スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年の健康診断 

会社の定期健康診断を受けてきました。

去年の健康診断の婦人科検診では、子宮筋腫がありますねー、と指摘されていました。

その後、経過観察で病院に行かなくちゃなあと思いつづけて、結局行かなかったのですが・・・。

今年の健康診断では、問診票に「去年子宮筋腫があると言われました」と書いておいたところ、やっぱり「経過観察に病院に行ってくださいね」と言われました(^^;。

が、それ以外にも検査で分かったことがありまして。

子宮にポリープが見つかりました。

先生曰く、「たぶん良性だと思うけど。すぐに取れるので、病院に行ってくださいね。後日送付する検査結果に紹介状を入れておきます。」とのことです。

去年の健康診断が8月なので、この1年の間にできたということになります。去年も書きましたが、やっぱり毎年の健康診断ってとても大切です。

今度は病院に行くのを先延ばしにせず、紹介状が届いたらとっとと受診してとっととポリープを除去してもらうつもりです。

いろいろ調べてみたところ、子宮ポリープには子宮頸管ポリープと子宮内膜ポリープというのがあるそうですが、先生に「すぐ取れますよ」と言われたことから判断して、子宮頸管ポリープの方だと思われます。

このサイトによると、子宮がん検診で見つかることも多いそう。再発することもあるようなので、やっぱり健康診断は欠かせません。

ところで話は飛びますが、会社の年1回の定期健康診断は「社員が受ける権利がある」という趣旨のものではなく、「会社が社員に受けさせる義務がある」というもの。そして、その健康診断結果を労働基準監督署に届け出るよう法律で決められています。

だから、本来は会社員の方は健康診断を受けないという選択肢はないんですね~。でも、仕事が忙しいとか出張が入ったとか言って、受けない人もいるんですよね。

ちなみに、我が社は健康診断の受診率100%!産業医や社会保険労務士の先生にも「100%ってすごいですね。」と言われます。

厚生労働省の平成24年労働者健康状況調査によると、健康診断の平均受診率は81.5%。

健診を受診しなかった人には、受けるまで何度も何度もしつこく私が攻め寄る、というのが受診率100%の秘訣です。

せっかく会社が費用を負担してくれるのに、健康診断を受けないなんてもったいないですよね~。

健康保険組合によっては、被扶養者の一定年齢以上の女性の健康診断も無料、もしくは格安で実施していることもありますので、該当する方は一度健康保険組合に聞いてみるといいと思います。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事

タグ:健康 子宮筋腫 ポリープ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。