最近の記事


『真木栗の穴』
真木栗ノ穴』という映画のDVDを観ました。


2008年10月18日公開作品。

あらすじ:
売れない小説家の真木栗勉は、古いアパートで小説を書く日々を送っていた。ある夜、彼は部屋の壁に二つの「穴」がある事に気付く。真木栗は官能小説の執筆を依頼される。隣の男が女を引っ張り込んで、情事に耽る様子を覗いては小説のネタにしていた。ある日、彼はアパートを見上げている美しい女を目にする。どうやら部屋を探しているようだ。隣室宛の荷物を預かった真木栗は、反対側の「穴」を覗いてみた。すると、あの女が…。

山本亜紀子さんのホラー小説『』が原作の邦画です。

最初の方はホラーの雰囲気は全くないのですが、主人公の真木栗(タイトルの「真木栗」は主人公の苗字)がだんだん狂気を帯びてきて、その理由が分かってくるという・・・。

観ててドキドキしてきます。

そして最後、主人公の真木栗はやっぱりそうしちゃうのか・・・、と、怖いけれど納得の結末。

主演の西島秀俊さんの演技が鬼気迫っていてすごくよかったです。近頃は連続ドラマに多く出演されていてイケメン俳優という範疇に入るのでしょうが、こういう個性的な役を演じられるとピカイチだなーと思いました。

面白かった。Amazonのレビューを見ても評価高いですね。好き嫌いが別れる作品だと思いますが、私の評価は星★★★★!

にほんブログ村ランキングの応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

↓ついでにコチラも・・・。
ライフスタイル ブログランキング

関連記事


テーマ:邦画 - ジャンル:映画














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: