最近の記事


大津袋の濃茶のお稽古
今日は年内最後の風炉でのお稽古でした。

今回は久々のお濃茶のお稽古。初めての大津袋を使ったお点前でした。

大津袋は中に棗を入れて行う縮緬で作った袋。

お仕覆が大津袋になっただけで、いつものお濃茶のお点前とそれほど変わりません。

が、棗を使っているので薄茶のようなお点前をしてしまいがち。

四方捌きをしなくてはいけないし、棗を拝見に出す前に清めるときも、袱紗を握り込んではいけない。

ボーッとしてると、ついついそれを忘れそう。

大津袋の扱いは人差し指と中指で挟むようにして向きを変える、というのも忘れてしまいそう。

次回からは炉のお稽古。…覚えてるかな…。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事


テーマ:茶道 - ジャンル:学問・文化・芸術














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: