スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィギュアスケートとフィンランド語 

私の目下の趣味は自分が滑るの方のフィギュアスケートですが、観る方のフィギュアスケートも当然好き。

でも、試合シーズンが終わってしまって、アイスショーにあまり興味のない私は、J Sportsで撮りためた録画を観たり、YouTubeで過去の試合などを観たりして楽しんでいます。

J Sportsで会場音のみで観る試合も演技に集中できていいのですが、YouTubeで海外のテレビ局の解説を聞くのも楽しいです。

他の国のアナウンサーや解説者(元あるいは現役のスケーターだったりする)が日本の選手をどう評価してくれているのかがわかって面白いんですよね。

今朝は浅田真央ちゃんの世界選手権フリースケーティングの海外解説の動画をあれこれ見ていました。

「Mao Asada」とアルファベットで検索すると、海外テレビ局の解説動画がたくさん見つかります。

いろいろ見ているうちに、英語ではない解説の動画にヒットしました。

聞いた時の印象が「なんだかフィンランド語っぽいなー」だったのですが、「フィンランド語ばっかり勉強してるので知らない外国語がすべてフィンランド語に聞こえるのかもー」なんて思ったのです。

そのうちに知っているフィンランド語の単語がでてきて、おお!やっぱりフィンランド語だったんだ!とうれしくなりました。

フィンランド語には独特のリズムがあり、そのリズムにだんだんなじんできたので、意味が分からなくても「フィンランド語っぽい」と感じたのかも。

フィンランド語の学習が進んでいったら、YouTubeでフィンランド語解説のフィギュアスケートの試合動画を観れば、フィギュアスケートを楽しみつつフィンランド語の勉強も出来て一石二鳥!

いいもの見つけた!と思いました。

マリメッコのエッジカバーに続く、好きなものコラボ♪

私が偶然見つけたのは真央ちゃんの試合でしたが、羽生結弦選手や町田樹選手のフィンランド語解説の動画も絶対あるはず。

フィンランド語に限らず、英語でもなんでも外国語を勉強する際は、自分が興味のある内容のものを聞いたり読んだりするのが一番なんですよね。

「知りたい」という気持ちが強ければ勉強もはかどります。

いつかフィンランド語のフィギュアスケートのファンサイトを見つけて(そんなのがあるのか知りませんが)、フィンランドのフィギュアスケートファンと交流してみたいです。

今日のフィンランド語:
テレビ(1台、2台と数えるテレビそのものではなく、テレビ放送) televisiotoiminta
ファン ihailija(英語:fan, admirer)

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

タグ:フィンランド語 フィギュアスケート

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。