fc2ブログ


インターネット上のニュースをKindleで読む方法
近頃Kindleの話題ばかりですいません(^^;。いろいろと使い方を試しているところなのです。

そして、いいものを見つけてしまいました!calibreという電子書籍管理ソフト。無料のソフトウェアなのですが、とっても便利。

インターネットで配信されている新聞や雑誌などのサイトの記事を、RSSを利用して、Kindleで読めるmobiという形式に変換してくれるんです。

これを使えばKindle版が販売されていないThe Japan Timesや、日本語の時事通信なども読むことができます。

calibreでmobi形式に変換された文書は、USBケーブルで取り込むだけでなく、スケジュール登録をして自動的にKindleにメールで送るようにすることもできるので手間もかかりません。(但し、PCとcalibreが立ち上がっている必要はありますが。)

Newsweek。Indexもちゃんと分類されてる
calibreを使ってKindleに取り込んだNewsweek。有料の雑誌と同じように、きちんとインデックスも生成されます。

有料の雑誌と同じような体裁
各記事の見出しだけを拾って読んでいくことも可能。

時事通信
残念ながら、日本語サイトはインデックスが生成されない。

文字化けしてるー
見出しも文字化け・・・。でも本文はきちんと日本語で読めます。

RSSが分かっていれば、ニュースサイトだけではなく個人のブログも電子書籍に変換できますよ。

calibreのサイトは英語なのですが、インストールは日本語でできます。設定方法はサイトに詳しく載っているので、見ながら行えばたぶんそう難しくないと思います。

TimeやNewsweekもインターネット版が読めるので、これならわざわざ有料のKindle版を購入することもないですね。

にほんブログ村ランキングの応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


メモ:
Kindleで読んでいる雑誌や新聞の購読を中止する方法です。忘れちゃいそうなので備忘録として。

ググってみると、Kindle本体からは購読中止ができないらしい。無料購読中止の方法を難しくして、そのまま購読させちゃおうというAmazonの作戦か!?

ということで、購読中止はパソコンから。

Amazon.comのHomeから"Your Account"にログイン。

②右下の"Manage Your Kindle"をクリック。

③画面下の方の"Your Active Kindle Subscriptions"から、購読中止したい雑誌・新聞の"Cancel Subscription"をクリック。

④画面から雑誌・新聞名が消えれば購読中止が完了。

購読を中止しても、過去にダウンロードした雑誌・新聞は消えずにKindleに残っています。
関連記事


テーマ:Kindle - ジャンル:コンピュータ














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: