スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フィンランド語基礎1500語』 

初心者向けのテキストで文法の基礎の基礎を学習しつつも、語彙力増強は必要です。

テキストに出てくる語彙だけでは到底足りないので、高校生の時に使っていたような単語帳というものが必須となります。

で、フィンランド語の場合、日本語で書かれたフィンランド語単語帳の類は下記のものしか見当たりません。


フィンランド語基礎1500語』。2,916円也。

これしかないのでこれを買ったのですが、見た瞬間「これは私の苦手なタイプの単語帳だ・・・」と思いました(><)。

まず、表紙の字体が古い印象!私は本やテキストの字体が古くさいと、それだけでやる気がそがれるのです・・・。

でもまぁ、それは本の中身の本質ではないのでいいのですが、もっと苦手なポイントが単語の並び順。

単語の並び順が意味のカテゴリー毎ではなく、単にアルファベット順に並んでいると、私はまったく頭に入ってこないのです。

この単語帳はまさにそのアルファベット順・・・。

テーマ毎にまとまっているとか、よく使う順にならんでいるとか、そういう使いやすい単語帳がせめて英語で書かれたものであるといいんだけどなぁ・・・。

ところで、ここまではフィンランド語の話しですが、語彙力増強は英語学習にも欠かせません。

英語の語彙力について、まずはどのくらいの数の単語を覚えるべきかというコラムがあるので、ご興味のある方はご一読を。

基本単語の謎
ボキャブラリーの話:基本重要語とは何か

英語の場合、まずは基本単語2000を覚えることが大切と説かれています。

ということで、これを参考にフィンランド語もまずは2000語習得を目指します。

この本だけでは1500語にしかならないので、自分で辞書を引いたり本を読んだりが必要そうです。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事

タグ:フィンランド語

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。