ソチオリンピックフィギュアスケートエキシビション 

いよいよソチオリンピックも大詰め。フィギュアスケートのエキシビションをNHK BS1で生放送で観ていたので今日も寝不足・・・。

エキシビションは選手がリラックスして楽しそうに演技するので観ていて良いですね!そして、観ているこちらも緊張せずに観られるので体がラク・・・。

高橋大輔選手と浅田真央選手はやっぱりペアでしたね。

羽生結弦選手はアデリナ・ソトニコワ選手と、そのあとにはユリア・リプニツカヤ選手ともペアになって滑っていました。なんというか、パトリック・チャン選手と違ってエスコートの仕方がぎこちないというか腰が引けてて微笑ましい。

CBC Sportsかどこかの海外のテレビ局の放送で羽生選手とリプニツカヤ選手がペアになって踊っているところが写ったのですが、羽生選手のぎこちなさ?初々しさ?が微笑ましかったのか、アナウンサーが「フフフッ」って笑っていたのが印象的でした。

パソコンからだとYouTubeが国設定の問題でうまく再生できないのでリンクを貼れないのが残念。

エキシビションの演技はどれも素敵でしたが、私の中でのエキシビションメダルは次の通り。

金:ハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)
銀:町田樹選手(日本)
銅:カーステン・ムーア・タワーズ選手/ディラン・モスコビッチ選手組(カナダ)

しっとり美しい曲の演技もいいのですが、オリンピックはフィギュアスケートファンではない人もたくさん観ているので、ノリノリだったりコミカルな演技の方が盛り上がりますよね。

フェルナンデス選手のエキシビションはフィギュアファンにはおなじみで、盛り上がること間違いないのですが、ファンの間で話題になるのが「今回は誰が水かけ役をやるのだろう」ということ。

フィギュアスケート観戦歴の短い私は、長く同じ人を見続けているとこういう楽しみ方もあるのかー、と新たな楽しみを見つけた気持ちです。

そして、羽生選手の「White Legend」はやっぱり美しかった!ファンの間では「白鳥というより鶴っぽい」と言われたりしていますが、美しいことには変わりはないです。

「White Legend」はもともとは試合で滑る競技用のショートプログラム。試合以外にもエキシビションやショーで滑っていますが、私のお気に入りは、2012年世界選手権のエキシビション。この大会は照明も幻想的でとてもきれいなんですよ。

ああ、これで本当にソチオリンピックが終わってしまったー。次は3月に埼玉で行われる世界選手権。今回望む結果を得られなかった選手の皆さんも、次の試合でまた頑張ってほしいなと思います。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事

タグ:フィギュアスケート エキシビション ソチ五輪

0 Comments

Leave a comment