フィンランド語の学習にインターネットを活用 

英語にはたくさんあるiPhoneの英語辞書アプリや翻訳サイト。

フィンランド語のものはいくつか見つかるものの、どれがいいのかよく分かりません。

インターネットでよさげな翻訳サイトとアプリを教えてもらいました。

Sanakirja.org
サイトはフィンランド語ですが、右上の「In English」をクリックすると英語表記になります。英語表記に変えると、なぜかサイト名とURLも変わり、Webxicon.orgというサイトになります。

フィンランド語⇔英語だけでなく、フィンランド語⇔日本語や、ドイツ語⇔スペイン語、イタリア語⇔エストニア語など、複数言語間での翻訳が可能のようです。

Google翻訳と同じようなサービスですね。

Sanakirja.orgはサイトだけでなく、無料で使えるiPhone/Androidアプリもあります。こちらの方がいつでもどこでも手軽に使えて便利。

Webxicon.org

英語と違ってフィンランドには便利なツールが圧倒的に少ないです・・・。

私は今、芬日辞典しか持っていないので、これをフィンランド語でなんていうんだろーと思った時は、上記のサイトで英語からフィンランド語を引き、再度芬日辞典で逆引きします。(「フィンランド」のことを「芬蘭」と書きます。)

時々まったく違う単語だったりすることもありますので、辞書を逆引きするのは欠かせません。

今の時代はインターネットですぐに人に聞けるのでとっても便利。フィンランドの若い人はたいがい英語が分かるので、質問すると親切に教えてくれます。

私はまだ初心者なのでテキストで十分ですが、学習が進んでいってたくさんフィンランド語の文書を読みたくなったら、フィンランド語のサイトを活用できるかなと思っています。

観光客向けのサイトだったりすると、同じ内容がフィンランド語と英語で書かれていることも多いので、芬英の対訳付きのテキストのように使うことができますよね。

フィンランドの首都ヘルシンキには、『カフェ・アアルト』が入っていることでも有名な、『Akateeminen Kirjakauppa』(アカデミア書店)があります。

この書店、本のインターネット販売をやっていて、送料は結構かかるものの海外発送もしてくれるのです。

日本でフィンランド語の本やオーディオブックを手に入れるのは大変なので、こういうのは便利ですよね。

ちなみに、上記のアカデミア書店のサイトはフィンランド語と英語、カフェ・アアルトのサイトはなんと英語・フィンランド語・スウェーデン語に加え、日本語のページまであります!

日本人がたくさんカフェ・アアルトに行くんでしょうか?

学習者がとても少ないフィンランド語。インターネットがなかった時代のフィンランド語の学習はとっても大変だったと思います。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

タグ:フィンランド語

0 Comments

Leave a comment