スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle Paperwhiteが届きました 

11月に発売になったものの、品薄ですぐに手に入らなかったKindle Paperwhiteがようやく我が家に届きました。

kindle paperwhite
Kindle Paperwhite。7,980円也。

発売当初の価格は8,480円だったのですが、いつの間にか値下がりしたようで、Amazon.co.jpから「値下げしまーす」というメールが届いていました。

楽天が同時期に「kobo glo」という7,980円の低価格電子書籍デバイスを発売したのに対抗したためなどと言われていますね。

さて、今まではアメリカのAmazonから購入したKindle KeyboardとKindle Touchを使っていましたが、Kindle Paperwhiteは過去のものに比べて画面がキレイになりました。

バックライトも内蔵されて、暗いところで読むのも格段に楽。ただ、Kindle Touchにはあったホームボタンがなくなってしまい、ちょっぴり使い勝手が悪くなったかなーと思います。

それでも、英語の本も日本語の本も一つのKindleで読めるようになったのはとても便利です。

特にこの軽さと薄さは海外に行くときに重宝しそう。今までの海外旅行や海外出張では、日本語の文庫本を数冊持って行っていたのですが、これからはkindleだけで十分です。

あとは早く品揃えが豊富になるのを待つばかり。新刊だけでなく、紙の本では需要が薄くて絶版になってしまったような本を電子化してほしいなーと思います。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

関連記事

タグ:電子書籍 kindle

- 2 Comments

M  

参考になる記事、ありがとうございました

初めてコメントします。前から、よく拝見させていただいています。
新聞と文庫本が大好きな、超アナログな私ですが、
絶版になって手に入りづらい本の著者が、「順次電子化する予定」をいうことを聞き、
電子書籍に興味を持ちました。
この記事は大変参考になりました。どうもありがとうございました。
これからもブログを楽しみにしています。

2012/12/24 (Mon) 09:03 | REPLY |   

ちえぞう  

Re: 参考になる記事、ありがとうございました

>Mさん
はじめまして!コメントありがとうございあす(^^)。紙の書籍もいいところがあるし、電子書籍も便利だし、ケースに応じて使い分けて行くといいですよね。私は小説やサイエンス関係の本は電子書籍で読みたいですが、業務関係の本は紙で読みたい派です。

2012/12/30 (Sun) 09:04 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。