最近の記事


英語で書かれたフィンランド語テキストを探しに丸善へ
私のフィンランド語は初心者レベルなので、まだまだ必要はないのですが、いずれ学習が進んでいったら日本語のテキストだけではきっと足りなくなるでしょう。

日本語のテキストは数が限られていますからね。英語で書かれたフィンランド語テキストってどんな感じなのか。

それに日本語・フィンランド語辞書にもちょっと不満があるので、英語・フィンランド語辞書もどんな種類があるのか知りたい。

そう思って、東京駅近くの丸善丸の内本店に偵察に行ってきました。

丸の内の丸善は洋書コーナーが以前より狭くなってしまいました。洋書はKindleで買う人が多くなってしまったからというのが私の予想なのですが、実のところはどうなのでしょう?

さて、入口すぐのところに検索機が置いてあるので、「Finnish」というキーワードでざっくりとテキストを探してみたところ・・・。

検索結果はたくさん出てくるのですが、テキストや辞書らしいものの詳細を見てみると、すべて"out of stock"(在庫切れ)との表示です。

念のため店員さんにも聞いてみると「あ~、フィンランド語の辞書の取り扱いはもうやめてしまったのですよ。テキストも置いていないのでお取り寄せになりますねー。」との返事が。

ううっ。お取り寄せするくらいなら、最初からアマゾンで買いますとも。

実際に手に取ってみてみたかったからこそ、丸善までやってきたのに(;;)。

まぁ、そもそもフィンランド語学習が少ない上に、それを英語で勉強しようという人はもっと少ないでしょうし、ニーズがない本を置いておくわけにもいきませんからね。

アマゾンで英語で書かれたフィンランド語テキストを探すと、よさそうな本は4~5千円くらいするのです。

いいテキストならそれだけ出しても構いませんが、さすがに中身を見ないで買うには高すぎる金額です。

Kindle版はもう少し安いですが、語学のテキストはやっぱり紙の本の方が使い勝手がいいので買う気になれませんし。

いつかフィンランドに行ったらたくさんフィンランド語のテキストを買って帰りたいです。

今日のフィンランド語:
テキスト(教科書) oppikirja

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/17(火) 08:46:48 | | [ 編集]
ちえぞう
>非公開コメントくださった方へ
マイナー言語はテキストも情報も少なくて、英語と比べると苦労しますよね(^^;。タンペレに行かれたことがあるんですね。私も行ってみたいと思っているのでうらやましいです!
2014/06/17(火) 09:56:05 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/17(火) 22:10:25 | | [ 編集]
ちえぞう
>非公開コメントくださった方へ
一番おいしいドーナツですか!それは食べてみたいです~。情報ありがとうございます(^^)。
2014/06/18(水) 22:36:12 | URL | [ 編集]













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: