年末は助け合い 

年末になると『歳末たすけあい募金』という言葉が聞かれますね。

もともと歳末たすけあい募金とは「ルーツは、第二次世界大戦前から地域の民生委員が中心になって続けている歳末たすけあい運動にあります。これは、年の暮れに生活に苦しんでいる方や、1人暮らしのお年寄りが、明るくお正月を迎えるために何ができるかを考え、支援する活動」だそうです。

なるほど、そういうルーツがあったのですね。

助け合いの精神は年末に限ったことではないですが、クリスマスプレゼントやディナーで使うお金のほんの一部でも募金に回せたら、誰か見知らぬ人を幸せにでき、本当の「サンタさん」になれると思います。

もしお金では無理と思っても、「未投函の書き損じはがき・未使用はがきを活用した支援」というものもあります。

プラン・ジャパン「書き損じはがき・未使用はがきを活用した支援」
赤い羽根共同募金

ほんのちょっとでも人のために貢献して新しい年を迎えられたら、ほんのちょっと幸せな気分になれると思っています。今まで募金やボランティアに興味がなかった方も、自分ができることってあるんじゃないかなーと考えてもらえたらうれしいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村ランキングの応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキング人気ブログランキングもよろしくお願いします。
関連記事

タグ:歳末たすけあい 募金 ボランティア

0 Comments

Leave a comment