最近の記事


究極の英語学習法 K/Hシステムの続編
今年1月に『究極の英語学習法 K/H System 入門編』という英語のテキストを購入しました。通訳養成講座でも使われているシャドーイングの手法を用いて英語力を強化するというトレーニング法の本です。

タイトルに「入門編」という文字が含まれているので騙されて(?)しまいそうになるのですが、決して英語入門者向けの本ではありません(><)。

Amazonのレビューに「初心者には困難な作業です。本書は、中級者以上の本であることを認識しました」というのがあるのですが、その通り。

もともとの英語力がある程度ないと、シャドーイングですぐにくじけてしまうと思います。その人のやる気にもよるのでしょうが、たぶん、TOEIC730点以上はあった方がいいんじゃないかと。

それ以外の人は、以前紹介した『みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング』の方がいいと思います。

1月に買ったもののあまり手をつけていなかったのですが、ここ最近、ボキャブラリービルディングと共に、このトレーニングを一生懸命やっています。すると、効果が出てきました。

前置詞や複数形のsなど、弱く発音される部分まで細かく聞けるようになりましたし、細部まで気を配ってリスニングする癖がついてきました。また、シャドーイングで口を動かしているので、英語をよりスムーズに話せるようになってきた感があります。

ただ、シャドーイングを一生懸命するとかなり疲れます。テキストでは4分のスクリプトをシャドーイングするのですが、続けて行うのは2回が限界・・・。時間的には2回行っても8分なので、朝と夜に2回ずつシャドーイングをしています。

効果がでてくるとうれしいですよね。このK/Hシステムには続編があるので、それらも買って長く続けようと思います。

究極の英語学習法 K/Hシステム 入門編ワークブック
究極の英語学習法 K/Hシステム 入門編ワークブック』。1,995円也。

究極の英語学習法 K/Hシステム 発展編ロジカル・リスニング
究極の英語学習法 K/Hシステム 発展編ロジカル・リスニング』。2,625円也。

ある程度英語力があって、そこから伸び悩んでいる人にはオススメ。特に、TOEIC800点台をなかなか抜けられないと悩んでいる人は、このトレーニングを行うとリスニングセクションの点数がアップすると思います。

K/Hシステムでのトレーニングでは、自分のシャドーイングの声を録音することが必須です。昔懐かしいカセットレコーダーを使ってもいいですが(そんなの持ってる人はもういない?)、ICレコーダーを使う方が便利だと思います。

オリンパスICレコーダー VoiceTrek
私のICレコーダー、オリンパスのVoiceTrek V-13。

本体にUSB端子が内蔵されており、PCにつないで音声を取り込むことができます。シャドーイングの音声を保存しておけば進歩が確認できるのでやる気につながるかも。

V-13はかなり古い機種なのでファイル形式がWMAだけなのですが、現行モデルのVoiceTrek V-65VoiceTrek V-75だとMP3形式でも保存できるので、iPodで聞くことができます。

VoiceTrek V-65は6,000円ちょっとで価格がお手頃、VoiceTrek V-75は9,000円弱ですが乾電池だけではなくUSBから充電も出来るので便利。もしICレコーダーを買うならUSBでパソコンにつなげるタイプが便利ですよ。

それにしても、自分の声を聞くというのはけっこう苦痛です(^^;。

にほんブログ村ランキングの応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

↓ついでにコチラも・・・。
ライフスタイル ブログランキング

関連記事


テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

すのこ
はじめまして。
一年くらい前からちえぞうさんのブログを覗いていました(^^)
K/Hシステムをまじめにしている人がいたなんて!と思い、はじめてコメントします。私も数年前(もしかして10年近く前?)に、入門編をしました。多分200~300回はシャドーイングしたと思います。let me talk about...っていまでも暗誦できるかも?!
ワークブックと発展編の感想も楽しみにしています。
2011/05/21(土) 11:55:37 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>すのこさん
K/Hシステム仲間ですね~。そうそう、何度も何度もシャドーイングしていると、"Let me talk about..."が頭から離れなくなりますね(^^;。私もシャドーイングというより文章を覚えちゃいました!
2011/05/21(土) 23:32:50 | URL | [ 編集]













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: