはLTEは使えず3Gのみの様子。旅行中にスマートフォンで動画を観たりすることはないので(私の場合は)、3Gで十分かなと思います。

また、直営ショップの他、『Phonehouse』という携帯ショップでも購入できるようです。

スペインでSIMカードを購入する際にはパスポートが必要。スムーズに購入するには、事前にプランを調べておいた方がいいと思います。

(ちなみに、スペインではクレジットカードを使う際にもパスポート提示を求められることが多いです。コピーを見せればOKのこともあります。スペインの大手デパート、El Corte Inglésはパスポートを見せなくてもクレジットカードを使えました。)

とはいえ、事前にプランを調べようにも、例えばスペインのYoigoの場合、Webサイトはスペイン語オンリー。スペイン語などその国の言葉が読めない場合は、他の方の体験談に頼るしかなさそうです。

コツとして、もし空港にSIMカードを買えるショップがある場合は空港で入手すること。空港は外国人に慣れているし、英語が話せるスタッフがいる確率が市内のショップよりも高いです。

でも残念ながら、スペインではマドリード空港にもバルセロナ空港にも携帯ショップがないらしい・・・。。

インターネットにつながっていればGoogle翻訳で意思の疎通をはかれるのに、インターネットにつながるためにはSIMカードを買わなければいけない、というジレンマが・・・。

いつか行きたいフィンランドのSIM事情についても調べてみました。

まず、フィンランドは都市部では問題なく英語が通じるので、スペインよりも言葉の問題の壁が低いです。

フィンランドではSIMカードが街中のキオスクでも売られていて、キャリアのショップや携帯電話ショップに行く必要はないそうです。むしろ、携帯ショップは混んでいることがあるのでキオスクでの購入の方がいいらしい。

いくつかキャリアがありますが、SaunalahtiというキャリアのSIMカードを買っている人が多そうです。

dnaというキャリアのSIMカードもあるようですが、こちらは英語の説明がフィンランド語の説明に比べて少なく、分かりにくいという意見を見かけました。

当然空港にもキオスクがあるので、ヘルシンキ到着後すぐにSIMカードを入手できるようです。

空港でも街中でも売られていて、購入に身分証明書の提示が不要ということで、他の国に比べて外国人でも手軽にSIMカードを購入できますね。さすがNOKIAの国!

下記はフィンランドでの購入体験談。設定などが詳しく書かれているので、実際に行く際には参考にさせていただくつもりです。

フィンランド お得なデータ定額プリペイドSIM Saunalahtiを使ってみた
プリペイドSIM購入&データパッケージ設定方法(フィンランド)
東・中欧旅行 #1 (東京~ヘルシンキ) ヘルシンキ ヴァンター空港でのプリペイドSIM

どうしても海外の携帯ショップでSIMカードを買う自信がないけれど、海外のSIMを使いたい・・・という方には、日本で海外のSIMカードを売っているショップがあるようですよ。

こうしていろいろ書いていると、すっかりSIMフリーのiPhoneを買う気持ちが固まりました。近々買っちゃうと思います。

そして、こうしていろいろ調べていると、旅行に行きたい熱もどんどん盛り上がっていきます。

10月のエスポーでのフィンランディア杯、12月のバルセロナでのグランプリファイナルを、観光を兼ねて観に行きたい・・・。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

- 3 Comments

Romi  

ちえぞうさん、こんにちは。現地SIMは、私も旅行前に一番調べるネタになってます。私は当初ドコモSIMでiphoneを使いたかったので、海外旅行の時に現地のappleでiphone4Sを買って以来、今も日常で使ってます。今年はついでにSlMフリーのipad miniを購入。
去年はやっぱりnanoSIMのプリペイドはなかなかなかったので、4Sで良かったです。apple以外はまだmicrosimが主流だからでしょうかね。
ただ悩みはいつも現地SIMの入手と設定なんです。空港を逃すとなかなか見つからず。
去年、バルセロナとマヨルカに行ったのですが、探す時間がもったいなかったので、ebayでorangeのSIMを事前に購入して行きました。事前に購入してると良かったので、ご参考まで。
考えてるだけで、テンション上がりますよねー。



2014/06/06 (Fri) 07:21 | REPLY |   

ちえぞう  

Re: タイトルなし

>Romiさん
こんにちは!そうなんですよね、まだまだnano SIMは普及しきってないんですよね。私も言葉があまり通じなそうな国の場合は、事前にSIMを買っていくのもありかなーと思っています。海外SIMを扱っているショップは知っていましたが、ebayで買えるとは思っていませんでした。情報ありがとうございます!
一方、「たとえ購入と設定に苦労しても、ブログのネタになる・・・」などと考えている自分もいます(^^;。

2014/06/06 (Fri) 12:41 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/06/18 (Wed) 20:10 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。