スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『媚びない人生』 

少し前に読んだ本。


媚びない人生』。1,365円也。

著者は韓国の方で、慶応義塾大学で准教授をされているジョン・キムさん。「自分を信じ、自分らしく生きる大切さ」について書かれています。

書かれていることは奇をてらったことではないのですし、同じようなことを言う人・書く人は他にもいると思うのですが、この本はとても分かりやすくて心に響きます。

それは、この本はもともと、著者が自分のゼミの学生が卒業する時にはなむけとして贈っている言葉が元になっているからかもしれません。「伝えたい」という気持ちが強く伝わってくるんですね。

私が特に気に入っていている項は「他者の目を気にしない。評価を過大評価しない」というページ。一部抜粋すると・・・。

自分を信じる力を最も阻害するのは、実は他者の目だ、ということである。他者の目を気にすればするほど、自分を信じる力は減じていく。他人のモノサシで自分を見つめ、自分を責めていくようなことばかりになっていく。

・・・中略・・・。

だからこそ私が伝えたいのが、向き合う相手を代えることである。8割、社会や他者、家族などの外に向いている視点やアテンションを、自分に向けるのだ。

・・・中略・・・。

そうすれば、自分が考えていることは、ほとんどが自分の問題として受け止めることができる。他者や外の環境に振り回されない確固たる自分の核を作ることができる。

そもそも他者の評価はそれほど優れたものなのだろうか。バッハやゴッホなどの優れた芸術家たちも、彼らが生きている間にはほとんど評価されなかった。他者の評価とはその程度のものでしかないのだ。

社会で働いていると、どうしても他人の評価が気になってしまいますが、そんなときにはこの本を読み返し、周りの評価に振り回されすぎないようにと思い直します。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事

タグ:

- 2 Comments

さや  

はじめまして

今回ご紹介してくださった本、購入しようと思います。
私自身がいくつになっても自己評価が他者評価で惑わされ
悩むことが多々。今もそうです。

何が自分にとって大事なのか、再度見つめ直そうと思います。

ありがとうございました。

あなたのブログ、最近時々読ませていただいていますが
興味深いです。また来させていただきます。

感謝を込めて。

2013/03/17 (Sun) 15:09 | EDIT | REPLY |   

ちえぞう  

>さやさん
はじめまして!コメントありがとうございます(^^)。いい本なので、ぜひ手に取って何度も読んでもらえたらと思います。

2013/03/26 (Tue) 22:26 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。