『こころの薬』 

こころの薬』という本を読みました。

この本は、精神科医の大平健さんと、だめんず・うぉ~か~の著者である倉田真由美さんとの対談形式で進む、心の病に関する本です。

この本ではじめて知ったのが「心の病にも流行がある」ということ。時代時代によって患者数の多い疾患が違っているのだそうです。

そして、患者数がピークの時は症状も重く、少なくなるにつれて症状も軽くなるのだとか。

その時代の世相、みたいなものが関係しているのでしょうか。ちょっと意外です。

対談の片方が倉田真由美さんであるところからして、堅苦しくなくさらっと読めますが、精神科医がどうやって心の病を診察しているのかなどが分かって興味深かったです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村ランキングの応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキング人気ブログランキングもよろしくお願いします。
関連記事

タグ: 心の病

0 Comments

Leave a comment