fc2ブログ


自炊ファイルを作ってみました
Kindleで読む自炊ファイルを作ってみました。自炊ファイルとは、書籍を裁断してスキャンし電子化したファイルのことです。

本を裁断する機械を持っていないので、キンコーズの裁断サービスを利用しました。厚みが1cm以内の本1冊につき105円とのことですが、ちょっと1cmを超えていた本もサービスで105円でやってくれましたよ。

次に、以前購入した富士通のScanSnap S1500でファイルを取り込みます。

最後に、Adobe Acrobat(ScanSnapに付属しています)でファイルサイズを圧縮。元のファイルの10分の1くらいまで圧縮することも可能です。

とりあえずお試しなので、単行本と文庫本を一冊ずつ自炊ファイル化してみたのですが。

うーん。文庫本はまあまあ読めるのですが、単行本は字が小さくなって読みにくいですね。もう一回り大きいKindle DXだったら十分読めるサイズなのかもしれません。

Kindleで自炊ファイルを読むのは無理があるのかなー。Kindleで読みたいのはどちらかというと単行本なんですよね。

Wordで作ったファイルはKindleに合わせて変換されるので、便利なんですけどねー。

今の時点での私のKindle利用方法は下記のような感じです。

日本語と英語の職務経歴書をKindleに入れておいて、電車を待っているときなどスキマ時間に面接対策をしています。面接を受ける会社の企業情報なども、企業のHPからWordにコピペしてKindleに送ります。

tomokoさんの真似っこをして、料理のレシピも入れて。

厚生労働省が発表する毎月勤労統計調査のPDFファイルなども入れておき、現在無職とはいいつつ一応仕事関係の情報はアップデート。

calibre(電子書籍管理ソフト)でイギリスのThe EconomistとNewsweekを読んで。

AmazonのKindleストアからは"100 Ways to Motivate Yourself"という電子書籍を購入してみました。平易な英語で書かれているので読みやすいですよ。

何か他にKindleの面白い使い方がないかなーと模索しているのですが、オススメの方法などがあったら教えてください!

にほんブログ村ランキングの応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事


テーマ:Kindle - ジャンル:コンピュータ

oldzooey
calibre便利ですよね。ぼくも大活用してます。Kindleは読書が楽しくなりますよね。自炊といえば、電子ブックの自家製本をSigilってソフトで作って、calibre経由でKindleに入れて楽しんでます
2011/03/25(金) 22:39:38 | URL | [ 編集]













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
ちえぞうさんのブログで、単行本を自炊すると、字が小さくてちょっと読みにくいという記事がありました。 そうなんです、私も自炊して、「うーむ」と思いました。 だけど、よく比べてみたら、単行本の余...
2011/02/11(金) 14:31:53 | こころからだあたま。