エッジ研ぎの達人たち 

スケート靴のブレードやエッジについて調べていたら、下記のような記事を見つけました

信頼受け「命」預かる=スケート靴調整の田山さん〔五輪・フィギュア〕

大阪にあるスケートショップ「小杉スケート」のエッジ研ぎの職人、田山さんに関する記事です。

関西を起点にするスケーターは田山さんにエッジ研ぎをお願いする方が多いのでしょうね。高橋大輔選手、町田樹選手、村上佳菜子のエッジも田山さんが研がれているのだそうです。

関東にはアイススペースの坂田さん、関西には小杉スケートの田山さん、東北にはNICEの吉田さんと、日本には優れたエッジ研ぎの達人がたくさんいます。

しかも、みんな地域がばらけているので、どの地方のスケーターも腕の良い職人さんにエッジシャープニングを依頼できます。

郵送でも受け付けているところもありますしね。

私のような超初心者のスケーターですら、エッジを研いでもらった前と後では滑る具合が違うのが分かります。ましてやオリンピックに出るような選手にはエッジの状態は演技の出来に大きく影響するでしょう。

現在の強い日本のフィギュアスケートは、もちろん選手の才能と多大な努力が生み出したものですが、こうした優れた研磨職人さんがいることも日本フィギュアスケートを支える一因なのかなーと思いました。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

タグ:フィギュアスケート

0 Comments

Leave a comment