スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グロービッシュはビジネスに有効か? 

最近、「グロービッシュ(Globish)」という言葉をよく聞くようになりました。

Englishに対し、Globishは「英語が母語ではない人々のために、語彙数を制限し、基本的構文だけを用いて考案された平易な英語」とのこと。だいたい1500語くらいの語彙を想定しているようです。

今の世の中、英語を話す相手が英語圏の人とは限りません。ビジネスでは難しい表現など必要なく、グロービッシュ、もしくは基本の1500語さえ覚えればOK、といった内容の雑誌なども見かけます。

私はこの考え方には半分は賛成。実際今まで仕事で英語を話した相手は、アメリカやイギリス人より、ドイツ人やフランス人、中国人やタイ人など、ネイティブでない人の方が多いです。

誤解を生まないような理解しやすい表現になるように気をつけますし、内容が複雑な時は長い文章ではなく箇条書きにするなど、完全なグロービッシュです。

ただ問題は、相手もグロービッシュで1500語の単語と基本的構文のみで話してくれるとは限らない、ということなんですよね。

ネイティブはこっちの母国語が英語でないことなどおかまいなしにベラベラ話しますし、ノンネイティブもアメリカの大学を卒業していたりするとサラ~っと難しい単語や表現を使ってきます。

相手の話している内容が理解できなければコミュニケーションにならないので、やっぱり基本的構文と制限された語彙数しか身についていなければ、片手落ちだと思うのです。

そんなわけで、Excel VBAでファイルまで作って、地道な英単語の暗記を続けているのです・・・。

ところで、英単語暗記用のExcelファイルを更新しました。

ボキャブラリー表 version2.0

バージョン2といっても大した変化はなく、英語と日本語の入力欄を非表示にできるボタンを追加しただけですが・・・。

私の単語の覚え方ですが、本や新聞などで分からない単語を調べた際、すぐにはExcelに入力しません。まず、ノートに調べた英単語のみを書いていきます。日本語訳は書きません。

そして、すこし時間が経ってからノートに書かれた英単語をExcelに入力していくのですが、この時に日本語訳を一緒に入力します。

英単語が書かれたノートには日本語訳が書かれていないので、意味を覚えていないものはもう一度辞書を引くことになります。二度手間のようですが、この一手間で記憶の定着が良くなります。

昨日のブログにも書きましたが、エビングハウスの忘却曲線によると記憶してから20分後には42%を忘れてしまうそうです。

最初に単語を調べた20分後にExcel入力をすると効果的、ということになりますね。といっても、実際は昼間調べたものを夜入力するなど、時間が開いてしまうことも多いです。

にほんブログ村ランキングの応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ

↓ついでにコチラも・・・。
ライフスタイル ブログランキング


関連記事

タグ:英語 暗記 英単語

- 2 Comments

keisuke☆  

「英単語暗記法」参考になります、正直なかなか自分からは取り組めていない部分だけに出来ることからやるのもいいかと思っております。
記憶の構造などの事柄も挙げての説明は素直に受け入れることができて前向きな勇気が出ますねw

まともに英語を理解もしない状態ですが専門書は読むことが多いので早く全貌を理解できるレベルになりたいっ

余震と言えない大きな余震が続いておりますが
どうぞお気をつけてお過ごしください。

2011/04/13 (Wed) 22:56 | EDIT | REPLY |   

ちえぞう  

>keisuke☆さん
参考にして頂けたらうれしいです。毎日単語の暗記を続けていると、勉強を続けているということ自体が自信になって、リスニングや文法の勉強などにも弾みがつくと思います。
このごろ余震が多いですよね。keisuke☆さんも気をつけてくださいね。

2011/04/14 (Thu) 13:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。