TOEIC900点取得勉強法~その5 

[TOEIC] ブログ村キーワード

TOEIC900点取得勉強法~その4の続きです。

その4まではリスニングの勉強法を紹介してきました。その4までの勉強法はリスニングの基礎体力をつける方法。さらにリスニング力を伸ばすためには別の勉強をしていたのですが、それはとりあえず置いておいて、今度はリーディング力アップの勉強法を書こうかと思います。

リーディングに一番必要なのは文法だと私は思っています。TOEICのセクション5・6では語彙問題だけでなく、文法の知識を問われる問題も数多くあります。

また、セクション7では文法問題そのものではないものの、文法力がないと長めの文章の意味がつかめず、読むのに時間がかかってしまいます。「リーディングの時間が足りなかった!」という人も多いですよね。

私はリーディングセクションでは最後10分余らせ、自信がなかった問題の見直しに当てました。

文法を学ぶ目的は、文章を読み解くためのルール・英語らしい英語を書き話すためのルールを身に付けること。文法を軽視したら、ブロークンイングリッシュでしゃべることは出来ても、美しい英語を書いたり話せたりするようにならないと思っています。

とはいえ、文法が重要とはいいつつも、大学受験のように重箱の隅をつつくような細かい知識までは必要ないでしょう。下記の2冊は私の愛用の英文法本です。

英語の文法本2種類
猫に小判、犬に英文法本。

総合英語Forest』と『スコア730をとるためのTOEIC TESTパーフェクト英文法』。左の本は『スコア730点・・・』とありますが、スコアに関係なく使えると思います。

よく「テキストは1冊とじっくり付き合う」と言われますよね。これはあくまでも私見ですが、私は1冊ではなく2冊使うのがいいと思っています。

1冊だけだとよく理解できないところやすんなり頭に入らない箇所があっても、2冊読み比べるとストンと腑に落ちるということがよくあるからです。

でもどちらか1冊、というのなら、Forestの方がカラーでイラストも入っていて分かりやすいかなーと思います。

英文法の本はなんども繰り返して読み、自然に英文を読めるようになるまで身に付けることが大事です。私はちょっと時間が空いたときにパラパラッと1~2章読んだりして、文法を忘れてしまわないようにしています。

その1」で紹介した『だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法』のメソッドで勉強すれば記憶の定着も早くなると思いますよ。

TOEIC900点取得勉強法~その1
TOEIC900点取得勉強法~その2
TOEIC900点取得勉強法~その3
TOEIC900点取得勉強法~その4

現在6位です~。応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

こちらもよろしくお願いします。
人気ブログランキング
関連記事

タグ:英語 TOEIC 英文法

2 Comments

hagi  

はじめまして。hagiといいます。
英語勉強法の記事、とても参考になります。
(最近、会社が外資企業と合併したので。。。)
スコアは500点ちょっとなので、ちえぞうさんとはレベルはだいぶ違いますが(^^;近づけるように努力中です。
これからもブログ楽しみにしています!

2008/02/23 (Sat) 01:08 | REPLY |   

ちえぞう  

>hagiさん
はじめまして!コメントありがとうございます(^^)。
TOEIC900点を取ること自体は、きちんと勉強すればそれほど難しいことではないと思います(英語がペラペラになるのは難しいですけれど・・・)。
お互いがんばりましょう!

2008/02/23 (Sat) 11:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment