最近の記事


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
羽生結弦選手の真っ赤なCM
羽生結弦選手が出演するガーナのCMが9月2日から放送されています。

(そのはず。でもまだテレビで流れているのを見たことがない。)

ガーナ 羽生選手のキモチ篇 CM30秒
ガーナ 羽生選手のキモチ篇 CM15秒
ガーナ 羽生選手のキモチ篇 CMメイキング
ガーナ 羽生選手のキモチ篇 羽生選手インタビュー

このCMが始まったころは羽生選手ファンはキャイキャイ言っていたものですが、今は羽生選手の怪我を心配して沈みがち。

でもファンが暗くなっても事態は変わるわけではないですからね。

せめて明るいオーラを送れるように、羽生選手の強運を信じて元気になるのを待つのみです。

さて、話は変わって自分が滑るフィギュアスケート。

先日個人レッスンを受け始めました。

細かく見ていただけるのでとってもいいです。

レッスンのとき、コーチに「バックのアウトエッジに正しく乗れていない」と指導されました。特に右足。

はい、大の苦手です・・・。

ちなみにバックのアウトエッジというのは、エッジ(スケートの刃)を体の外側に傾けて後ろ向きに滑っている状態のこと。

自転車で走っていてカーブを曲がりたいとき、曲りたい方に自転車を傾けますよね?

それと同じで、フィギュアスケートではエッジを傾けた方にカーブして曲がっていきます。

スケートをしない方でも想像していただくと分かると思うのですが、体の内側にエッジを倒す(右足で滑っている場合は左側に体を傾ける)より、体の外側にエッジを倒す(右足で滑っている場合は右側に体を傾ける)方が怖いです。

右足で滑っているとした場合、体の内側にエッジを倒して(左側に体を傾けて)バランスを崩しても左足で支えられますが、外側にエッジを倒して(右側に体を傾けて)バランスを崩したら、下手するとそのまま右にスッテーンと転んでしまいます。

コーチにバックのアウトエッジに乗るための練習メニューを教えていただいたので、自主練習の度に練習に励んでいます。

で、このガーナのCMメイキング

動画の1分15秒あたり、羽生選手がトリプルアクセルを着氷し、シャーっと滑っていく場面。

このジャンプ着氷後が右バックアウトエッジ。

ジャンプする前も右バックアウトエッジで滑ってきています。

ここの部分を何度も観ては「かっこいいなぁ・・・」とため息をついています。

一時停止を繰り返してみたり。

試合だと着氷後すぐに次のステップに入ってしまうため、右バックアウトエッジでずっと滑っているシーンを見られることってあまりないのですよね。

こんなレベルには当然なれませんが、イメージを持つことは重要!

あと、試合では音楽がかかっていてなかなか聞くことのないエッジが氷を押す音も聞こえます。

「ゴリッ」という音がカッコいい!

バックの右アウトエッジを練習しているとき、私の頭の中ではこの笑顔の羽生選手が滑っています。

次の試合(中国杯も欠場の可能性があるそう)でこのCMのような笑顔の羽生選手が見られますように。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

iPhoneもiOS 8にしてみたら
iPa miniをiOS 8にしてそれほど不調もないと思ったので、iPhoneもiOS 8にアップデートしました。

ところが不調がありましたー( ; ; )。

Wi-Fiの接続速度が遅くなったと感じるのです。

うちの無線LANの機械が悪いのかとも思ったのですが、ググってみたらやっぱりiOS 8のせいらしい・・・。

【iOS 8】Wi-Fiの接続が不安定・通信速度が遅いときに試したい対処法

リリースされたばかりのiOS 8.0.2にしてみても状況は改善しません。

iPhoneユーザーの皆さま、まだiOS 8にはしない方がいいと思いますよ。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

モスクワ半日市内観光~アエロエクスプレスでシェレメチェボ空港へ
モスクワ半日市内観光~モスクワでお買い物♪の続きです。

ベラルースカヤ駅に着いたらあまり待たずに出発するアエロエクスプレスに乗れました。

20140902-65.jpg
シェレメチェボ空港に到着~。(クリックすると拡大します。)

20140902-92.jpg
シェレメチェボ、はこう書きます。(クリックすると拡大します。)

20140902-66.jpg
こんな自動販売機がありました!(クリックすると拡大します。)

日本のダイドーの自販機。日本の自動販売機の機械そのままですね。日本品質=いいもの、というイメージはロシアでもあるようですよ。

20140902-67.jpg
カートに入っているワンコ発見。(クリックすると拡大します。)

20140902-68.jpg
後ろからコッソリ写真を撮っていたら目があっちゃった。カワイイ。(クリックすると拡大します。)

ここから、来た時と同じ通路を通って空港の出発ロビーへ向かいます。

20140902-69.jpg
空港ターミナルへの通路にある携帯電話会社の店舗。(クリックすると拡大します。)

これは私が買ったSIMのキャリア、MegaFon(ロシア語表記はМегаФон)です。

20140902-70.jpg
これは何の会社だか分かりますか?(クリックすると拡大します。)

こちらのサイトのキリル文字対応表を参考にすると読めますよ。

20140902-71.jpg
BURGER KINGでした。(クリックすると拡大します。)

20140902-72.jpg
こちらは携帯電話ショップ、Euroset(Евросеть)。(クリックすると拡大します。)

携帯電話のキャリアではなく携帯電話ショップなので、MegaFonの他、ロシアのメジャーな携帯キャリアであるBeeline(БиЛайн)とMTS(МТС)も扱っているはずです。

ちなみに、ロシアでSIMカードを購入した人の体験記などを読んでいると、私が買ったMegaFonよりBeelineをお勧めしている人の方が多いような感じです。でもMegaFonでも特に不便は感じませんでしたよ。

20140902-85.jpg
通路にはこんな不思議な機械。(クリックすると拡大します。)

これは何かというと、Skype専用の電話機なのだそう。ちょっと写真では分かりにくいですが、IDとパスワードを入力する画面が出ています。無料で使えるようでした。

20140902-79.jpg
Rostelecom(Ростелеком。ロシアの電話会社)の広告。(クリックすると拡大します。)

フィギュアスケートファンの方なら、このロゴと名前に馴染みがありますよね。グランプリシリーズロシア大会のスポンサー、試合の名前になっている「ロステレコム杯」の、あのロステレコムです。

シェレメチェボ空港は国際線ターミナルがD、E、Fの3つあります。日本への発着便は一番新しくてキレイなターミナルDを利用します。

空港が広くてターミナル間が離れており、歩くと10分以上かかります。荷物がたくさんあるし、たくさん歩くのは大変!という人のために・・・。

20140902-86.jpg
こういうバギーが空港内を走っています。(クリックすると拡大します。)

たしか一人100ルーブルでした(うろ覚え)。とにかく有料です。

20140902-76.jpg
空港内をウロウロしていたら、こんな光景がちらりと見えました。(クリックすると拡大します。)

ソチオリンピックのマスコットのホッキョクグマが二人ならんで会議中?意外と茶目っ気のあるロシアの空港。

預ける荷物もなくチェックインもすでに済んでいるので、手荷物預け所に預けた荷物を受け取って出国審査に進みました。入国もそうでしたが出国も時間がかかります。急ごうという気がないからですね。

空港の免税店で買いたいものがあるわけでもなし、お茶しながら搭乗時間を待ちます。

以前も書きましたが、モスクワのシェレメチェボ空港はWiFiが無料で利用できます。つながりにくいということもなく、快適に利用できますよ。

20140902-88.jpg
こんなおいしそうなコーヒーがありましたが。(クリックすると拡大します。)

20140902-87.jpg
ここはカロリーを考え、普通のコーヒーにしておきました。(クリックすると拡大します。)

私と同世代の人と話をすると、「学生時代、貧乏旅行でヨーロッパに行くときにアエロフロート航空を利用した」という人が意外と多くいます。

そういう人たちは決まって「モスクワの空港が暗くて狭くてイメージ悪かった」というのです。そう、でもそれは数年前(あるいは数十年前!)のお話。

2009年に新しく建てられたターミナルDは前述のとおりWiFiが無料。ロシアの空港ですがユーロも利用可能。

さらに今年はカフェでもクレジットカードがPINコード入力で使えるようになり(ソチオリンピックの影響かも?)、キレイで清潔、利便性も良いです。

ちょっと狭いという難点はありますが、これがその証拠写真↓。

20140902-90.jpg
ターミナルDの様子。(クリックすると拡大します。)

カメラのせいでちょっと暗く見えますが、実際は総ガラス張りで明るいです。

トランジットでこんなに時間があいて市内に観光に出たのは、他の国も含めて初めての経験。時間がなくてあわただしいかと思っていましたが予想以上に楽しめました。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

フィギュアスケートの個人レッスン
先日、初めてスケートの個人レッスンを受けました。

個人レッスン、とってもよかったです!

スケート教室だけではイマイチ分からなかったいろんな疑問を解決できました。

苦手なものをしっかり見ていただいて、何がダメで何が出来ているのか理解できたのがとても良かった。

すごーく細かく見ていただけるので、一人で自主練習を何時間もするより、30分個人レッスンを受ける方が何倍も早く上手くなると思いました。

もっと早く個人レッスンを受けていてもよかったかも~。

コーチによって個人レッスンの進め方は違うようだし、同じコーチでもこちらのレベルややりたいことによって教えることが違うみたいです。

私の教わっているコーチは、最初に「どうして個人レッスン受けようと思ったんですか?何をやりたいですか?」と聞いて下さいました。

同じリンクで他のコーチに個人レッスンを受けていた方の場合は、何をやりたいか聞かれたことはないらしい。

大勢で受けるスケート教室は、細かくは見てもらえないものの、新しいことを習ったり(スケート教室は他のことが出来てなくても新しいことをやるときもある)、なにより知り合いが増えていくのが楽しいです。

ただ、スケート教室にも通い、毎週個人レッスンを受けてとなると、結構な費用がかかりそう・・・。

スケート教室はそれはそれで楽しいので、やめたくないんですよねぇ。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

モスクワ半日市内観光~モスクワでお買い物♪
モスクワ半日市内観光~赤の広場とグム百貨店の続きです。

グム百貨店のカフェでお茶後、お土産のお買い物に向かいます~。ルンルン。

アホートヌイ・リャト駅(Охотный ряд)の地下鉄入り口から入り、テアトラリナヤ駅(Театра́льная)から緑の5番線に乗り、マヤコフスカヤ駅(Маяковская)へ向かいます。

ちなみに地下鉄のチケットは自動販売機か窓口で購入できます。自動販売機はロシア語が分からないとハードルが高いので、私は窓口で購入。

チケットは1回のみの切符、5回券や10回券などの回数券があります。何度も窓口に並ぶのは面倒なので、私は回数券を買いました。

20140902-44.jpg
テアトラリナヤ駅の案内掲示。(クリックすると拡大します。)

アポストロフィで囲われているのが駅名や場所の名前、それ以外は通りの名前ではないかと予想。(ロシア語の分かる方がいらしたら教えてください。)

20140902-46.jpg
微妙にここだけ英語表記。英語表記と言っても、「出口」と駅名だけなのであまり頼りになりません。(クリックすると拡大します。)

20140902-47.jpg
"Театра́льная"という駅名の表記。(クリックすると拡大します。)

日本の地下鉄のように、どっちに進むかという矢印はついていません。

20140902-48.jpg
車両の中には路線の駅名が掲示されています。(クリックすると拡大します。)

20140902-49.jpg
地下鉄全路線の路線図も貼ってありました。(クリックすると拡大します。)

10分弱でマヤコフスカヤ駅へ到着しました。この駅は構内が美しいことで知られているんだそうです。

ロシアの地下鉄内で写真を撮って警察に注意される、なんていうことをどこかで小耳にはさんだことがありますが(本当かどうかは不明)、あまり気にせず堂々と写真を撮ってきましたよ。

20140902-50.jpg
マヤコフスカヤ駅ホーム。(クリックすると拡大します。)

20140902-51.jpg
天井の照明の一つ一つの近くにこんな装飾が。(クリックすると拡大します。)

20140902-52.jpg
天井にはタイル画。これは戦闘機?(クリックすると拡大します。)

20140902-53.jpg
これは何だろう。水着に見えるので高飛び込み?(クリックすると拡大します。)

20140902-54.jpg
地上に上がるエスカレーター。(クリックすると拡大します。)

このエスカレーター、ものすっごく長いんです。日本だったら3つくらいに分けそうな長さに一つしかエスカレーターを設置していません。うっかりバランスを崩したら下までゴロゴロ~と落ちていきそうでコワイ。

20140902-55.jpg
長いエスカレーターを上ってきたのに、まだ階段を上ります。(クリックすると拡大します。)

20140902-57.jpg
ようやく外に!「マヤコフスカヤ駅」と書いてある(はず)です。(クリックすると拡大します。)

20140902-58.jpg
モスクワの街の様子。地下鉄やバスの他、このようなトラムも走っています。(クリックすると拡大します。)

20140902-59.jpg
これ、なんのロゴだか分かりますか?(クリックすると拡大します。)

サンドイッチのチェーン店、SUBWAYです。

さて、マヤコフスカヤ駅までやって来た目的は、あるオーガニックコスメのお店に行くため。

20140902-60.jpg
ココ!NATURA SIBERICAです!(クリックすると拡大します。)

ナチュラシベリカはロシアのシベリア発で、去年表参道に初出店したオーガニックコスメブランド。

ロシアと言えばマトリョーシカとチェブラーシカですが、それらにはあまり興味がないのでナチュラシベリカへ迷わず直行しました。

コレが噂のオーガニック・コスメ/NATURA SIBERICA
日本初上陸、シベリア発のオーガニックコスメブランド「ナチュラシベリカ」が南青山にオープン

さっそく店内へと入ってみると、まずは写真でお出迎え。

20140902-61.jpg
こうやってこんな人たちが作っていますよ、という写真でしょうか。(クリックすると拡大します。)

店内の写真を撮ろうと思っていたのに、お買い物に夢中になって撮り忘れてました~(^^;。

お買い物に集中してしまったのには訳があります。それは、店内がロシア語オンリーということ。

化粧品のパッケージも商品の値札もみんなロシア語なので、その商品がハンドクリームなのかフットケア製品なのか、はたまた化粧水なのか、なんだかサッパリ分かりません。

ヘアケア製品やスキンケア製品は、そもそも使い方の説明書きのロシア語が読めないので買っても使えません。説明がなくても使えるのはハンドクリーム!

そう思ってハンドクリームを探しました。

その努力の結果買ったハンドクリームの一つがこちら。

20140902-73.jpg
NATURA SIBERICAとACTIVE ORGANICのみ英語。中途半端に英語。(クリックすると拡大します。)

СИБИРСКАЯは英語読みするとsibirskaya。なんとなくシベリアっぽい。ВИТАМИННАЯは英語読みするとvitaminnaya。なんとなくビタミンっぽい。

Yandex.Translateで調べてみるとやっぱり英語でsiberian vitamin。

КРЕМ-МАСКАを英語読みすると、krem-maskaとなります。なんとなく、クリームとマスクっぽい。

Yandex.Translateで調べてみるとやっぱり英語でcream mask。

ДЛЯ РУКは英語読みするとdlya rukとなりますが、これは意味の想像がつかない。Yandex.Translateで調べてみるとfor handsという意味。

おお、なるほど!シベリア産ビタミン配合のハンドクリームということか!(cream maskの意味がよく分かりませんが。)

ということを一つ一つお店でやっていたので、買い物するのにものすごーく時間がかかったのです。

20140902-74.jpg
裏の説明書き。すべてロシア語なのでお手上げ。(クリックすると拡大します。)

結局ナチュラシベリカのお店に1時間近くいました。もうそろそろ空港に向かった方がよい時間になりました。

アエロエクスプレスの発着するベラルースカヤ駅はマヤコフスカヤ駅のお隣の駅。たっぷりお買い物をしてホクホク気分でベラルースカヤ駅へ向かいました。

20140902-62.jpg
マヤコフスカヤ駅再び。(クリックすると拡大します。)

20140902-63.jpg
一駅なのであっという間にベラルースカヤ駅へ到着しました。(クリックすると拡大します。)

20140902-64.jpg
何度も見たので覚えてしまった「出口」という単語。発音は分かりませんが。(クリックすると拡大します。)

あとはシェレメチェボ空港へ向かうだけですが、もう一回だけ引っ張りまーす。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

フィンランド行きを断念
来月開催のフィンランディア杯を現地観戦しようと準備をしていたのですが、エスポーに行くのを断念しました。

羽生結弦選手の欠場が決まったからだけが理由ではないです。

今回仕事の都合でかなりの強行日程になってしまっていました。

早朝に羽田空港に帰ってきて、そのまま会社に出勤するという・・・。

さらに帰国したその週に大事な仕事の要件が入り、この強行日程だと仕事に支障があるような気がする・・・と、羽生選手の欠場が決まる前から行こうかどうしようかかなり悩んでいたのです。

でも、NHK杯のチケットが取れなかったり、この調子では全日本選手権のチケットも取れるか怪しいし、無理を押して行こうか、でも遊びより仕事の方が大事だしと、日々逡巡して・・・。

今回羽生選手の出場辞退が分かり、それなら無理するのは止めておこう、とフィンランディア杯観戦旅行を取りやめました。

フィンランディア杯は雰囲気がいいとの評判だし、そもそもフィンランドが大好きなので、日程に余裕があって大事な仕事の要件もなければ、羽生選手が出場しなくても行きたかったです(>_<)。

羽生選手の欠場が決まったけどフィンランディア杯は観に行く!というお話も聞いたので、行かれる方はぜひ楽しんで下さい!

ところで、我々羽生選手ファンは、欠場を決めてくれてよかった、無理しないでくれてよかった(怪我や体調不良があっても無理するタイプなので→2013年世界選手権とか)と、心配ではありますが休養する勇気を持ってくれたことを歓迎しています。

でもテレビ朝日はこんなはずじゃなかった~と思っているのでしょうね。もしかしてBS放送しないかも、なんて考えてます。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ネーベルホルン杯2014年のライブストリーミング
2014年9月25日開催のフィギュアスケートチャレンジャーシリーズのネーベルホルン杯(Nebelhorn Trophy 2014)が、ライブストリーミングで見られるそうです。

ライブストリーミングのリンク

スマートフォンやタブレット端末用アプリもありましたよ。

ネーベルホルン杯出場選手リストとスケジュール

2014年ネーベルホルン杯には日野龍樹選手と、高橋成美選手&木原龍一選手組が出場します。

シングルやペアも楽しみですが、アイスダンスも楽しみ。

特にドイツのNelli ZHIGANSHINA&Alexander GAZSI組、Madison CHOCK&Evan BATES組を応援してます。

イスラエルのAllison REED&Vasili ROGOV組も出場しますね。アリソンは日本代表のリード姉弟の妹です。

アイスダンスってオリンピックのために国籍変更する人が多いですね。

テレビ放送がなくてもライブストリーミングで見られるなんていい時代~。

ストリーミング時間に間に合うように早く帰ってこなくては。

時差があってよかった。

フィンランディア杯もライブストリーミングをするそうなのですが、日本だけはテレビ朝日の放送があるため対象外なのだそう。

テレビ朝日の放送は試合全てを放送する訳ではないと思うので、ライブストリーミングの方がいいですよね。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

モスクワ半日市内観光~赤の広場とグム百貨店
モスクワ半日市内観光~赤の広場への続きです。

門をくぐって進むとそこは・・・。

20140902-25.jpg
と、赤の広場に入る前に、門をくぐって左にあるカザン大聖堂。(クリックすると拡大します。)

門から正面を見ると・・・。

20140902-26.jpg
赤の広場!(クリックすると拡大します。)

ところで、『赤の広場』というからには赤いんでしょ?というイメージを持たれそうな場所ですが、実はそうではありません。

ロシア語の『赤』にはもともと『美しい』という意味があったそうで、『赤い広場』ではなく『美しい広場』という意味が本来なのだそうですよ。

20140902-29.jpg
右に見えるのがクレムリン、左はグム百貨店というショッピングモールです。(クリックすると拡大します。)

20140902-27.jpg
クレムリンの城壁。(クリックすると拡大します。)

20140902-28.jpg
グム百貨店。美しい外観ですね。(クリックすると拡大します。)

赤の広場はテレビや映画で何度も映像を見たことがあり、とっても広~い!というイメージがあったのですが、う・うーん??

奥行きは確かに長いのですが、思っていたより幅が狭かったです。

20140902-30.jpg
赤の広場から来た方向を振り返って。正面の建物は国立歴史博物館。(クリックすると拡大します。)

20140902-31.jpg
レーニンの遺体が保存展示されているレーニン廟。(クリックすると拡大します。)

赤の広場をどんどん進んでいくと、奥にこんな美しい教会が見えてきます。

20140902-32.jpg
聖ヴァシーリー寺院。(クリックすると拡大します。)

ロシアというとこのたまねぎのような形の教会を思い浮かべますよね。それぞれの屋根がカラフルに塗り分けられており、塗り方もそれぞれ特徴があってとても個性的ですね。

20140902-34.jpg
聖ヴァシーリー寺院の前から国立歴史博物館方面を眺めて。(クリックすると拡大します。)

このパラソルは写真屋さんです。

赤の広場というとなんとなく緊張感漂う場所というイメージがありましたが、観光客がたくさんいて緊張感は皆無でした。レーニン廟の前には兵士が数人いましたが、彼らにもピリピリした雰囲気はなかったなー。

この日はとってもいい天気で暑くて暑くて・・・。

ちょっと休憩したくって、この上の写真右の『グム百貨店』に入ってみることにしました。

20140902-36.jpg
グム百貨店の赤の広場に面した側の入り口。(クリックすると拡大します。)

入り口の装飾もお花もキレイですね。

20140902-37.jpg
グム百貨店の中。(クリックすると拡大します。)

天井が総ガラス張りで日がさんさんと差し込み、明るくて気持ちいい!建物の中にもきれいに整えられた花壇があります。ちなみに、写真の右一番手前のお店はカルティエ~。

グム百貨店の中にはカルティエの他にも欧米の有名ブランドのお店がズラリ。

20140902-38.jpg
建物の中のドリンクスタンドには人がたくさん。(クリックすると拡大します。)

20140902-39.jpg
百貨店の中にこんな噴水までありますよ。(クリックすると拡大します。)

20140902-40.jpg
噴水を別方向から。(クリックすると拡大します。)

と、上の渡り廊下のようなところにパラソルが見えます。テーブルも見えるのであれはカフェかもしれない。行ってみよう~♪

20140902-41.jpg
2階(日本で言うところの3階)に上がってみました。(クリックすると拡大します。)

上のフロアにも植木鉢がたくさん。

20140902-94.jpg
下から見たパラソルはこれでした。(クリックすると拡大します。)

20140902-95.jpg
写真奥にちらっと写っているのがこのパラソルのカフェ。(クリックすると拡大します。)

あまりに暑かったのでレモネードとアイスクリームを頂いて休憩しました。

トランジットの待ち時間が半日あると書きましたが、実際には日本へ帰る便の出発2時間前には空港に着いていなければいけませんし、モスクワに到着してパスポートコントロールを抜けるまでにも時間がかかりました。

空港~モスクワ市内の電車が片道30分、往復で1時間かかりますし、待ち時間も考慮しなければいけません。慣れない地下鉄の移動にも時間を取られるかもしれないので、実際にはモスクワ市内にいられたのは4時間くらいだったと思います。

余裕があまりなかったのでクレムリンの中や美術館などは見られませんでした。

赤の広場周辺を観光し、グム百貨店で休憩したら、最後にするのはお買い物です!

長くなるので続きます。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

羽生結弦選手が2014年フィンランディア杯の出場を辞退
10月10日~12日に実施されるフィギュアスケートチャレンジシリーズの試合、フィンランディア杯2014年。

羽生結弦選手が出場することでテレビ朝日も放映権を取り注目されていましたが、羽生選手が辞退することになったそうです。

以下はフィンランディア杯のFacebookからの引用です。

We regret to inform you, that Yuzuru Hanyu from Japan has withdrawn from the competition due to the advice from his physician. We have a message from Mr. Hanyu:
"I was competing this event every year, and I always take this
opportunity very important as the first official event of the season.
However, consider the long season, I regretfully decided not to take
risks and decline my participation. I would like to express my heartfelt
sorrow that I cannot skate at my favourite country, and miss many of the figure skating fans. I will give my word that I will do my best and skate once again in Finland at near future!"

羽生選手の体調が一番。休む勇気はとっても大切。

怪我ではないことを祈ります。

ぜひ体調を整えて、グランプリシリーズ中国杯、NHK杯ともに頑張ってほしいです。

追記:
練習中に腰を痛めて、「筋筋膜性腰痛症」と診断されたのだそう。レイバックイナバウワーやビールマンスピンなど、腰を痛めやすい技を行う羽生選手。どうか大事にして、早く回復してほしいです。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

iPad miniをiOS8へアップデート
9月18日にやっとiOS 8がリリースされましたね。

リリース直後はアプリもまだ新OSに対応しきれていなくてバグが出たりしますが、もう4日経ち、私がよく使うLINEやAudible、Kindle、DropboxなどのアプりもiOS 8に対応アップデートがでたので、そろそろiOS 8にアップデートしようかと思います。

とはいえやっぱりiPhoneが使いにくくなったらヤだなーとも思うので、まずはiPad miniをアップデートしてみることにしました。

クラッシュして泣きを見ないためにも事前にバックアップを取っておきます。私はバックアップはiCloudではなくiTunesに接続してパソコンに取っています。

iOS 8にアップデートするには7GB程度の空き容量が必要とのこと。

ただしそれはWiFi経由でアップデートする場合の話で、iTUnes経由でアップデートする場合はもっと少なくても大丈夫なようです

WiFi経由でのアップデートはものすごく時間がかかるようなので、私はiTunesでのアップデートを選びました。

iTunesにiPad miniを接続すると、下記のようなポップアップが出ます。

20140922_iOS8_01.gif
iOS 8のダウンロードと更新確認のポップアップ。

「ダウンロードして更新」をクリックすると、更新確認のポップアップが出ます。

20140922_iOS8_02.gif
更新内容がつらつらと。

iTunes経由でのアップデートは15分弱で終わりました。PCがある方はiTunes経由がオススメです。

再起動が始まるのでしばらく待つとセットアップ画面に切り替わります。

設定を次々に進めていくと、下記のような画面が出てきます。


今まで使っていたiCloudをiCloud Driveというものにアップデートしますか?という質問。

iCloud Driveにはまだアップデートしない方がよいとの情報をインターネットで見かけたので「今はしない」を選択。


しないって言ってるのにしつこい!

あとは次々進めていけば止まってしまうこともなく、アップデート作業は完了しました。

肝心のiOS 8の使い勝手ですが、インターネット上では「写真アプリが使いにくくなった」という意見が多いのですが、私は特にそう感じませんでした。あまり写真アプリを使わないからでしょうか?

iMessageでオーディオメッセージを送れるようになったそうですが、そういう機能の需要は私にはないし・・・。

新しい機能でもしかして便利になったのは、カメラアプリにタイマー機能が付いたことでしょうか。でもそれもそんなに活躍のチャンスがあるようには思えません。

んー。とりあえずiOS 8にしてはみたものの、私はあまり変化を感じませんでした。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

モスクワ半日市内観光~赤の広場へ
モスクワ半日市内観光~シェレメチェボ空港からベラルースカヤ駅までの続きです。

さて、ベラルースカヤ駅に到着したので、ここから地下鉄5号線でかの有名な『赤の広場』へ向かいます。

20140902-16.jpg
ベラルースカヤ駅構内。(クリックすると拡大します。)

通路に飛行機や電車のマークが書いてあり、モスクワの地下鉄は一見親切に見えますが、こういうマーク案内があるのはこの駅のみでした。

ここからテアトラリナヤ駅(Театра́льная)という駅へ向かいます。乗り換えなしで10分ちょっとです。

赤の広場に一番近いのはアホートヌイ・リャト駅(Охотный ряд)という駅。

テアトラリナヤ駅とアホートヌイ・リャト駅は地下でつながっているので、アホートヌイ・リャト駅の方向へ進みます。

ちなみに、モスクワの地下鉄は東京メトロと同じように路線が色で区別されています。

テアトラリナヤ駅が通る5番線は緑、アホートヌイ・リャト駅が通る1番線は赤です。

20140902-17.jpg
地下鉄内の方向表示。(クリックすると拡大します。)

Yandex.TranslateというアプリとiPhoneのロシア語キーボードを駆使した結果、一番上の表示は「市内への出口」、2行目は「ソコルニチェスカヤ線」(路線の名前?よく分からない)、一番下は「アホートヌイ・リャト駅方面」だと思われます。

出口がいくつもあり、どっちにでると赤の広場なのかが分からなかったので適当に出てみたら、反対側に出てしまったようでした。

近くにいた人に赤の広場への行き方を(身振り手振りで)尋ねたところ、地下を通って行けと言われた(ような気がする)ので、もう一度地下鉄の入り口から地下道へ入りました。

20140902-18.jpg
地下鉄入り口。Mマークが地下鉄のマークのようです。(クリックすると拡大します。)

20140902-19.jpg
地下鉄駅へとつながる地下道。(クリックすると拡大します。)

地下道には小さなお店がたくさん並んでいます。

約20年前にチェコの首都プラハに行った際、同じように地下道にずらっと小さなお店が並んでいたのを思い出しました。

20140902-20.jpg
ここはドリンクやパンなどを売っているキオスクのようなお店。(クリックすると拡大します。)

値段が書いてあるので指さしすればロシア語が分からなくても問題なし。ピロシキを買ってみましたがおいしかったです。お値段もリーズナブルでした。

お店の種類はたくさんあり、このお店のように食べ物を売るお店、お花屋さん、お土産物屋さん、アクセサリーショップ、下着屋さん、食器を扱うお店などバラエティ豊富でした。

20140902-21.jpg
赤の広場周辺の案内板。(クリックすると拡大します。)

なぜかこれだけ英語併記なのですが、この先には英語の案内はないのであまり頼りになりません。Googleマップ必須です。

地下道を通り、このあたりかな?と目星をつけて地上にでると・・・。

20140902-22.jpg
広い場所に出ました!(クリックすると拡大します。)

画面右奥の建物が、プーチン大統領のいる『クレムリン』です。

20140902-23.jpg
この二つ塔が並んだ建物の門から先に進んでいきます。(クリックすると拡大します。)

長くなるので続きます~。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

モスクワ半日市内観光~シェレメチェボ空港からベラルースカヤ駅まで
さて、なかなか行く機会のないロシアの首都モスクワ。

トランジットで半日時間が空いてしまったので市内観光に行くことにしたのは以前書きました

未知の国、露西亜。恐ろしい国、おそロシア。

と思っていましたが、たった半日の市内観光では恐ろしい目にも合わず、無事に戻ってこられました。

ただ、文字が未知なので面喰います。私はキリル文字(ロシア語のアルファベット)をとりあえず読めるようになっておきました。

そうしないと、駅名や通りの名前が読めないのです。

まずはモスクワに飛行機で到着し、出国審査を受けました。ものすごーく愛想の悪い係員が迎えてくれます。そして、とっても時間がかかりました。急ごうという気がないからですね。

無事出国審査を終え到着ロビーに降り立ちました。

でもトランジットなのでピックアップする荷物があるわけではありません。

まずしたいのは、手荷物を預けること。今回、機内持ち込みの手荷物が(お土産のせいで)多かったのですが、これを持って市内観光するのは重過ぎる。

モスクワのシェレメチェボ空港には荷物預かり所(コインロッカーではない)があるとインターネットで情報を得ていたので、まずはそちらに向かいます。

20140902-02.jpg
まずはこのサインを探します。(クリックすると拡大します。)

これに従って「0階」(日本で言うところの地下)へ行きます。謎のキリル文字がさっそく登場。

私はキリル文字を読めるようにはなっていきましたが、ロシア語が分かるわけではないので、英語が併記されていないければサッパリ意味は分かりません。

この「0階」へはすべてのエレベーターが行くわけではないようなので、必ずこのサインを探しましょう。

エレベーターを降りたらそこが荷物預かり所なので迷うことはありません。

20140902-91.jpg
ココ。(クリックすると拡大します。)

係りの人にお金を払って荷物を預けます。24時間オープンなのかどうかは確認しなかったので、夜中早朝に使いたい方は要確認です。

ちなみに、英語は通じませんでした。

荷物を預けて身軽になったら、モスクワ市内へ向かいます。モスクワ市内へは「アエロエクスプレス(aeroexpress)」という特急列車に乗って行きます。

アエロエクスプレスの乗り場は、到着ロビーではなく、出発ロビーのある3階から連絡通路でつながっています。

出発ロビーからアエロエクスプレス乗り場までの通路に携帯ショップがたくさんありSIMを買うことができる、というのは以前書いた通り

出発ロビーから案内掲示に従っていけば迷わないと思います。出発ロビーからアエロエクスプレスの乗り場までは10分程度です。

20140902-77.jpg
通路に貼ってあるこの矢印についていきます。(クリックすると拡大します。)

20140902-78.jpg
こういう動く歩道があるので荷物が多くてもそれほど難儀しません。(クリックすると拡大します。)

20140902-80.jpg
通路に貼ってある矢印より、頭上のこの案内の方が分かりやすいです。(クリックすると拡大します。)

切符は窓口でも自動販売機でも買えます。自動販売機ではクレジットカードが使えるハズだったのですが、私が買った機械では使えませんでした。

機械のトラブルも多く、クレジットカードを入れて出てこなかったら大変なので、現金で買うことを強く強~くオススメします。

チケットは往復で買ってもお得ではないのですが、帰りにまたチケットを買う手間を考えると往復で買った方が便利です。

ちなみに、自動販売機で買ったチケットはレシートのようなぺらっとした紙なので、間違ってなくさないようにしましょう。(窓口で買っていないので、窓口の場合はどんなチケットがもらえるのか分かりませんが。)

20140902-81.jpg
右奥がチケット売り場の窓口と自動販売機、左の自動ドアの先がホームです。(クリックすると拡大します。)

チケットを買ったら自動改札機を通って電車に乗り込みますよ。

20140902-03.jpg
ホームはこんな感じ。(クリックすると拡大します。)

ガラス張りのホームは開放感があってキレイですね。ロシアのイメージと違います(失礼)。

20140902-04.jpg
アエロエクスプレス車内の様子。(クリックすると拡大します。)

20140902-05.jpg
ドアもなんだかオシャレ。ちなみに車内は禁煙です。(クリックすると拡大します。)

ロシアでは2013年から禁煙法というのが施行され、公共の場ではタバコが吸えないそうですよ。喫煙者でロシアに行く予定の方は大変ですよね。

さて、シェレメチェボ空港からはノンストップでモスクワ市内のベラルースカヤ駅へ向かいます。所要時間は約30分。ちなみに、ベラルースカヤは"Белорусская"と書きます。

キリル文字が読めないと、この駅名が分からないのですよ・・・。

рが英語のRにあたるだとか、сが英語のSだとか、Rのひっくり返ったようなяはYaと読むとか、一度覚えてしまえば謎のキリル文字を判別できて楽しいです。

20140902-06.jpg
ベラルースカヤ駅に到着。(クリックすると拡大します。)

私の旅のモットーは「トイレがあったら行っておけ」です。駅にはトイレが絶対にあるので、まずはトイレトイレと・・・。

20140902-07.jpg
これがロシア語で「トイレ」の意味(らしい)。(クリックすると拡大します。)

ちなみに読み方は英語表記にすると"tualet"となります。уはyではなくてuなんですね。

20140902-08.jpg
これは駅の中の階段。大理石(本物?もどき?)で重厚な感じ。(クリックすると拡大します。)

20140902-09.jpg
駅のホームの様子。(クリックすると拡大します。)

この駅は長距離列車のターミナル駅にもなっているそうです。屋根がないので冬は寒そう・・・。

20140902-10.jpg
駅の構内案内図。ロシア語だけなのでチンプンカンプン。(クリックすると拡大します。)

このあとさらに実感しますが、モスクワ市内は英語表記が少ないです。ほぼ皆無と言ってもいいかも。ですので、モスクワに行ってみたい!という方はキリル文字を読めるようになっておいた方がよいですよ。

まだ東京の方が英語表記は多いかも。少なくとも地下鉄の駅名は東京は英語表記がありますが、モスクワは駅名がすべてロシア語(キリル文字)・・・。

でも街中で英語を話せる人の率は東京よりモスクワの方が絶対多いと思います。

20140902-11.jpg
駅舎の様子。淡いグリーンの壁がカワイイですね。(クリックすると拡大します。)

20140902-12.jpg
駅の中には銅像が。戦争に出る恋人を見送る女性、かな。(クリックすると拡大します。)

20140902-13.jpg
駅舎の中。美しい~。(クリックすると拡大します。)

20140902-15.jpg
駅の外に出ました。外観が立派ですね。(クリックすると拡大します。)

モスクワ半日市内観光~赤の広場へへ続きます。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

NHK杯の一般発売も撃沈
NHK杯国際フィギュアスケート競技大会のチケット一般発売が、今日の12時に開始しました。

12時になると同時にeプラスにアクセスを試みたものの、アクセス集中で繋がらず・・・。

接続できた時にはチケットは完売でした。

残念ですがNHK杯はお茶の間観戦となりました。

それにしてもこのチケット購入のハードルの高さ・・・。

一体倍率は何倍くらいなんだろう。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ヘルシンキ4日目~ヘルシンキ湾クルーズ
ヘルシンキ旅行のイッタラのお土産別送品の続きです。

カフェ・スオミでランチをしたあと、中央市場広場に向かいました。

ヘルシンキカードは市内のトラムやバス、フェリーが無料で乗れたり美術館の入館料が無料や割引になるだけでなく、バスやボートの観光ツアーのどれか一つに無料で参加することができます。

その中の『Beautiful Canal Route』に参加するために港に来ました。

夏は1時間ごとに出発していて、所要時間は約1時間半。穏やかなヘルシンキ湾をボートでクルーズします。

20140901-33.jpg
ボートではなんとWiFiも使えるのだそうですよ。(クリックすると拡大します。)

20140901-34.jpg
ボートの客席はこんな感じです。(クリックすると拡大します。)

私は一番後ろの席に座りました。後ろは景色がよく見えて写真も撮りやすいんですよ。

17時半にボートは出発。

20140901-35.jpg
ヘルシンキ大聖堂が遠ざかっていきます。(クリックすると拡大します。)

20140901-36.jpg
ボートがないと行けない場所。(クリックすると拡大します。)

20140901-37.jpg
教会。(クリックすると拡大します。)

20140901-38.jpg
こういう小さいボートがたくさん走っています。(クリックすると拡大します。)

20140901-39.jpg
雲一つない青空。乗客はのんびりと景色を楽しみます。(クリックすると拡大します。)

20140901-40.jpg
前日行ったスオメンリンナ島が見えてきました。(クリックすると拡大します。)

20140901-41.jpg
スオメンリンナ教会と、昨日乗ったフェリー。(クリックすると拡大します。)

ふと隣の席に目をやると・・・。

20140901-42.jpg
ん?(クリックすると拡大します。)

20140901-43.jpg
んん??(クリックすると拡大します。)

20140901-44.jpg
おお、ワンコ!真っ黒でおとなしいから気が付かなかった!(クリックすると拡大します。)

20140901-45.jpg
ヘルシンキ湾沿いにはこうした小さな小屋がたくさん並んでいます。(クリックすると拡大します。)

20140901-46.jpg
これらはサウナ小屋!(クリックすると拡大します。)

サウナで温まったら裸のまま湖や海に飛び込む、と聞いたことがありますが、たしかにそのまま海に入れる作りになっています。

20140901-47.jpg
これは客席の下のカフェ。(クリックすると拡大します。)

お天気が良いのでみんな外に出ており、カフェにはだれもいません。船員さんも店員さんもいません。

20140901-48.jpg
コーヒーやお酒が頂けます。(クリックすると拡大します。)

20140901-49.jpg
スナックやパンなども。(クリックすると拡大します。)

20140901-50.jpg
で、私はビールを頂きました。(クリックすると拡大します。)

いいお天気の下、爽やかな風に吹かれ、美しい景色を堪能しながら頂くビールは最高~!

20140901-51.jpg
船はこれから狭い水路に向かっていきます。(クリックすると拡大します。)

20140901-52.jpg
狭い水路、低い橋の下を通りますよ。(クリックすると拡大します。)

船の幅は水路ギリギリ。運転を誤るとぶつかりそう。

20140901-53.jpg
通り過ぎたあと。(クリックすると拡大します。)

緑が豊かでいいですね。こういうところを犬と散歩したら気持ちいいだろうなぁ。

20140901-54.jpg
そんなことを考えていたら、向かいから走ってくるボートの船首に犬がドドーンと乗っていました!(クリックすると拡大します。)

えらい。賢い。うちの犬だったらぜったい水に飛び込んじゃいます。

この後もずっとヘルシンキ湾をのんびりクルーズ。景色があまり変わらないので写真は少ないですが、とっても気持ちいいクルーズでした。

20140901-55.jpg
港に近づいてきました。(クリックすると拡大します。)

20140901-56.jpg
インターネット先進国、フィンランド。船にまでURLが書かれています。(クリックすると拡大します。)

www.arctia.fiって調べてみたら船会社のURLのようです。

20140901-57.jpg
ヘルシンキ大聖堂、観覧車、ウスペンスキー寺院(Uspenskin Katedraali)が一度に見えます。(クリックすると拡大します。)

そして港に到着。特に変わった景色があるわけではないですが、1時間半があっという間の楽しいクルーズでした。

20140901-58.jpg
乗ったのはこの黄色いボートです。(クリックすると拡大します。)

さて、空はまだ明るいですが時間はすでに19時。ブラブラしながらホテルに戻りました。

20140901-59.jpg
マリメッコ。お店の前にマリメッコのウニッコ柄の大きなクッションが置いてあります。(クリックすると拡大します。)

ところで、フィンランドのクレジットカード事情について。

フィンランドでは、クレジットカードはほぼどこでも使えます。使えなかったのは屋台と街中のアイスクリームスタンドだけでした。

トラムやバスは使えない(と思う)ですが、タクシーは使えます。

ほとんどのレジではサインではなくPINコード入力を求められるので、PINコードを覚えていない場合は日本で確認しておく必要があります。

街中のあちこちにATMがあるので、クレジットカードで現金を下ろすこともできると思うのですが、そもそもクレジットカードがほぼどこでも使えるので現金があまり必要ありません。

少しのユーロ、念のため日本円、クレジットカード2枚があれば安心です。

さて、これで短かった4日間のヘルシンキ滞在が終わりました。あとは帰国の日の空港の様子のみ。

強行日程ではありましたが行ってよかった。楽しかった!

次のフィンランド訪問は10月のエスポーですが、こちらはフィギュアスケートの試合観戦がメインなので観光はほとんどしない予定。

またいつかフィンランドに行って、今度はヘルシンキではなくカレリア地方やラップランドにも行ってみたいなーと思います。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


NHK杯の先行予約全滅・・・
11月のNHK杯国際フィギュアスケート競技大会。

eプラスもローチケもチケットぴあも、先行予約抽選は全て落選です・・・(>_<)。

フィンランディア杯を観に行くことにして正解でした。

明日からの一般発売でも申し込みしますが、もう日本で試合を観られる気がしません。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ヘルシンキ旅行のイッタラのお土産別送品
ヘルシンキ4日目~イッタラへ行ったらで買って日本へ郵送したものの数々がすでに自宅に届いているので、お披露目しま~す。

20140919-01.jpg
AINO AALTOのグラス。(クリックすると拡大します。)

グレー、グリーン、ブルーの色違いを3つ。これらはメイド・イン・フィンランドです。(イッタラは、デザインド・イン・フィンランドだけれどもメイド・イン・タイランドとかメイド・イン・インドネシア、なんていうのも多い。)

20140919-02.jpg
Alvar Aalto Collectionのキャンドルベース。(クリックすると拡大します。)

20140919-03.jpg
大きさはこのくらい。(クリックすると拡大します。)

20140919-04.jpg
Origoシリーズのグリーンのボウルやカップ。(クリックすると拡大します。)

20140919-05.jpg
柄が見にくいのでもう一枚。(クリックすると拡大します。)

この右の大きい方のボウルはサラダやデザートなどを入れるのにちょうど良く、使い勝手のよいサイズなんです。

20140919-06.jpg
TAIKAの白の深皿と小皿。(クリックすると拡大します。)

この深皿は22cmサイズで深さがあるためパスタを入れるのにちょうどよさそうと思って購入。右の小皿は"sause plate"とのことですが、お醤油皿として使うつもり。

20140919-07.jpg
ムーミンシリーズの平皿。(クリックすると拡大します。)

20140919-08.jpg
大きさはこのくらい。(クリックすると拡大します。)

20140919-09.jpg
ムーミンシリーズのカトラリーセット。(クリックすると拡大します。)

それぞれに、ムーミン、ムーミンパパ、ムーミンママ、ミーの絵柄がついています。私がこのカトラリーを買った理由の一つはミーの柄。↓がそのアップ。

20140919-10.jpg
パッケージ越しなので見づらいですが、ミーがスケートやってます!(クリックすると拡大します。)

ムーミン谷の絵辞典』の絵と似ていますが、こっちの方がカワイイ。

日本だったらこういう絵柄の選択肢に「スケート」って絶対入ってこないと思いますが、さすが北国。スケートが身近なんですよね。

ヘルシンキでは11月になると市内のあちこちに屋外リンクができるのだそう。フィンランディア杯は10月なのでそれを体験するチャンスがなくて残念。10月からリンクがオープンするなら自分のスケート靴を持って行くつもりでした!

ちょっと話は逸れますが、私の勤める会社は外資系企業で世界中にオフィスがあるため、ヨーロッパにも同僚が何人かいます。

先日デンマーク出身の同僚に会う機会があり、「今年からフィギュアスケートを習い始めた」という話をしました。

そしたら「屋内で滑るの?それとも屋外?」という質問をされました。最初は質問の意図がよく分からず「??」と思ったんですが。

日本人はフィギュアスケートは当然室内スポーツと捉えていますが、北欧の人にとってはスケートは外でするというのが当たり前なのかも。

彼女は「自分も子供のころに習っていた。冬になると自然の湖が凍るので、そこで滑る」と話してくれたのですが、天然の湖でスケートするなんて羨ましすぎる!

真央ちゃんもなにかのインタビューで「自然の湖で滑ってみたい」と話していましたが、自然の中で、天然の湖で滑るのってスケーターにとって憧れですよね~。

日本では絶対できませんが、いつかフィンランドかどこかで体験してみたいです。

とはいえ、自然の湖でスケートするのってスケート靴のブレードを痛めそうな気もする・・・。

さてお土産に話を戻して。

20140919-11.jpg
TAIKAの青のデミタスカップ。(クリックすると拡大します。)

ネスプレッソを飲むのにちょうどいいサイズです。

20140919-12.jpg
そしてこれは、トーベ・ヤンソン生誕100周年のモデルのマグ。(クリックすると拡大します。)

ヘルシンキ4日目~イッタラへ行ったらの記事で、「マグは家にたくさんあるので今回は買うまい、と決めていました。」と書いたのですが、届いた荷物を開けてみたら入ってました。

要するに、買ったことを忘れてたのです(^^;。

買うまい、と決めていたことは覚えていたんですよね。でも最後の最後に「今年買わないと100周年モデルは買えない!」と思ってカゴに入れたんでした・・・。

一人暮らしでそんなに料理もしないというのに、食器ばかりが増えていきます。

旅行先ではついついお土産を買いたくなりますが、なるべく無駄なものは買わないようにとは思っているんです。

でも、食器は使うから~無駄じゃないしぃ~などという心理が働いて、ついつい買ってしまうんですよね(^^;。

ヘルシンキ4日目~ヘルシンキ湾クルーズへ続きます。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

フィギュアスケート練習用のシャツ
今までユニクロのハイネックカットソーでフィギュアスケートの練習をしていたのですが、そろそろちゃんとしたスポーツ用のシャツが欲しくなりました。

真央ちゃんは練習着としてチャコットさんのノーソーイングニットを着ています。(たぶんコレ。)

これ、とっても可愛いくて、一瞬心が揺れたのですが・・・。

真央ちゃんに浮気しちゃいけない!

ということで、こんなモノを買いました。


アンダーアーマー ウーマンズコンプレッション ハイネック長袖アンダーシャツ コールドギア。6,912円也。

お分かりの方もいらっしゃるかと思いますが、羽生結弦選手の練習着と同じアンダーアーマーの黒シャツです。

羽生選手は半袖のアンダーアーマーを着ていますが、冷え性のアラフォーは半袖なんて着られません。


保温性の高い『コールドギア』というシリーズ。

この時期、アンダーアーマーの暑さ対策シリーズの『ヒートギア』はいろんなネットショップで扱っているのですが、『コールドギア』を売っているお店は少ないです。

でも、リンクは寒いですからね。コールドギアを探しました。

さて、このシャツの写真の襟元をアップでよーく見ますとね。


モザイクをかけていますが、ネームの刺繍入りです。

羽生選手も襟元にネーム刺繍の入ったシャツを時々着ているんですよね。

楽天市場のショップでネーム刺繍を入れてくれるお店を見つけ、嬉々として注文しました。

しかも、同じフォントでネームを入れたいと、インターネットで羽生選手がネーム刺繍入りシャツを着てる画像を探すという暴挙に出ましたよ。

でも、今回シャツを買ったお店では、羽生選手と同じフォントは扱っていませんでした。

残念。

どうせ練習時には上にジャージを着ているので、中にどんなシャツを着ようが見えないんですけどね。

はい、バカって呼んでください。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

『2020年までに管理職や役員などに占める女性の割合を30%程度に』
政府が『2020年までに管理職や役員などに占める女性の割合を30%程度にする』という目標を掲げています。

それに対して、下記のようなニュースが時々流れたりしますね。

帝国データバンクの調べによると、女性管理職の比率が30%以上という企業は5.3%、女性役員の比率が30%以上という企業は11.0%にとどまるという。さらに、半数以上の企業で、管理職や役員に女性がいないことが分かるなど、政府目標に程遠い現状が浮き彫りになった。

(↑ニュースサイトからの引用ですが、管理職と役員の比率の数字が逆な気がする。)

でも、この目標を立てる際の現状認識が間違っているんじゃないかと感じます。

まず、そもそも母数が違います。

女性が多い業界(女性向けのアパレルの会社や化粧品会社など)は別として、それ以外の業種の場合、圧倒的に男性の方が社員の数は多いはず。

なぜなら、新卒で男女同数を採用しても、結婚や出産で退職する女性が出てくるので、自然に女性社員の数が減っていってしまうはずなのです。

我が社の場合、私と同じ世代だと男女比が8対2です。

通勤電車の中を見回しても、男性の方が女性より多いですよね。

例えば、ある会社の社員構成が男性30人、女性10人だったとします。

仕事における男女の能力差はないと私は思っています。同じ能力なら管理職になる人の割合も同じはず。

男女それぞれから、同じ割合(たとえば1割)で管理職に昇進させた場合、管理職の割合は男性3人、女性1人。

女性の管理職の割合は25%になります。同じ割合で管理職に昇進するなら、分母の数が少ない女性の方が少なくなるのは当然です。

その他にも幾つか要素があります。

上の例で言うと、男性社員30人に対して女性社員が10人いても、女性社員の年齢層は男性社員の年齢層と同じ分布にならないケースが多い。

結婚や出産で退職して女性社員の数が減るわけですから、30代以上の社員が減ってきます。40代、50代は30代よりもっと少ないでしょう。

でも、管理職になる世代は30代以降が多い。

つまり、女性の場合は母数が少ないことに加えて、管理職になる対象の世代も少ないのです。

また、女性の社員数が男性と同数で、世代分布もまったく男性と同じだったとします。

でも、「管理職になりたい。」と思う女性の割合が男性と同じかというと、多くの企業では管理職を目指す女性の方が少ないと思うのです。

女性社員が少なく、年齢の分布が男性に比べて若い人が多く、管理職を目指す女性も男性より少ない。

この状況のままで女性の管理職を30%に、というのは無理があるでしょう。

でもこれって、政府や企業側だけでどうにかなることでもありません。

女性側の考え方もあると思います。

私は別に、主婦の方が子育てをしていて社会に貢献していてえらいとか、働いてる方が税金を納めていてえらいとか、そういう議論をするつもりはありません。

人にはそれぞれの役割、その人に合った適性というのがあるので、社会で働くのも、家庭で家事や子育てを担うのも、どちらでもいいと思いますし、どちらも大切なことです。

ただ、一定数結婚や出産で仕事を辞める女性がいる以上、女性の管理職を30%にするのは無理だと思うんですよね。

今の状況を変えないまま、女性を活用!活用!と言って不自然なほど女性を起用するのは逆の差別に感じます。

というか、なんで女性管理職の割合を30%にしたいのでしょうね?それがそもそも分からん。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事


テーマ:仕事 - ジャンル:就職・お仕事

羽生結弦選手の記念切手セット
本日は羽生結弦選手の記念切手セット、「羽生結弦 2013-2014シーズン メモリアル フレーム切手セット」の申込み開始日。

買おうかな~どうしようかな~なんて言ってたクセに、発売日当日の今日、さっそく郵便局に行ってパンフレットと申込み用紙をもらってきました。


羽生選手フレーム切手のパンフレット。

インターネットから申し込むつもりなので申込み用紙は要らないのですが、パンフレットだけもらうっていうのが恥ずかしくて・・・(^_^;)。

このパンフレットに『世界を魅了するスケーターを目指して研鑽を積む、強く美しい羽生選手の姿を彼自身の言葉と歴代の貴重な写真で巡ります。』と書かれてるのですが。

男性アスリートにこうも堂々と「美しい」という形容詞を使うのも珍しいのではないかと思いました。

まだ19歳なのに「歴代の」という表現も、なんだか貫禄を感じますよね。

サイトには「予定数を上回るお申込みがあった場合は、お届けまでお時間をいただく場合があります。」との注意書きがありますが、きっと郵便局が考える以上の申込みがあるんじゃないかな~。

世の中の羽生選手ファンは「何セット申し込むか」で悩んでいるようなので、かなりの予約が入るのではないでしょうか。

あ、私は1セットしか買いませんよ!

あと、きっと海外の羽生選手ファンは「どうやったらこの切手を手に入れられるか」と考えているはず。

ヨーロッパやロシア向けの輸入代行業者なんかがそれを見込んで大量注文するんじゃないかなーと予想しています。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


マキシム・ド・パリのミルフィーユ
金曜日、「お疲れ様!」な気分だったので、甘いモノを買いに銀座まで出かけました。


マキシム・ド・パリのミルフィーユ。

一番小さいミニサイズ、1,944円也。

半年に一度くらい、無性にマキシムのミルフィーユを食べたくなります。

ミルフィーユって食べ方が難しいので外では絶対いただかないのですが、家ではお行儀を気にせずに楽しめます(^_^)。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

フィンランディア杯の通しチケット購入方法(2014年)
来年に備えて今年のフィンランディア杯の通しチケット購入方法をメモしておこうと思います。

記憶をもとに書いているので、下記7.8.あたりの手順が前後しているかもしれません。

1. 事前にチケット購入サイトにアカウントを作成しておきます。

lippupalvelu

右上で表示言語を英語に変えることができます。

2. 発売開始日をフィンランディア杯の公式Webサイトで確認しておきます。

Finlandia Trophy

3. 発売開始日以降にlippupalveluにアクセスして、ログインします。

フィンランディア杯のチケットページへのリンクがフィンランディア杯公式Webサイトに載っているので、そこから飛ぶのが簡単です。

4. チケットの枚数と種類を選びます。

枚数はデフォルトでは2枚と設定されています。

以前の記事にも書きましたが、このフィンランディア杯のチケットサイトも、部分的にフィンランドが残っていて分かりにくい。チケットの種類が4種類あるのですが、フィンランド語が混じっているのですよ。

48.5ユーロのALL Event aikuinenというのが大人用、32.5ユーロのALL Event lapsiが子供用のチケットです。

S-etu aikuinenというのはフィンランドフィギュアスケーティングクラブメンバーの大人用で、S-etu lapsetはフィンランドフィギュアスケーティングクラブメンバーの子供用のチケット。

そんなの、知らなければサッパリ分かりませんよね。

5. 座席ブロックを選ぶか、サイトにお任せにして、チケットの座席を検索します。

座席の位置はブロック単位でしか選べません。何列目、というのは選べないのですね。

座席ブロックの図はこちらを参照。

6. 表示された座席でよければそのまま購入手続きへ、気に入らなければ再度サーチします。

7. クレジットカードか、その他の支払い方法を選びます。

8. チケットの送付方法を選びます。メールで送付か、「my accountから自分でプリント」を選べは、チケット送料を取られません。

代金にはチケット代と3.5ユーロの発券手数料が含まれています。

9. 自分でチケットをカラーで印刷して、終わり。

海外試合のチケット手配会社から購入する場合、3日通しチケットが10,000円とか15,000円とかいうのを見かけました。

自分で買った場合は48.5ユーロ、約6,700円。

自分で購入する場合は発売開始日にパソコンに張り付いていなければいけないし、手数料と思えばまあ仕方ないかなーと思える金額ではありますよね。

それに、観戦チケット、ホテル、空港⇔ホテル送迎、ホテル⇔会場送迎が全部ついているツアーがあるなら、その方が安いんじゃないかと思います。

私は個別に航空券とホテルを手配しますし、空港からホテルまではタクシーを使う予定ですし、きっとホテル⇔会場間も面倒になってタクシーを使うような予感がするので、ツアーより断然お高くなると思います。

その上、一人旅なのでさらに割高なんですよねー。

試しに母をフィンランディア杯観戦旅行に誘ってみたのですが、速攻で断られました。

フィギュアスケートを観るためだけにフィンランドに行こうなんて、友人は誘えませんしね。

上に書いた購入方法、来年も今年と同じとは限りませんので、あくまで参考までに。

ご購入は自己責任でお願いしますね。

※ チケットの購入方法についての質問にはお答えしていません。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

モスクワのシェレメチェボ空港でロシアのSIMカードを買う
今回のアエロフロート・ロシア航空での旅行は飛行機の接続が悪く、モスクワでの乗り継ぎ時間が半日もありました。

何時間も一人で空港で時間をつぶすのはヒマすぎるので、この時間を利用してモスクワ市内に出かけてみることに。

そしてせっかく時間がたっぷりあるので、ロシアのSIMカードを買ってみようと決意していました。

1日なのでドコモの海外パケホーダイを使ってもよかったのですが、ここはブログのネタのため!体を張って(?)買ってみました。

まずは日本で事前に情報収集。オフラインでも読めるよう、「あとで読む」系アプリのPocketにダウンロードしておきました。参考にさせていただいたのは下記のサイト。

英語が通じないせいでトラブルも?:海外プリペイドSIM導入マニュアル――「ロシア・モスクワLTE」編
モスクワのプリペイドSIM購入、記事アップされました
ソチ&モスクワのSIMカード事情

ふむふむ。英語が通じないとな。そりゃそうでしょうね。

ということで、日本を出発する前に下記も合わせて準備。

・iPhoneにロシア語キーボードを追加しておく
・オフラインでも使えるロシア語翻訳アプリ(Yandex.Translate)をiPhoneに入れておく

Google翻訳はとっても便利なサイトですが、インターネットにつながっていないと使えません。

SIMカードを買わないとインターネットが使えませんが、SIMカードを買うためには意思の疎通が必要・・・という堂々巡り。

オフラインで使える辞書はそれなりにありますが、翻訳アプリとなると数が少ない。いろいろ調べたところ、Yandex.Translateというアプリを見つけました。

これは基本はオンラインのロシア語翻訳アプリなのですが、設定の"Offline translation"で辞書をダウンロードしておくと、オフラインでも翻訳機能が使えます。

これで英語が通じなくても翻訳アプリで意思の疎通ができます。ロシア語キーボードを入れておいたのは、相手に返答を入力してもらうため。

さて、こうして準備万端でモスクワのシェレメチェボ空港に到着しました。

到着ロビーは1階。でも、1階には携帯電話ショップはありません。

モスクワのシェレメチェボ空港から市内へは、アエロエクスプレスという、日本でいうところの成田エクスプレスのような特急で向かいます。

アエロエクスプレスへの連絡通路は3階の出発ロビーにあります。

その出発ロビーからアエロエクスプレス乗り場までの通路に携帯ショップがたくさんあるということを読んでいたので、そちらに向かいました。

なるほど、確かにその途中に小さい携帯電話ショップのスタンドを発見!

20140902-01.jpg
こんなスタントがありました。(クリックすると拡大します。)

さっそくスタンドへ向かい、「SIMカードが欲しいのですが」と英語で言ってみました。

が、通じているような通じていないような。

でも、事前に情報収集しているのである程度の事はわかっています。ロシアのキャリアはMegafon、Beeline、MTCというのがあるということ。

せっかく翻訳アプリまで準備してきたのでそれを使えばいいのに、なんだか面倒になって「Megafonの1GBだといくらですか?」とiPhoneを見せながら「1GB」を強調してみたところ、意思が伝わりました。

試しに「3GBだったら?」と聞いてみたら、3GBのプランもありました。3GBだと390ルーブルとのこと。1ルーブルが約3円なので、1,170円ですね。

半日で3GBも使うことはないですが、モスクワはトランジットでまた来るような気がするし、べらぼうに高いわけでもないので3GBにしました。

そして料金を支払う段になると、レシートには390ルーブル、ではなく200ルーブル+390ルーブル、との表記が。

レシートがロシア語なのでよく分かりませんが、ちゃんとレジから出てきたレシートなので店員さんがボっているという風でもなさそう。

想像するに、390ルーブルはデータ通信の料金で、200ルーブルは通話用なのではないかなーと思いました。

いずれにせよ590ルーブルでも1,770円。

ロシアのような未知の国では通話出来た方がむしろありがたい(なにかあったら日本大使館に連絡できる!)ので、そのまま支払いました。

支払いが終わると店員さんはmicro SIMのサイズの切り取り線が入っているSIMカードを取り出して、パキッとmicro SIMにしてくれました。

この切り取り線、nano SIMサイズはありませんでした。

フィンランドのSIMカードもnano SIMサイズの切り取り線はなかったので、やっぱり海外でSIMフリーiPhoneを使いたいならiPhone 4sにしておくのがよさそうです。

SIMカードを取り出す器具を持っていなかったのですが、店員さんが貸してくれたのでスロットを取り出し、ロシアのSIMカードを装着。

すると店員さん、「アクティベーションをするからiPhoneを貸せ」という。

私のiPhoneは日本語表示のままだったので、「英語にしましょうか?」と聞いたのですが、「このままでOK」とのこと。

さすが、慣れている。文字が読めなくても理解できるんですね。プロだ!

そしていくつかSMSを送信したりいろいろしていたようですが、最初は電波をつかみませんでした。

「一旦電源を切ってみる」と店員さんがいい、電源を再度入れてしばらく待っていたところ・・・。


無事Megafonの電波をキャッチ!

ブラウザを開いてみたら、ちゃんとインターネットにつながりました。ありがとうお兄さん!

ぜんぶ店員さんがやってくれたので、APN設定がどうなっているのか、アクティベーションはどうするのか、いろいろ不明なままですが、ロシアの場合、店員さんにお願いすれば全部やってくれるのではないかと思います。

残高確認の方法も聞かなかったのですが、次にモスクワにトランジットで下りることがあったら聞いてみよう。

ロシアでも無事SIMカードを買えたことに気を良くして、ルンルン気分でアエロエクスプレスの乗り場に向かっていたら、ふと気づきました。

パスポート見せろって言われなかったな・・・。

事前に調べておいた情報では、SIMカードの登録に身分証明書が必要とのことでしたが、対応してくれる人によりけりなのか。それともちゃんとした店構えのショップの中ではなく、スタンドのようなところで買ったからなのでしょうか?

その後、エアロエクスプレス乗り場に向かって歩いていくと、途中いくつも携帯電話ショップがありましたので、シェレメチェボ空港ではSIMカード購入に困ることはないと思います。

ということで、私の「ロシアでSIMを購入する」についての感想とアドバイスは下記のとおり。

感想は、「とっても簡単!」。

英語が通じたと言えるレベルほどではないのですが、"SIM", "Megafon", "Three giga", "For iPhone"。これだけで意思は通じました。準備しておいた翻訳アプリも使いませんでした(^^;。

買ったSIMに自分で入れ替えてiPhoneを渡したら、あとは店員さんが設定してくれたので特にすることもなし。

ボーっと店員さんの設定を見守っていました。スタンドに行ってから設定が終わって開通するまで、所要時間は15分くらいだったと思います。

あとでSMSを確認したら、下記のようなメールが届いていました。

"Добро пожаловать в МегаФон! Ваш номер: +79xxxxxxxxx. Ваш тарифный план: МегаФон - Всё включено M. Запрос баланса: *100#. Управление услугами, смена тарифного плана и другая информация: *105#, по телефону 0505 и в Личном Кабинете на сайте www.megafon.ru."

翻訳したらこんな感じ。

"Welcome to Megafon! Your number: +79xxxxxxxxx. Your tariff plan: Megafon - All inclusive M. Request balance: *100#. Management services, the change of the tariff plan and other information: *105#, on the phone 0505 and in the Personal Account on the website www.megafon.ru."

なるほど、全て含まれているプラン・・・。「全て」って何だ?

とにかく通話も付いているってことですね。

アドバイスは次の2つ。

1.SIMは街中のショップより空港で買いましょう。
2.選択の余地があるなら、Android携帯よりもiPhoneを使いましょう。

1.について。ロシアではあまり英語が通じないそうです。空港の携帯電話ショップの人はたとえ英語が話せなくても、街中の携帯電話ショップの人よりは外国人に慣れているはずで、カタコトの英語で対応してくれると思います。

2.の理由はまさに、私の対応をしてくれた店員さんにあります。

あの店員さんは、きっと一日に何台もiPhoneでSIMカードのアクティベーションをやっているのでしょう。

言語が違えどiPhoneならメニューの位置やアイコンが共通なので、日本語が分からなくても設定が出来たんですね。

Androidの場合は機種が多すぎて、店員さんがなじみのない機種の場合、たとえ表示を英語にしても設定に手間取る可能性があります。

ロシアに限らず他の国でもiPhoneは普及しているので、なるべくならiPhoneの方がいいと思いました。

ちなみに、ロシアではiPhoneはとても高いそうなので、盗難にはご注意を。

と、ここまではとってもいい話。SIMの購入は簡単で、その後快適に過ごしました~と書きたいところなのですが、ちょっぴり残念なことが。

アエロエクスプレスでモスクワ市内に向かい、地下鉄に乗り換えて赤の広場へ向かいました。

歩き疲れてお茶をしてふとiPhoneを見たところ、電池残量が80%を切っている!

空港からここに来るまでには、ちょっとモスクワの地下鉄アプリを見た程度で、ほとんど使っていません。なのにこの電池の減り具合・・・。

Yandex.Metroという地下鉄アプリは便利です。乗り換えルートや所要時間を表示してくれるだけでなく、乗り換えのためには何両目の車両に乗るとよい、ということまで教えてくれるのです。オフラインでもオンラインでも使えます。

日本では日中iPhoneを頻繁に使っても、ここまで電池は減りません。なぜ?

想像するに、モスクワは東京よりも電波が弱いのではないかなーと思います。そのため、常にiPhoneが電波を探し続けているので電池を消耗してしまうのではないかと。

その証拠に、インターネットを使う必要がないときは機内モードにしてみたところ、電池が全然減りませんでした。

モスクワ市内にいるのは数時間程度だし、携帯用充電池は必要ないと思って持っていなかったので焦りましたよ!

追加のアドバイス。モスクワでは携帯用充電池を持っていた方がいいと思います。

ご参考まで、フィンランドに行かれる方は『ヘルシンキでフィンランドのSIMカードを買う』もご覧ください。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ヘルシンキ4日目~イッタラへ行ったら
ヘルシンキ3日目~スオメンリンナ島その2の続きです。

今回泊ったSokos Hotel Torniは朝食がとっても美味しかったです。特に朝一番で朝食のレストランに行くと、パンがすべて焼き立てなのです~。

20140831-03.jpg
何日目のだか忘れてしまいましたが朝食。(クリックすると拡大します。)

パンだけでなく、ハムもチーズもサーモンも、当然コーヒーもおいしい!普段そんなに朝食は食べないのですが、旅行中ってついついたくさん頂いてしまいますね。

20140831-04.jpg
朝食を頂いたレストラン。(クリックすると拡大します。)

朝食を終えて身支度を整えたら、4日目の観光に出かけます。翌日にはもうヘルシンキを経つので、この日が観光の最終日。

ホテルから出てブラブラ歩いていたら、黄色いトラムに遭遇。

20140901-01.jpg
人が乗るトラムとは形が違うので、点検用のトラムのような感じ。(クリックすると拡大します。)

新幹線では「ドクターイエロー」といって、それを見ると幸せになるといいますが、ヘルシンキのトラムはどうなんでしょう~?

20140901-02.jpg
Kamppiという大きなバスターミナルやショッピングセンターがあるエリアの中庭のようなところ。(クリックすると拡大します。)

朝10時過ぎですが人気がないです。Kamppiといえば、ヘルシンキからフィンランディア杯の会場、バローナアレーナに行くバスの路線が通るバス停ですよ。

20140901-03.jpg
"ale"という文字がたくさんかかれた看板がか掛かっているお店。(クリックすると拡大します。)

"ale"という言葉はとても大切なので覚えましょう。「セール」という意味ですよ!この時期、どのお店も30%オフくらいになって、フィンランドデザインが好きな人なら正気ではいられないはず!

ヘルシンキではできるだけ自家用車の利用を減らして、2025年には自家用車が走らない街になる、というのを目指しているのだそうです。

そのためか、また、国土が平らなせいか、自転車に乗っている人をよく見かけます。

20140901-04.jpg
こんな自転車専用道路もありますよ。(クリックすると拡大します。)

こういう道路があれば安心して自転車に乗れますよね。

20140901-05.jpg
自転車を停める場所もちゃんと確保されています。(クリックすると拡大します。)

ブラブラ歩き続けていたら、こんな建物の前に出てきました。

20140901-06.jpg
2階のテラスに何かがいる!(クリックすると拡大します。)

20140901-07.jpg
キリン。かわいい!(クリックすると拡大します。)

20140901-08.jpg
これはヘラジカ?(クリックすると拡大します。)

20140901-09.jpg
この建物はヘルシンキ自然史博物館なのです。(クリックすると拡大します。)

入りたかったのですがこの日は休館日でした。次にヘルシンキに来たときには絶対行こう、と決意してフィンランドを離れましたが、まさかまた10月にフィンランドに行くことになるとはその時は思っていなかった!

20140901-10.jpg
自然史博物館の近くには国会議事堂があります。(クリックすると拡大します。)

国会議事堂からヘルシンキ現代美術館方面へ歩いて行きます。この美術館もこの日はお休み・・・。

20140901-11.jpg
ヘルシンキ現代美術館前の銅像。(クリックすると拡大します。)

ヨーロッパってこういう銅像が多いですよね。ここからヘルシンキ中央駅の反対側まで歩いてみました。

20140901-12.jpg
駅前のバスターミナル。(クリックすると拡大します。)

20140901-13.jpg
バスターミナル向こうの広場から駅を眺めたところ。(クリックすると拡大します。)

駅前をブラブラして写真を撮ったら、本日の一番の目的地へ向かいます!

20140901-14.jpg
ヘルシンキ中央駅前から乗るのは6番のトラム。(クリックすると拡大します。)

トラムの行き先には"ARABIA"と書かれていますよ。ARABIAってどこでしょう~?

20140901-15.jpg
終点の一つ手前のArabiankatu駅で降ります。(クリックすると拡大します。)

中央駅前から大体15分くらい。目的地はこの写真の奥に写る、煙突のある建物です。

20140901-16.jpg
目的地に到着!(クリックすると拡大します。)

20140901-17.jpg
建物の中に入り進んでいきますよ。(クリックすると拡大します。)

20140901-18.jpg
ジャジャーン!イッタラのアウトレットです!(クリックすると拡大します。)

20140901-19.jpg
アウトレットの入り口前には、大きなムーミンマグが!(クリックすると拡大します。)

20140901-20.jpg
いよいよ、アウトレット内に入ります。(クリックすると拡大します。)

ここには4年前、2010年の世界一周旅行のときにも来たことがあります。その時も調子に乗っていろいろと購入したのでした。

今回はというと・・・。

最初ざっと見まわしたときは、今回はそんなに欲しいものがないなーと思ったのです。カップはトーベ・ヤンソン生誕100周年のモデルがありましたが、マグは家にたくさんあるので今回は買うまい、と決めていました。(でも実は、買っておけばよかったー!と今思っている。)

そんなに欲しいものもないし、買わないで帰ろうかななんてぼんやり思っていたのですが。一つ欲しいものが見つかると、どんどん欲しいものが見つかり、結局持ち帰れないほど買うことに(^^;。

身軽に帰りたいので日本へ郵送してもらいました。もう自宅に届いているので、後日買ったものをお披露目しまーす。

さて、イッタラ&アラビアの買い物を終えたら、次はPENTIKです。(まだ買うのか!)

このアラビア工場にはイッタラの他、いくつも素敵なデザインのお店が入っていて、ここに来たらPENTIKも寄るぞ!と決めていたのです。

20140901-21.jpg
左のガラス張りのお店がPENTIK。(クリックすると拡大します。)

ヘルシンキ旅行のお土産いろいろでご紹介した通り、PENTIKでは反射グッズ、バスマット、フェイスタオルの他、写真に撮るのを忘れていたのですが実家用にバターナイフとトナカイの形のコースターを買いました。

20140901-22.jpg
これは郵便局。郵便局のマークまでオシャレですよ。(クリックすると拡大します。)

20140901-23.jpg
このあたりの縮尺モデルのようです。(クリックすると拡大します。)

20140901-24.jpg
"Olet tässä"と書いてあります。(クリックすると拡大します。)

"You are here"、あなたはここにいますよ、という意味です。この縮尺モデルはなんていうことのないものですが、"Olet tässä"というフィンランド語を理解できたのがうれしい!

こういう「知ってる!」「分かる!」「通じた!」という喜びが、語学の学習のモチベーションになるんですよね。

さて、大満足のお買い物をしたらお腹が空きました。アラビアの工場内にはカフェがあるので、こちらで休憩。この中で働く人々も普通にこのカフェを利用しているようでした。だからか、ヘルシンキ中心地よりちょっとお値段がリーズナブル。

20140901-25.jpg
この黒板があるところがカフェ。(クリックすると拡大します。)

フィンランドではこうやって黒板にメニューを書いているカフェをよく見かける気がします。

20140901-26.jpg
カフェの様子。(クリックすると拡大します。)

このカフェもセルフサービス。お金を払ってから、自分でコーヒーカップを取ってサーバーからコーヒーを入れ、スープの入った鍋からスープをよそいます。

このシステム、人々がちゃんとお金を払ったものだけを取る、という信頼がないと成り立ちません。こういうシステムが成り立つというのは、治安が良くて人々の教育レベルがある程度高いという証明になると思います。

コーヒーとパンとスープのランチを頂き、トラムで再びヘルシンキ中央駅へ戻りました。中央駅前に戻ってきたらもう14時半。

ホテルに戦利品を置き、ちょっとお昼寝。お買い物って疲れますよね・・・。

一人シエスタを終え、元気をチャージしたら次に向かうのはKahvila Suomi

映画『かもめ食堂』のロケ地になったカフェです。

20140901-27.jpg
こんな住宅街の中にカフェ・スオミはあります。(クリックすると拡大します。)

20140901-28.jpg
カフェ・スオミのマークが見えてきましたよ。(クリックすると拡大します。)

このカフェ・スオミも、2010年のヘルシンキ滞在で来られなかった場所です。今回こそはとリベンジ!

20140901-32.jpg
お店の雰囲気はこんな感じ。(クリックすると拡大します。)

映画『かもめ食堂』の内装とはちょっと違いますね。日本人に人気があるのでしょう、私が行った時間は日本人しかいませんでしたよ。

お店の方も日本人に慣れているのでしょうね。フィンランドのカフェのシステムに慣れていないだろう観光客に、丁寧に説明してくれました。

コーヒーを一杯ください、とフィンランド語で言ってみたら「フィンランドに住んでるの?」と聞かれました。ウフフ、通じたみたい。うれしい♪

20140901-31.jpg
窓際の席に座りました。お天気がよくて気持ちよかった。(クリックすると拡大します。)

20140901-29.jpg
頂いたセットメニュー。サラダ、パン、コーヒー、ヨーグルト。(クリックすると拡大します。)

ちなみに、カフェ・スオミもセルフサービス。サラダもパンもヨーグルトも置いてあるものを自分で取り、コーヒーも自分でサーバーから入れます。

20140901-30.jpg
メインのミートボール。思ってたより多かった!(クリックすると拡大します。)

フィンランドのミートボールは甘いベリーのソースをかけて頂きます。日本人には、お肉に甘いソース!?とちょっとびっくりな組み合わせですが、意外といけます。

『かもめ食堂』のロケ地カフェにも来られたし、4年前のリベンジを果たせました。

この後、ヘルシンキ湾のクルーズに行きましたが長くなるので続きます。

20140831-05.jpg
ところでこれは、私が海外旅行に行くときに必ず持参する犬のぬいぐるみ。ホテルのテーブルに飾ったところ。(クリックすると拡大します。)

このぬいぐるみは旅の安全のお守りなのです。これと一緒に世界中あちこちに行きました。

ヘルシンキ旅行のイッタラのお土産別送品に続きます。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

ヘルシンキ3日目~スオメンリンナ島その2
旅行記がフィンランドに行ったり仙台に行ったり、あちこち飛んですいません・・・。

ヘルシンキ3日目~スオメンリンナ島その1の続きです。

カフェを出て海の方へと進んでいくと・・・。

20140823-24.jpg
岩場と小さいビーチ。(クリックすると拡大します。)

水着で寝そべったり海に入っている人がいますが、海に入りたいと思う気温ではなかったですよ!

20140823-26.jpg
遊歩道沿いに大砲。平和な時代のありがたさが分かりますね。(クリックすると拡大します。)

20140823-27.jpg
この景色を見るとよく分かりますが、フィンランドは岩が多い地形です。(クリックすると拡大します。)

20140823-28.jpg
これは要塞の跡。(クリックすると拡大します。)

20140823-29.jpg
こんな風に大砲が海の方を向いて設置されています。(クリックすると拡大します。)

20140823-30.jpg
物騒ですねぇ。(クリックすると拡大します。)

スオメンリンナ島はかなりの広さがあり、この大砲がある要塞はフェリー乗り場からかなり離れた場所にあります。

延々とここまで歩いてきたら疲れてしまいました。芝生の上にゴロンとなって休憩しようかと思ったら、ポツリポツリと雨が・・・。

歩いているうちに雨はやみましたが、芝生が濡れてしまったのでゴロンとなるのは無理そうでした。

20140823-31.jpg
遠くに潜水艦が見えてきました。(クリックすると拡大します。)

潜水艦ヴェシッコ号と博物館で、ヘルシンキカードがあれば無料で中を見学できます。

20140823-32.jpg
潜水艦の内部。(クリックすると拡大します。)

キッチンやベッドや無線室などがありましたが、かなりの狭さ。こんな狭い中で深い海の底を移動していたら、ちょっと気持ちがおかしくなりそうな気がします・・・。

20140823-33.jpg
ビジターセンター前に停まるフェリー。(クリックすると拡大します。)

スオメンリンナ島に来るフェリーは2つあるのですが、ヘルシンキ交通局のフェリーは島の端の船着き場にしか止まりません。これはもう一つ別の会社のフェリー。

ヘルシンキカードではヘルシンキ交通局のフェリーにしか乗れません。

島の端の要塞まで、ぐるーっと歩いたら、結構な時間がかかりました。観たいところはほぼ観たので、そろそろ帰ります。

20140823-34.jpg
行きに寄ったスオメンリンナ教会を別角度から。(クリックすると拡大します。)

歩き通しで疲れたので、水分&糖分補給でカフェ休憩~。

スオメンリンナ教会の向かいの素朴なピンクの建物のカフェです。

20140823-35.jpg
ベリーのパイとコーヒー。(クリックすると拡大します。)

甘ったるすぎず、ベリーの酸っぱさが程よく、美味しいパイでした。

ちょっとテーブルがボロッとしてますが、気にしません。

フィンランドでは一日何杯コーヒーを飲んだでしょう。とにかくカフェがあちこちにあり、カフェがあると入りたくなります。

20140823-36.jpg
カフェの看板と向かいの教会。(クリックすると拡大します。)

ちょっとオシャレなカフェの看板と、お花の赤と、チラッと見える教会がいい構図。

20140823-37.jpg
この建物はフェリー乗り場の近くにあるユースホステル。島の中にユースホステルがあるなんて斬新です。(クリックすると拡大します。)

20140823-38.jpg
フェリー乗り場。(クリックすると拡大します。)

みんなでフェリーが到着するのを待っているのですが、ここにもワンコが!ワンコもフェリーに乗れます。料金はどうなっているんだろう。

帰りも20分ほどの気持ちいい航海を堪能しながら戻ってきました。

20140823-39.jpg
ヘルシンキの大聖堂が見えてきました。(クリックすると拡大します。)

20140823-40.jpg
フェリーを降りるときに、天井近くに装備されているたくさんのライフジャケットを確認。(クリックすると拡大します。)

かなりの左右両方にかなりの数があったので、乗客全員分ちゃんと足りそうです。

20140823-41.jpg
フェリーを降りて歩いていたら、こんなトラムに遭遇。デザインが可愛いですね。(クリックすると拡大します。)

午前中からスオメンリンナ島に行ったのに、戻ってきたらもう16時半でした。

中途半端な時間なので、特にどこかを観光するということもなく、のんびり街をぶらつきました。

夕食はスーパーでデリを調達することに。

20140831-01.jpg
Sokosホテルの地階にあるSマーケット。(クリックすると拡大します。)

郵便局隣のKスーパーマーケットよりも、Sokosホテル地下にあるSマーケットの方がデリの品ぞろえは豊富です。

フィンランドのスーパーのデリの注文は銀行のような番号札形式になっていて、デリのケースの前にある機械から番号の書いてある紙を引いて番号が呼ばれるのを待ちます。

マッシュルームのマリネ、チキンのグリル、温かいのと冷たいマッシュポテト、サラダなどいろいろ。パンの種類も豊富なので、デリとパンと飲み物を買えば十分ディナーになりますよ。

海外のスーパーで買い物するのって楽しいですよね。

スーパーでもプラスチックのスプーンやフォークは買えると思いますが、デリを買うつもりの方はコンビニでもらうお箸やスプーン、フォームを持っていくといいと思います。

4日目に続きます。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

人生は一度きり!
フットワークが軽い、とか、アクティブ、と言っていただくこともある私ですが、何をするにも面倒に感じて犬の散歩以外一日家から出ない、なんていうこともあります。

やろうかなー、どうしようかなー、とうだうだ悩むこともあります。

そんなとき考えるのは、「いまこれをやらないで、1年後、5年後、10年後に後悔しないかな?」「あのときやっておけばよかったな・・・と思わないかな」、ということ。

やってみて、楽しくなかったり合わなかったらやめればいいだけのことです。

お金が掛かることを始めたものの合わなくてやめてしまった、ということもありえますが、お金は働けば取り戻せます。

でも時間は絶対取り戻せない。

しかも、人生の折り返し地点を通過したアラフォーにとって、時間の大切さは20代、30代以上です。

「いつやるの?今でしょ!」という林先生のセリフが流行りましたが、あれは受験生に向けてより、むしろ人生の残り時間が刻々と短くなっていく大人にこそ必要な言葉だと思います。

「あの時始めておけばもっと上手くなってたかも・・・」と1年後に思いたくないので、今月からスケートの個人レッスンもスタートすることにしました。

人生は一度きり、過ぎた時間は戻ってきません。

やろうかどうか迷っていることがあるなら、やってみたほうが絶対いいです。

踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊りゃな損ソン!

という唄がありますが。

やってみる阿呆に悩む阿呆、同じ阿呆ならやってみにゃ損ソン!

ですね。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

NHK杯のプレオーダーに外れた・・・
eプラスで2014年NHK杯国際フィギュアスケート競技大会のプレオーダーに申し込んでいたのですが・・・。

見事、3日間とも外れました(><)。

eプラスから「チケットをご用意することができませんでした。」という悲しいメールが届いてガックリ。

先日はアイスクリスタルの会員募集の抽選にも外れたし、どこもかしこも、フィギュアスケート関連は競争率が高いですね。

お金と時間さえ許せば、海外観戦の方がうんとハードルが低いですよ。

プレオーダーが撃沈だったので、次の申し込みにかけるしかありません。

eプラスでは9月10日から16日まで、またプレオーダー受け付けるようです。

http://cc.eplus.jp/c/tl?i=hXQ6t3Q2QYVeUBh7

eプラス、チケットぴあ、ローソンチケット、CNプレイガイドなど、アカウント作成して準備万端でチケット争奪戦に参戦します。

ところで、だいぶ出遅れた話題ですが、羽生結弦選手が記念切手になるそうですね。

羽生結弦メモリアルフレーム切手セットの販売開始

これを買う多くの人は、切手を実際に使うことはないでしょうが、この切手で海外の羽生選手ファンにハガキを送ってあげたら泣いて喜ばれるだろうなぁ。

9月16日に発売開始だそうです。

私はどうしようかな~。

3,980円。切手としては安くはないですが・・・。

今買わないと二度と買えない、という心理で買ってしまうのかも・・・。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

お誕生日のケーキとプレゼント
シェリーのお誕生日のお祝い内容。


日本橋三越まで買い物に行きました。


「たまごちゃん」の冠付きのバージョン。これ、初めて見ました。


ワクワク!


『NY BON BONE』というブランドのオヤツ。640円也。

オーガニックのオーツ麦やブルーベリーが原料で、小麦粉や砂糖不使用。

うちの犬はアレルギーがあるので、オーガニック食材が原料なのは助かります。


カラー。2,200円也。

カラーが散歩中に壊れたら大変なので、カラーは定期的に買い替えます。

そして、ケーキ!


こういう犬用ケーキが売ってるのですよ。420円也。


見た目は人間のケーキと変わりません。


早く食べたくて変な顔になってます。

これを一度に食べるとお腹を壊すので、今日と明日で半分ずつ。

明日も食べられるよー!

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

仙台旅行1日目~夕食♪
仙台旅行1日目~アイスリンク仙台へ!の続きです。

ホテルに戻って着替えをし、少し休憩してから夕食に出かけました。

みなさんに教えていただいたお寿司屋さんのどれかに行こうと思っていたところ、ホテルでこんなチラシをもらいました。


牛タンやお寿司、ずんだなどのお店のお得クーポン。

この中に、教えていただいたお寿司屋さんが一つ載っていたので、そちらに行くことにしました。

行ったのは仙台駅の隣のビル、S-PAL仙台の中に入っている『塩釜すし哲 S-PAL仙台店』。

7時前にお店に入ったのですがほぼ満席。予約のお客さんもいるようでした。

色々なものを頂いてみたかったので、握りのセットは一人前にして、その他に単品でいろいろと注文しました。


イワシのお造り。

イワシのお刺身なんて新鮮でないと食べられません。これはすごーくおいしかった!


穴子の白焼き。

穴子大好き!こちらもふわふわで美味しい!


握りと巻き物のセット。

握りのセットは4つくらい種類がありましたが、これは下から2つ目のもの。

どれもおいしかったですが、特にウニがすごーく甘くておいしかった。


食べたことのない、タコの頭の握り、というもの。

これが、お得クーポンでもらえる一品なんだそう。味付けがされているので、醤油をつけずにそのままで頂きましたが、これまたおいしかった。


カツオの酢もの。すし哲の名物だそうです。

カツオそのものももちろんとっても美味しかったのですが、この酢が絶妙の酸味と甘みがあっておいしかった。

さっきからおいしかったしか書いてませんね。語彙力が貧弱すぎる。


握りのセットに入っていたウニとイクラがおいしかったので、もう一貫ずつ注文。


かんぴょう巻。


最後は自家製の桃のシャーベットでしめくくります。

ビールを1杯ずつ飲んで、2人で9,730円也。

お腹も心も大満足の仙台一日目でした。翌日は松島観光です。

2日目に続きます。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

仙台旅行1日目~アイスリンク仙台へ!
仙台旅行1日目~仙台城と五色沼の続きです。

仙台城跡と五色沼を見学後、一旦ホテルに戻り、預けていた荷物を受け取りました。

そしていよいよ、(私にとっての)聖地、アイスリンク仙台へ!

地下鉄南北線の仙台駅から、終点の泉中央駅へ向かいます。


地下鉄仙台駅。

20140829-35.jpg
地下鉄泉中央駅。

バスを探したのですが、次のバスが25分後だったので、あきらめてタクシーで。

このタクシー乗り場が分かりにくかった(^^;。

バス乗り場は駅を出てすぐ正面なのですが、タクシー乗り場は駅の建物を出てすぐ左にあるエスカレーターを上がったところにあります。

無事タクシーを見つけて乗り込み、「アイスリンク仙台へ。」と言うのがなんとなく恥ずかしく、「仙台泉ショッピングセンターへお願いします。」と・・・。

そして、5分程で到着。

20140829-16.jpg
アイスリンク仙台!(クリックすると拡大します。)

今までよくテレビや動画で見ていた(私にとっての)聖地が目の前に!

思っていたより小さかったけど、気にしない!

ドキドキ、キョロキョロ、ちょっぴり挙動不審になりながらも、羽生結弦選手が出入りしていたあのドアを開けて中に入ります。

20140829-22.jpg
おお!ここテレビで見たことある!(クリックすると拡大します。)

いよいよリンクサイドへ!

今回の仙台旅行、羽生結弦選手のホームリンクだったところで滑ってみたい、という100%ミーハーな気持ちでやって来ました。

20140829-17.jpg
キャー、羽生選手の滑ってたリンク!(クリックすると拡大します。)

20140829-18.jpg
キャー、羽生選手の座ってたベンチ!(クリックすると拡大します。)

20140829-19.jpg
キャー、羽生選手の歩いてたリンクサイド!(クリックすると拡大します。)

と、キャーキャー言うと自分でも思ってたのですが。

私がアイスリンク仙台に着いたのは、リンクオープン直後の12時15分ごろ。

さっきのガラスのドアを通って目に入ってきたのはこの光景。

20140829-20.jpg
誰もいないリンク!(クリックすると拡大します。)

これを見たとたん、アイリンに来た本来の目的を忘れてしまいました(^^;。

こんなに空いているリンクで滑ったことない!

中央が選手の練習エリアとして区切られてないから、リンク真ん中で滑れる!

フォアもバックもクロスオーバー滑り放題!

羽生選手の元ホームリンクで、あちこちに羽生選手の足跡を感じながら感慨深く滑る、という当初の目的がどこかに行ってしまって・・・。

結局、3時間以上、ガチで練習してきました(^_^;)。

途中、休憩を入れた時にふと「はっ!キャー羽生選手の○○!」っていうのをしに来たんだった!と我に返り、アイスリンク仙台の写真を撮りました。上のリンクの写真も実はひとしきり滑り終わってから撮ったものです。

20140829-21.jpg
リンクサイドに貼ってあった羽生選手の著書『蒼い炎』の広告。
(クリックすると拡大します。)

ここからは羽生選手関係の写真全開でお届けします。

20140829-23.jpg
羽生選手のサイン入りアイスリンク仙台の復興支援チャリティグッズのポスター。(クリックすると拡大します。)

このポスター、スターズオンアイスのアイリンショップにあったような気がします。

20140829-24.jpg
羽生選手の写真やサインなど。(クリックすると拡大します。)

下はそれぞれのアップです。

20140829-25.jpg
2013年の羽生選手のサイン。(クリックすると拡大します。)

20140829-26.jpg
たぶん七夕の短冊。(クリックすると拡大します。)

この内容からして2014年のものでしょうか。

20140829-27.jpg
これは2013年ですよね。(クリックすると拡大します。)

20140829-28.jpg
あはは、カワイイ!(クリックすると拡大します。)

ピンクのアイリン手袋のそれぞれの指に、一文字ずつ「は・に・ゅ・う・ゆ・づ・る」と書いてあります。最後のハートがこれまたかわいい。

でも、左右逆の方がよかったですよね(^^;。

20140829-29.jpg
このコーナーはこんな感じになっています。(クリックすると拡大します。)

ガラスのドアを入ってすぐ左手にあります。ドアを入る手前は荒川静香さんのコーナーになっています。

20140829-34.jpg
浅田真央さん、浅田舞さんの写真&サインも!

20140829-30.jpg
仙台のフィギュアスケーターの皆さんのサイン。(クリックすると拡大します。)

20140829-31.jpg
仙台のパレード支援Tシャツなど。(クリックすると拡大します。)

Tシャツと、右の下の方のサインは2014年ですね。右の上の方のサインはいつのだろう?最近のサインでは見かけない「きのこ」が書かれている!

20140829-32.jpg
2012年NHK杯のポスター。(クリックすると拡大します。)

このポスターに書かれたサインの数々、すごいなぁ。

20140829-33.jpg
羽生選手のサイン on 2014年7月・8月のカレンダー。

ひとしきり写真をとって「キャー!」をやったあと、また自分の練習に戻りました。

空いているのはリンクオープン直後だけかと思いきや、平日だったこともあるのでしょうが、時間が経っても人が増えません。結局3時間以上、リンクには5~6人しかいないという状況。ほぼ貸切練習状態です。

羽生選手が練習していた元ホームリンクで、思う存分スケートを練習できて、いろんな意味で大満足の時間でした。

アイスリンク仙台は平日はいつもこんなに空いているんでしょうか。東京のリンクは平日でももっと人がいて、なかなか思うように滑れないです。

こんなに空いているならお金と時間をかけてでも、平日お休みが取れたら「一人仙台合宿」と銘打って仙台に遠征してくるのもいいかもしれない・・・。

でも、こんなに人が少ないということは経営難でリンク閉鎖になってしまったのも分かるなぁとも思いました。

大人スケーターがたくさんいれば平日ももう少し混むと思うのですが、仙台では大人スケーターはあまりいないのでしょうかね。

そもそもの人口も東京と仙台とでは違いますしね。

しっかり動いてちょっと疲れたので、一旦ホテルへ戻って着替え、夕食に出かけます。

仙台旅行1日目~夕食♪へ続きます。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

祝10歳!
うちの犬がついに10歳になりました!


安定のかわいさ!モデルすわり!カメラ目線!

美味しいお肉を買って帰ってくるからね!

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。