スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヤなことは口に出してはいけない 

「イヤなこと、愚痴の類は口に出してはいけない。日記に書いてもいけない。」

私が実践したいと思っていることです。

これは、「愚痴を言ってばかりでは心が荒れる」という精神論で言ってるのではありません。

ちょっと話が飛びますが。

このブログを読んでくださっている方の中には、英語の勉強をしている方も多いのではと思っています。

語学の勉強ってどのレベルになっても「暗記」から離れられません。初級のうちは文法も単語も熟語もすべてが暗記ですし、上級になってもいつまでも知らない表現が出てくるのでやっぱり暗記。

単語を覚えるには、何度も口にだして復唱したり、紙に書いたり、それを読み返したり、ということをしますよね。

記憶には短期記憶と長期記憶の二種類があり、何度も何度も声に出したり文字にしたり読んだりを繰り返して、長期記憶に刻まれてようやく「覚えた!」と実感できるものなんです。

言ってみれば、草原に道を作る感じ。はじめは草ぼうぼうで草原をつっきるのに時間がかかりますが、何度も同じルートを通ると、だんだん草がなぎ倒されて、そのうち道になり、簡単に通り抜けることが出来ます。

頭の中の情報もそんなイメージで、何度も何度も同じことを繰り返し見聞きするうち、スムーズに情報が流れるようになるんですね。シナプスのつながりが強化され、覚えた単語の意味を簡単に思い出せるようになります。

で、話は「イヤなこと」に戻り。

イヤなことを思い返したり、愚痴を繰り返したり、日記に書く。こういうことは、英単語を覚えるために復唱したり読んだり書いたりするのと同じなんですね。

会社であったイヤなことを家でまた思い出して、それを家族や友人に言って、日記に書いて・・・を繰り返すと、イヤなことが長期記憶に刻まれて、記憶が強化されて簡単に思い出すようになってしまいます。

わざわざ自分から「イヤなこと」の記憶を強化するなんて、しない方がいいに決まってます。自分の気持ちを軽くするのも重くするのも自分次第ということです。

とはいえ、やっぱり時には愚痴を言いたくなることもありますし、実際言ってしまうこともありますけれどね。

言うは易く行うは難し、です(^^;。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

関連記事

タグ:心の持ち方

- 4 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/08/22 (Wed) 21:41 | REPLY |   

やっこ  

とってもスッキリしました。
私も30代独身でいろいろ考えたり悩んだり凹んだりたまに笑ったり気が付くと一人でグルグルもがいています。
仕事を一生懸命頑張っていると愚痴を言いたくなることが当然のように繰り返しあります。
今まで嫌なことがあると帰宅中、食事中、寝る前、出勤時、など繰り返し考えてばかりでした。自分で記憶を覚えてしますように唱えていたんですね。
スッキリしました!!ありがとう☆
いつかマンション買えたらいいな~♪

2012/08/28 (Tue) 21:15 | EDIT | REPLY |   

私  

なるほど。いつもこのブログ拝見しています。
マイナスな事を繰り返すと余計マイナスになるのですね。
そういえば、私も悩みがあったりすると、ともだちに電話してしまったりしますが、その事により、後で後悔してしまったりします。
自分で悶々とするのが嫌で吐き出したいと思いながらも、電話する事により、結果よかったといつも思えません。
他に気分転換したほうが賢いかもしれませんね。

2012/09/01 (Sat) 14:23 | EDIT | REPLY |   

ちえぞう  

Re: タイトルなし

>非公開コメントくださった方へ
そうそう!暗記ものは繰り返しがキモですよね。英単語の暗記は繰り返し、イヤなことは一回で流す!を目標にお互いがんばりましょう!

>やっこさん
30代お一人さまはいろいろ思い悩むこともありますよね。イヤなことがあったときは、理想のマンションのチラシを切り抜きして気分転換してください(^^)。私は昔、よくマンションのチラシを切り抜いて新居の妄想をしていました。

>私さん
なかなか気分を切り替えるのは難しいですが、思い返して何度もイヤな気持ちになるのは自分が損!と割り切れるようになるといいですよね。私もまだまだですが、お互いがんばりましょう!

2012/09/17 (Mon) 00:08 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。