FC2ブログ


『今日もていねいに。』
少し前ですが、『今日もていねいに。』という本を読みました。

『今日もていねいに。』

この本の著者は『暮らしの手帖』の編集長、松浦弥太郎さんです。副題が「暮らしのなかの工夫と発見ノート」。

近頃仕事に時間を取られて心の余裕がなく、いつもストレスに追われている感じがしていて、この本のタイトルとまったく逆の「おおざっぱな生活」を過ごしているなぁとひしひしと感じています。

この本には松浦さん流「ていねいな暮らし方」がいろいろと紹介されています。ていねいな暮らし方って人によって違うと思いますが、私がまねしようと思ったのが「足りない病を治す」という章。

「お金がない」と「時間がない」を何があっても口にしない、ということです。

ついつい、忙しいとかやることが多いとか理由をつけて「時間がない」を言ってしまいますが、これからは控えよう。。。聞いていて気持ちいい言葉でもないですしね。

もうひとつは「暮らしの引き算」。増やしたら減らす、という基本ルールです。

以前ブログでも紹介した、1ヶ月に28個モノを捨てる、という習慣を続けてはいますが、何かを買ったら即何かを捨てる、ということはしていませんでいた。

でも、買うたびに何かを捨てれば物が増えることもなく、何かを捨てなければいけないと考えれば、新しい物を買う際にじっくり考えるようになりますよね。物を吟味する訓練にもなるし、エコにもつながります。

少ないものでも楽しく暮らす、身軽なヒトになりたいなぁと思いました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村ランキングの応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキング人気ブログランキングもよろしくお願いします。
関連記事


テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

テツ
昔から上司によく言われてきたのが、時間がないというのではなくて、『時間は作る』ものだと。昨今のOA化、IT化で一人1台パソコンがあてがわれ、社内ランで全てつながっているし、会議召集もPCでメンバー選択して時間指定され、予定時間前になると画面に会議まで10分後などと表示されます。イヤな世の中になりましたねー。
2010/05/25(火) 23:32:27 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>テツさん
クラウド化が進み、家でもどこでも会社のネットワークに入れる時代になり、もはや休日とか深夜とかも関係なくなりましたね。長期休暇中もメールチェックだけはまぬがれず、休みじゃないジャンなどと思います。
2010/06/06(日) 19:47:16 | URL | [ 編集]













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: