最近の記事


言葉の意味に対しての認識は人それぞれ
私が持っているフィンランド語の辞書は残念ながら語彙が少ないので、載っていない単語を探す際はオンラインの英語・フィンランド語辞書を使っています。

ただ、いくつも単語が表示されると、どれが良く使われるのか、自分が表したい文脈にはどれがピッタリくるのか分かりません。

こういう時はネイティブスピーカーに聞くのが一番!インターネットでフィンランドの方に質問します。

先日こんなことがありました。

「通勤」という単語をフィンランド語で何と言うか知りたくて、オンラインの英語・フィンランド語辞書とGoogle翻訳とで調べました。

そこで出てきたのは、"työmatka"と"pendelöinti"という単語。

フィンランド語で"työ"は仕事、"matka"は旅行の意味。

"työmatka"を英語に直訳してしまうと"business trip"となり、通勤というより出張というニュアンスが感じられます。

これを通勤という意味で使っていいものか、よく分かりません。

そこでsuomalainen(フィンランド人、の意味)に質問してみたところ、5人の方から返答がありました。

フィンランド人 A:
"työmatka"が「通勤」という意味に最も近い。「出張」という意味もあるが、日々の「通勤」も表す。"pendelöinti"という言葉は聞いたことがないのでスラングだと思う。

フィンランド人 B:
"työmatka"が一般的には「通勤」に最もふさわしい。"pendelöinti"は「距離の短い通勤」(歩いて10分など)というより、車や電車を使った「長距離通勤」という印象を受ける。"pendelöint"はスラングではなく、新聞などでよく使われる言葉。

フィンランド人 C:
自分も"pendelöinti"という言葉は聞いたことがない。新聞でも見たことがない。"työmatka"が「通勤」の意味にはもっともふさわしいし、この単語しかないと思う。"työmatka"は「通勤」も「出張」の意味も表すので、どちらを指すかは文脈で判断する。

フィンランド人 D:
自分も"pendelöinti"という単語は聞いたことがない。

フィンランド人 E:
自分も"pendelöinti"という単語を聞いたことが一度もない。グーグルで調べたところによると、あまり古い表現ではなく、スウェーデン語からの新しい借用語らしい。

なかなか興味深い結果になりました。

人によって認識がまちまちなのですね。

5人中4人は"pendelöinti"という単語を知らないという。Bさんは"pendelöinti"は新聞などで使われる語彙だという。調べた結果は外来語。

これは、Bの人が普段読んでいる新聞の種類にもよるのかもしれません。ものすっごい難しい新聞を読んでいるとか、業界専門誌のようなものを愛読しているだとか。

もし、私がBさんにだけしか質問していなかったら、一般的ではないものの、"pendelöinti"を使っても問題ないんだな、と考えたと思います。

Cさんにだけ質問していたら、"pendelöinti"なんていう言葉は存在しない、と理解したと思います。

単語一つをとっても、ネイティブの認識は様々。

フィンランド語に限らず、たまたま尋ねた相手の答えが一般的とも限らないので、ネイティブに言葉の意味や使い方を聞く場合には、複数の人に当たるべきだなぁと思いました。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: