最近の記事


山川の教科書で世界史を復習
私は大学受験時に日本史を専攻したので、学生時代の世界史の勉強はかなりお粗末なものでした。

大人になってから世界史の本を読んだりたので、学生時代よりはましだとは思うのですが、興味のある国の本ばかり読んでいたのでどうしても知識に偏りが・・・。

世界史を知っているのと知らないのでは、海外旅行に行った時の楽しさが全然違います。

これは一度基礎から勉強したほうがいい、と思っていたのですが、重い腰をようやくあげてこんな本を買いました。


世界史の教科書、『詳説 世界史B』。

歴史と言えば山川、山川といえば歴史、の山川出版社の定番教科書ですね。学生時代に使っていた日本史の教科書も山川出版社でした。

昔の教科書より紙質が良くなったような気がします。

まだ読み始めたばかりですが、昔世界史を勉強していた時と一番違うのは、世界がぐんと身近になったこと。

行ったことのある国の記述があったり、行ってみたいと思えば行けるお金も行動力もある。学生時代の世界史はたんなる「勉強」でしたが、今学びなおす世界史は現実世界とつながっているんですよね。

ところで、山川出版社からは『もういちど読む山川世界史』という、大人向けの世界史の本が出ています。そちらの方はモノクロだそうで、分量も少ないそう。しっかり世界史を復習するなら教科書のほうがよさそうです。

あと、私は『詳説 世界史B』をAmazonで買ってしまったのですが、金額は1,850円でした。でも、町の教科書取扱い書店や山川出版社のHP(要送料)などで購入すると半額くらいだそうなので、Amazonで買わないほうがいいですよー。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事


テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

ななし
教科書は買う前に知りたっかです
歴史はよく見る本やドラマや漫画など背景を知ると面白いですよね
2013/11/04(月) 19:05:02 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>ななしさん
背景を知らないとなんのことだか分からない時もありますもんね。学生時代にもっと勉強しとけばよかったー!とつくづく思います。
2013/11/06(水) 00:21:10 | URL | [ 編集]













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: