スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金の貯まる人の習慣 

いよいよ来月から消費税が8%に増税ですね。

家や車など大型の買い物をする方は3%の増税の影響は大きいですよね。私はそんな大物の買い物予定はありませんが、犬のフードや化粧水などは3月中に買っておきました。

この増税により、一般家庭(といっても何人家族の事か分かりませんが)で年間十数万円支出が増えるのだとか。お金の使い方を見直す必要があるかもしれません。

ちょっと古い記事ですが、こんなものを日経新聞のサイトで見つけました。

「なぜかお金が貯まる人」の“貯め習慣”~年収差は30万円、なのに貯蓄は380万円差

それによると、お金を貯めるのが上手な人は次のようなことを実践しているそうです。

・貯蓄用、生活費用などと、目的別に預金口座を分けて管理
・ペットボトル飲料を買わずに水筒を持参
・交通費節約のために歩く
・毎月一定額を貯蓄している
・手数料のかかる時間に銀行ATMを使わない

一方、貯めベタな人は、次のような行動をしているのだとか。

・目的別に口座を分けていない
・予算を立てずに何度もお金を引き出している
・各種の明細をチェックしていない
・年会費のかかるクレジットカードを持っている

なるほどな~と思いました。

私は交通費節約のために歩いたり、水筒を持参したりはしていませんが、手数料のかかるATMは使いません。手数料のかかる時間に使わないということではなく、ATM手数料のかからないネット銀行を利用しています。

クレジットカードはメインで使っているのは楽天カード。楽天カードは年会費無料な上に、たまったポイントを楽天市場で使えるので、犬のフードを楽天市場で買っている私にはとっても便利なカード。

年会費のかかる松屋のクレジットカードも持っていますが、松屋で洋服をよく買うので、カード会員割引と相殺すると手数料分以上に得しています。

コンビニを多用したり自炊をあまりしないとお金がたまらないとも言われますが、うーん、コンビニはそれほど利用しないけれど自炊も毎日というほどでもない。混雑が嫌いなので絶対バーゲンでは洋服を買わない・・・。

こうしてみると、私の行動はどちらかというと「お金が貯まらない人」に当てはまるのか・・・。

一方、お金が貯まる(というより減らない)行動も多いのかも、と思ったり。

この年になると、仲の良かった友人はどんどん結婚していき、独身の友人が減ってくる。この年まで働いている独身の友人たちは仕事が忙しい人が多いので、平日夜に食事に行く、ということが30代前半のころと比べるとグンと減りました。

食事をしようということになっても、あちこちのファンシーなレストランに行くよりは、デパ地下でおいしいお惣菜とケーキとワインを買ってきて、うちで飲もう!ということになり、とってもリーズナブル。

若いころより所有欲が減ってきたので、買うときは質が良くて高いものを買うけれども、数をたくさん持たないので結果的にはお金を使わないということになったりします。

みなさんはなにか節約術とか、お金が貯まる行動をしていますか?

余談ですが、上記の「ファンシー」という言葉。カタカナで「ファンシー」というと、「かわいらしい」という意味のイメージがありますよね。でも、英語のfancyは「派手な」とか「高級な」といった意味です。

よく、"fancy restaurant"という表現が出てくるのですが、「かわいらしいレストラン」ではなく「高級レストラン」という意味で使われています。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事

タグ:お金

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。