スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランド語の学習計画~その1 

フィンランド語の学習を始めます』の記事の続きです。

いろんな勉強法の本を読んだり、自分の英語学習の経験などを思い出し、学習計画を作りました。

目標は1年で旅行に行っても困らないフィンランド語力を身につけること。

困らないというのは、街の標識を読める、電車やバスの案内やアナウンスを理解して乗れる、お店やカフェで店員さんと簡単な会話ができる、くらい。

第二段階の目標は本や新聞を読めることですが、これにはかなりの語彙力が必要なので1年では無理でしょう。

第三段階はテレビのニュースを理解できること。これははるかかなたの遠〜い目標です。いや、フィンランド語でここまで到達できる日は来るのか?

フィンランド語で映画やドラマを理解しようとはもはや思っていません。映画は英語でも難しいので・・・。

フィンランド語は私にとってまったく未知の言語。これから書く学習法で1年で旅行で困らないくらいのフィンランド語力を果たして身につけられるでしょうか??

まずは学習時間の確保が重要。1日の学習時間は1時間と決めました。どうしても忙しかった場合は30分でOKとします。ただし、バッファとして1週間のうち1日は学習しない日を作ります。週末は1時間くらい確保することはなんてことないので、平日の1日はサボっていいことに。

1時間というと長いようですが、30分早く起きて朝30分を確保し、通勤時間で15分、帰宅してから15分だけ勉強時間にあてれば、1日1時間勉強するのはそれほど難しいことではありません。

1日1時間の勉強時間も確保できないのだったら、きっとそれは本気でその言語(あるいは資格試験でもなんでも)を習得したいとは思っていないということだと思います。

今回の学習では、「音読」と「カードを使った暗記」を中心にやっていこと思っています。カードにはコレクトの情報カード(5×3サイズ)125×75㎜の無地を使います。

そして「スパイラル方式」。

以前ブログに書いたことがあるような気がするのですが、難しいテキストをじっくり1回読むよりも、簡単なテキストから始めて、それを何度も何度も繰り返して覚えこみ、覚えたら少し難しいテキストに進み、また覚える→さらに少し難しいテキストに・・・と螺旋階段のように勉強を進める方が効率的なのだそうです。

これは私の英語の勉強の実体験からも納得できます。

さて、では具体的な方法です。

1.概要をつかむ

英語の場合はここは飛ばしていいと思いますが、フィンランド語の場合、どんな言語か?という知識がまったくありません。そこで、まずこの本を読んでざっくりフィンランド語の概要をつかみます。


フィンランド語のしくみ』。1,728円也。


ダラダラ読むことを推奨しています。いいですねぇ。最初のハードルは低い方が長続きします。

2.薄いテキストを1回読む

ここからが本番。英語でしたらここから開始です。

まず、初心者向けの薄いテキストを1回読みます。


ニューエクスプレス フィンランド語』。2,484円也。

フィンランド語の初心者向けテキストは3種類くらいあるのですが、これが一番薄いのでチョイス。最初はとにかく、薄くて要点を絞ったものから着手します。

まずは1回通して読みますが、ここで「音読」を行います。テキストのフィンランド語の例文を、付属のCDの音声のあとに続いて読んでいきます。

集中して、耳を澄まして、できるだけCDのお手本と同じイントネーション、同じ発音ができるように。だたぼんやり読むだけでは意味がないので、気分はフィンランド人(の美人)になった気持ちで。各文5回繰り返します。

テキスト学習1回目は「覚えよう」と意識せず、とにかく全容をつかむことを主眼とし、でも音読をしっかりやっていきます。

3.「365歩のマーチ」

なんのこっちゃ、という感じ?テキストの学習は一気呵成には進めません。まず、学習時間の最初に前日やったテキストの部分をもう一度復習します。

復習なのでさっと読むだけでこの時はOK。音読は1回だけ行います。「2課戻って3課進む」という感じのペースです。

「365歩のマーチ」の「3歩進んで2歩戻る」にかけてます。

4.薄いテキストをじっくり覚えるまで読む

2.と3.の方法でテキストを読み終わったら、また最初に戻ります。今度は2回目なので、覚えようと思わなくても覚えている箇所がいくらかあるはず。

こういう「知っている箇所がある」という状態の方が学習はスムーズに進むのだそうですよ。確かに、テキストの端から端まで知らないことだらけだったらイヤになりますもんね。

フィンランド語の例文を5回音読するのは2回目以降も同じ。今後どのテキストに進んでも、レベルが上がっても、フィンランド語の例文はすべて音読5回が基本です。

2回目からはテキストの内容をしっかり覚えていきます。単語の意味、動詞の現在形や過去形の作り方、格変化、などなど。

暗記作業に情報カードを使っていきますが、長くなるので続きます。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事

タグ:フィンランド語 語学 北欧

- 3 Comments

けんぼう  

すごい!
これだけ真剣になれたら何でも出来ちゃいますね

と、他人の感心ばかりしてても仕方ないので
自分も何か燃えるものを探してみます
モチベーションを下さって
ありがとうございます

2014/05/07 (Wed) 21:19 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/05/07 (Wed) 21:43 | REPLY |   

ちえぞう  

Re: フィンランド語の学習、応援しています!

>けんぼうさん
やるとなったら集中してやるほうが、何事も身につきやすいのではないかなーと思っているので、こんな感じの計画になりました。けんぼうさんもなにか燃えるものが見つかるといいですね!

>非公開コメントくださった方へ
はい、マスターできるように頑張って勉強しようと思います。応援ありがとうございます(^^)。

2014/05/08 (Thu) 19:06 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。