スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『体が硬い人のためのストレッチ』 

私は体がかたいです。特に右足の股関節がかたい。

若いころはもう少しましだったハズなのですが、フィギュアスケートを習っていて、体のかたさをヒシヒシと実感(><)。

フィギュアスケートって体が柔らかくないとキツいんですよね。

スパイラルやイーグルなどは体がかたかったら絶対にできない技ですし、Tポジションを取るだけでもバランスが取りにくい。逆T字ストップは止まれません(>_<)。

それ以前に、体がかたいとスポーツでけがをしやすいんですよね。

そこでこんな本を買ってみました。


体が硬い人のためのストレッチ』。1,404円也。

いつもいつもフィギュアスケートのことを考えていると、こういう本が目につきやすくなるんですね。ストレッチの本を探しに行ったわけではないのに、本屋さんでこの本が目に飛び込んできました。

頑張って毎日続ければ、来年にはもう少し柔らかくなっているでしょうか。

この本は大きくて、説明も細かく、「こうやってはダメ」という悪い例も載っていて分かりやすいです。

まだ始めたばかりで体が柔らかくなっているかどうかは分かりませんが、ストレッチそのものが気持ちいいです。

特に肩甲骨の動き。

一日中パソコンに向かって背中をほとんど動かさないので、肩甲骨を動かすとミシミシ音がするような気がします^_^;。

肩こりに悩まされているとか、腰痛がある方にもいいと思うので、スポーツをするしないに関わらずオススメですよ。

ところで、この本にこんなことが書いてありました。

ストレッチには体の柔軟性を上げる効果がありますが、それには一過性効果と長期的効果があるのだそう。

柔軟性向上の一過性効果とは、「ストレッチを行なうと、可動域向上の効果がすぐに表れ、すぐ元に戻る」という意味。

運動の前にストレッチするのはこの効果を狙ったものですね。体の可動域を広げてケガを予防したりパフォーマンスを上げるのが目的です。

この一過性効果での可動域の広がりは30分程度しか持たないのだそう。

ということは、運動の前にストレッチしたからもういい、ではなく、30分ごとにストレッチすることが本当は必要ということなのですね。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

タグ:ストレッチ

- 2 Comments

ラベンダー  

こんにちは!股関節のストレッチでいつも悩みがあります。
お尻の筋肉が弱く股関節が硬いのでバランスの崩れから負担があり
いつも股関節痛に悩まされています。
適度にストレッッチすればやわらぐものなのでしょうか!
その後の経過も又よかったら聞かせてください。

2014/08/17 (Sun) 13:43 | REPLY |   

ちえぞう  

Re: タイトルなし

>ラベンダーさん
人それぞれ、ストレッチをする頻度によっても違うと思いますが、効果はあると思います。というのは、私は足首も固くて、この本を買う以前、フィギュアスケートを始めた数か月前から足首ストレッチだけは行っていました。最初の頃はしゃがむとかかとが浮いてしまうほど足首が固かったですが、今ではかかとを床につけたまま下までしゃがめるようになりました。大人なので劇的には変化しないでしょうけれど、無理しない範囲で続けてみるといいと思います。お尻の筋肉が弱いとのことですので、スクワットも合わせてやってみるのもいいかもしれませんね。

2014/08/17 (Sun) 23:01 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。