fc2ブログ


勉強と製本テープ
[英語] ブログ村キーワード

なんのこっちゃ、という感じのタイトルですね。

英語のボキャブラリーを増やしたり、文法の本を読んだりする時、通勤時間を活用してる方って多いかと思います。

私は電車の中で本を読むと乗り物酔いしてしまうため、通勤時間はもっぱらiPodで耳から勉強なのですが、ちょっとした待ち時間を活用したいので英単語本を持ち歩くことがあります。

が、大概の英単語本や文法本は分厚く、重い。一冊丸ごと持ち歩くのはちょっぴり苦痛です。

そこで私は、表紙をはがして章毎にバラします。こうすると薄くて持ち歩くのに便利。

今まではこの状態で持ち歩いていたのですが、製本テープを使ってまとめれば見た目もきれいで良い、と何かの本で読んだので実践してみました。

製本テープ
製本テープ。400円前後で文房具屋さんで売ってます。

本をバラしたもの
これは『英単語・熟語ダイアローグ1800-対話文で覚える』をバラしたもの。本の縦の長さに合わせて製本テープを切ります。

完成!
製本テープを本の背に貼ります。見た目もきれいですし、止めたホッチキスが表面に出ていないので、バッグの中で何かに引っかかる心配もありません。

この「本をバラす」っていうの、大学の受験勉強でよくやりませんでしたか?私は特に山川の日本史参考書をバラしてました。あの頃は社会人になってまで勉強しているなんて、想像だにしていませんでしたねー。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ ←応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキング ←こちらもよろしくお願いします。

関連記事


テーマ:語学の勉強 - ジャンル:学問・文化・芸術

バジル
こんにちは。
本をバラバラにするって、結構皆さんやっていることなんですか?
私はTOEICの問題集を、問題と回答に分けて持ち歩いたのが初めてで、それまで重い参考書などをがまんして持ち歩いていました。

「本をバラす」のってなんだか申し訳ない感じがしていたけど、改めて考えてみると、勉強の為にとことん使い倒すってことですよね。
買ったまま、手を出していない(笑)単語本などがあるので、早速試してみようかな。
2009/06/08(月) 22:32:00 | URL | [ 編集]
ちえぞう
>バジルさん
バラバラにするの、私は高校生の頃よくやってました。とにかく重いバッグがイヤで、その日電車の中で勉強したい部分だけを持ち歩いていました。
バラすのに抵抗があるかもしれませんが、キレイなままの本が欲しい時、私は同じのを2冊買うこともありますよー。
2009/06/10(水) 00:06:47 | URL | [ 編集]













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL: