最近の記事


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大人スケーターのフィギュアスケートレッスン~2014年7月4週目
今月最後のフィギュアスケート教室。今回はセミサークル中心でした。

特に、誰もが苦手な(と思う)バックインのセミサークルを詳しくゆっくり説明してもらえて、あやふやだった部分がクリアになってよかったです。

不思議なことに、バックアウトで右足から滑り出すときは勢いが足りずに一蹴りで半円滑り切れないのに、バックインは逆に勢いがつき過ぎてうまくエッジに乗れません。

バックアウトのセミサークルでは、腰が回ってるとの指摘を受けました。

2回注意されたのでよほど目に付くのかも。

体の向きを進行方向にくるっと変える時に腰が回ってしまっているようです。あと、体の向きを変えるのが早いそうです。

いや、逆か。体の向きを変えるのが早いから、腰が回ってしまうのか。

自主練習も大切ですが、コーチに見ていただくとダメ出ししていただけるのでやっぱりいいですね。

とはいえ、スケート教室は人数が多くて、一人一人を見てもらえる時間はとても少ない。

そろそろ個人レッスンも受けてみようかな・・・。

いつも自主練習しているときに他の方の個人レッスンの様子を見ていて、このコーチに習いたいなぁと思っているコーチが実は既にいます。

大人の私は見て覚えるのは難しいので、言葉で説明してくれるコーチがいいんです。そのとき、いい例だけでなく、「こうしてはダメ」とダメな例もあげてもらえる方が、私は理解しやすいです。

個人レッスンはみんなどれくらいの頻度で受けてるんでしょうね?月2回くらいなのでしょうか??

ところで、前回の自主練習の記事に書いた「エッジが横滑りする」という件。

あの後、インターネットでいろいろと調べてみました。

諸々の情報を統合した結果、エッジに爪をカリカリこすりつけてみて、爪が削れなかったらエッジがすり減っている、と判断できるらしい。

さっそくやってみたところ、爪は全然削れませんでした(>_<)。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

アミノバイタル
フィギュアスケートの自主練習では、普段はだいたい2~3時間で切り上げています。

が、先日はなぜだか興に乗っていて、リンクオープン直後に行き、途中ランチ休憩を2時間ほど挟み、リンククローズ時間まで滑っていました。

ただ、興に乗っているのは気持ちの方だけで、体はなかなかついて行きません。最後の方はヘロヘロになっていました(^^;。

気持ちは滑りたいのに体がついてこないのはなんだかもったいない!なにかこう、スタミナを維持できるものはないものか・・・と考えていたら、ふとこの広告が頭に浮かんできました。


読売新聞に載った、羽生結弦選手バージョンのアミノバイタル一面広告。

ちなみに、私は読売新聞を取っていません。実家から郵便物が届いて、なにかと開けてみたらこの広告だけが入っていました・・・(^^;。

同じ画像が味の素のHPにも載っていますね。

タンパク質は運動により失われてしまうそうですが、それを補う唯一の栄養素がアミノ酸。アミノ酸は素早く吸収されるので、スポーツ中及びスポーツ後のカラダ全体のコンディショニングに最適なのだそうです。

詳しくはこのページで解説されています。

アミノバイタルはこのアミノ酸とビタミンが顆粒状で飲みやすく摂取できるという商品で、実際に羽生選手も摂取しているらしい。

そういえばソチオリンピックのインタビュー後に、しゃがんで何か飲んでいるなーと思っていたのですが、それがアミノバイタルだったのかも。

いろいろ調べると、運動中に疲れにくいとか、運動後に飲むと翌日に疲れが残らないとか、使った人の感想はなかなか良さげ。

ものは試しと、一番スタンダードそうなアミノバイタルを購入。


アミノバイタル。アミノ酸が2200mg配合されているタイプです。

これの他、もっとアミノ酸の配合量が多いものやゼリータイプ、水に溶かして飲むタイプなどがあります。

タブレットタイプもあり、どちらが利用しやすいか分からなかったのでタブレットタイプのアミノバイタルも買ってみました。


アミノバイタルタブレット。こちらはそのまま噛んで食べられます。

さて、先日のスケート自主練習時にさっそく飲んでみました。

飲むタイミングは、運動前、運動中、運動後、など特に決まっていないようなので、まずは運動の直前に飲んでみました。

2時間くらい滑ったところで休憩を入れたのですが、いつもより疲れてないなと明らかに分かるくらいに感じました。

いつもより疲れないので、練習後半もしっかり動けました。

休憩中にもう1袋飲んで、さらに、運動後にも1袋アミノバイタルを飲んでおきました。

すると、いつもなら家に帰ってぐったりするのに、なんだか元気!もっと動きたい!という気持ちと体の軽さだったんです。

運動前に飲んでおくと疲れにくくてしっかり動けるし、運動後に飲んでおけば疲れが残りにくくなるようです。

私の両親はテニスをするので、両親にも勧めてみました。父はもう70歳を過ぎているので、2時間テニスをすると、さすがに帰宅後バテるのだそうです。

が、アミノバイタルを飲んでテニスをした日はいつもより疲れなかった、と言っていて、私の両親にも効果があった様子。

インターネットで調べると、賛否両論、効果があるない、といろいろ書かれていますが、少なくとも私と私の両親には合ったようです。

お安くはないのですが、スポーツをしていてスタミナ不足や運動後の疲れが気になる方は試してみる価値はあると思いますよ。

羽生選手が広告に出ているからアミノバイタルを買ったというわけではないのですが、羽生選手が広告に出ているからアミノバイタルのことを覚えていた、というのは確か。広告に出ているのが他の選手だったら気に留めていなかったかも。

広告効果というのはこういうところに現れるのですね。

一度使ってみて効果があったので、フィギュアスケートをやり続ける限り、ずっと愛用すると思います。

こういう人間がたくさんいるので、企業は高いお金をかけて人気のタレントさんやスポーツ選手を起用するのでしょうねー。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

保温・保冷ステンレス真空マグボトル
いつもフィギュアスケートの練習には、家で水出しした麦茶をペットボトルに入れて持って行っています。

リンクは当然寒いので、飲み物も冷たくなってしまいます。

先日はこの冷たい麦茶を飲んだら体がすっかり冷えきってしまいました。

やっぱりリンクでは体が暖まる温かい飲み物を飲んだ方が体に良さそうですよね。

そこでこんなものを買ってきました。


タイガー魔法瓶の『夢重力ボトル』という真空マグボトル。


480ml入るサイズです。

このステンレスボトル、すごーく軽いんですよ。


魔法をかけたような軽さ、と言い切ってます。

同じ容量のステンレスボトルを持ち比べましたが、これが一番軽かった!

スケートの練習時はただでさえ荷物が重いので、軽いにこしたことはありません。


ボタンを押して片手で開閉できるタイプ。

両手で開け閉めするタイプよりこっちの方が使いやすいですよね。


飲み口はこんな感じ。


蓋を外した口が大きいので、洗うのもラクそう。

保温だけでなく保冷ボトルとしても使えるそうなので、この口の大きさなら氷も入れやすそうです。

ステンレスボトルなのでカバーをつける必要はないのですが、スケート場で使う場合はカバーがあると便利。

スケーターがみんなペットボトルや似たようなステンレスボトルを同じ場所に置いているので、カバーをつけると自分のものが見分けやすいんですよね。


マリメッコのペットボトルカバーにも収まりました。このステンレスボトル、思ったよりスリムです。

自分のものを見分けやすくするためにカバーをつけるのは、羽生結弦選手が自分のティッシュケースを見分けやすくするためにプーさんのティッシュカバーを使うのと同じですね。

軽くて使い勝手が良さそうなので、会社用にもう一つ買い足すか思案中です。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

関心の量
人間というのは、関心の総量が決まっているのだなぁと最近つくづく思います。

フィギュアスケートを習い始めるまでは、趣味と一応呼べるものはゴルフと茶道でした。

が、今は茶道のお稽古はお休みし、ゴルフは誘われても行きません(^^;。土日はフィギュアスケートの練習をしたいので、週末を使う他の趣味は興味がなくなってしまったのです。

フィギュアスケートは自分が滑れない平日でも、観る方の楽しみがあるので、ついつい平日夜には羽生結弦選手の演技に限らず、YouTubeを観たり録画しておいたアイスショーを観たり、いまだにソチオリンピックの映像を観たりしてしまいます。

(とはいえ、まだ「覚醒の時」を観ていません・・・。ある程度時間が確保できる時に観ようと思っていたら、どんどん先延ばしになってしまっています。)

フィンランド語の勉強を始めたら英語に手をつけなくなってしまい、最近はあまり英語の本を読まなくなってしまいました。

英語はCNNやBBCをテレビで見る程度で、インプットの量が格段に減っています。

英語の本を読む量も減ったので、当然日本語の本も読む頻度が落ちてきました。

そう思って最近のブログを見返してみたら、内容がかなりフィギュアスケートに偏って、読んだ本の紹介を書くことも減り、英語について書くことも減り・・・。

このブログを見に来てくださる方は、英語の勉強方法を知りたかったり、女性のマンション購入に興味があったり、あるいは女性のキャリアについて調べている方が多いのではないかと思います。

あまりフィギュアスケートの事ばかり書いていても読む方は面白くないし、役にも立たないだろうなぁと思いつつ・・・。

フィギュアスケート熱(とくに自分が滑る方)は冷めないまでも、ブログに書く頻度はそのうち減っていくと思われるので、ゆるゆるとお付き合いいただけたらうれしいです・・・。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

瞬間英作文シリーズ
仕事柄、また、このブログでも英語について書くことこともあるので、英語の学習法について聞かれることがよくあります。

すでにブログで紹介したことがありますが、まずは『Forest』か『一億人の英文法』、これら二つが難しい人(中学英語にちょっと自信がない人)には『中学3年間の英語を10時間で復習する本』で文法を学習することからオススメしています。

なぜなら文法は全ての基本だから。

でも、文法はあくまでインプットの学習。

話すためにはアウトプットの練習(注:「勉強」ではない)が欠かせません。

話すというのは、英作文を文字で書かずにソラで行うということ。とても難しいことなんですよね。

まずは、今持っている知識を、ただ読んで書けるのではなく、実際に会話で使えるものにしていく練習が必要になってきます。

それに向いているのが、ベレ出版から発売されている「瞬間英作文」シリーズ。

会話力をつけたいという人にはこれらの本を紹介しています。



どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』と『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング』です。

この本は、簡単な英文をスピーディーに作る練習を繰り返すことで、すでに知識としては知っている英語を、会話で使える英語にしていくのが目的です。

本屋さんでこの本をパラッとめくっていただくと分かるのですが、この本に載っている文章はとても簡単。

例えば、「あのきれいな女の人は誰ですか?」や「彼女は彼に辞書を貸してあげましたか?」など。

きっと英語を勉強している方なら、この文を英語にして書いてください、と言われれば出来ると思います。

でも、この文を見て、考え込まずに瞬間的に英語にして口に出せと言われたら、すぐに言えない人もいるんじゃないでしょうか?

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』にはこのような簡単な英文が790文載っています。

本には練習の仕方が説明されていますので、これに沿って練習したら、アウトプットの力がつくはず。

でも、地道に何度も繰り返して練習することが必須です。

少なくとも10回、できれば全ての文章が瞬時に英語に出来るようになるまでこの本で繰り返し練習してほしいところです。

この本の文法は中学英語レベルですが、文法的によく分からない部分がでてきたら、不精をせずに文法書で不明点を必ず解決してから進めるのも同じく必須。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』の方が基礎編なので、まずは青い方の本からやるのがオススメです。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

大人スケーターのフィギュアスケート自主練習 2017年7月26日
今月はあまり滑れていないので、今日はたっぷり滑ってきました。

予定のない休日はなるべく長い時間練習しようと思っています。

予定のない、というより、なるべく週末の昼間に予定を入れないようにしている、が正しいのかも(^_^;)。

買い物などは極力平日夜に済まし、今までは土曜日にまとめてやっていた家事は金曜日の夜に片付けるようになりました。

金曜日はレストランが混んでいて落ち着かないため、私はもともとあまり金曜日には予定を入れないので・・・。

英語やフィンランド語の勉強は平日の朝や休日の夜にすることにしています。

こうしてあれこれ時間を工面してまで、大人スケーターはスケートをするんですね(私だけ?)。

今日の自主練習もまたセミサークル中心。フォアも少しやりましたが、主にバッグアウトを練習しました。

フォアのセミサークルを練習していたときも、一蹴りで半円滑れるようになるまで、かなりしつこく練習していたので、バッグアウトもしつこく練習します。

前回の自主練習でも注意したことを意識して、ひたすら繰り返し。

・下を向かない!
・体重を進行方向へ乗せる。体重が前(進行方向と逆)に残らないように。
・上半身が前かがみにならないように。少し背中をそらすくらいでちょうどよさそう。
・1/4円を過ぎたらちゃんと体の向きを変えること。
・体が左右斜めにならないよう、肩の高さを平行に保つ。特に右足で滑っているとき、1/4を過ぎてから肩が平行になっていなくて、バランスを崩して足を着いてしまいがち。

今日も1時間以上セミサークルばかり滑っていましたが、少しコツがつかめてきました。

何回か、最初の右足の蹴り出しから足を踏み替えてセミサークルを4回終わるまで、一度もフリーレッグを下につかずに滑りきれるようになりました!

形はまだまだ美しくないと思いますが、私にとってはチャラララッチャッチャ~、とゲームでレベルアップした気分。

いいイメージを保ちたいので、上手くできたところでセミサークルの練習はやめておきました。

でも、セミサークルばかり練習しているせいで、今だに片足スネークが苦手です・・・。

横にステーンと転びそうになったことがあり、転んじゃうかもという恐怖心があるような気がします。

でも今日は、両足スネークでも外側の足がズルっと横に滑ってちょっと怖かった。

これが「ブレードがすり減ってきて横滑りする」というやつなんでしょうか?

まだ1回しかブレード研磨したことがないので、よく分かりません(>_<)。

週1~2回滑る週末スケーターなら、だいだい4ヶ月に1回くらい研磨したらいいでしょうとお店の研磨担当の方に言われたので、確かに もうすぐ4ヶ月。

そろそろ2回目の研磨をしようかな。

ところで、この私の生活サイクルの変わりっぷりに、「そんなにフィギュアスケート楽しいの?」と聞かれます。

そんなに楽しいのです。

観るフィギュアスケートも楽しいけれど、自分が滑る方はもっと楽しい!

滑る時間を確保するため、平日にあれこれと予定を詰め込んだ結果、今だに『羽生結弦 覚醒の時』Blu-rayを観られていません。

羽生結弦選手ファンとして失格だわ・・・。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

JR東日本の『えきねっと』と割引きっぷ『トクだ値』
今、北の方に行く計画を立てていて、何かお得なプランがないかと探しています。

東海道新幹線には、JR東海ツアーズの『ぷらっとこだま』というお得なプランがあるのを聞いたことがありました。

東北新幹線にも同じようなプランがないかなーと思っていたら、JR東日本の『えきねっと』というサービスを見つけました。

この『えきねっと』から予約できる切符に、『トクだ値』という割引切符があります。

事前にインターネットから切符を予約することで、最大35%も割引になるのだそうです。

トクだ値とは?

無料のえきねっと会員になり、クレジットカード情報を事前に登録する必要がありますが、最大で35%オフはうれしい。

割引設定のない電車もあり、また、35%オフの切符はすぐ売り切れてしまうようですが、早く予定が決まっていれば、インターネットから買えるのは便利でいいですね。

宿は会社の福利厚生で安く取れるし、日本のホテルはどこでもそう大外れはないでしょうから、お手頃価格のホテルを取るつもり。

でも、こういうJRの割引切符とホテルを別々に取るより、電車とホテルがセットになったものの方が安いのでしょうか?

海外によく行く割に、国内旅行をあまりしないので、どちらがお得なのかよく分かりません・・・。

乗り物に強ければ夜行バスという手もあるのでしょうが、私はバスに酔うので夜行バスは絶対無理なのです。バスに強い人がうらやましい。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

麦茶をゴクゴク
会社ではシャキッとしたくて、ついつい1日に何杯もコーヒーを飲んでしまいます。

その上自宅でもコーヒーや紅茶ばかり飲んでいたら、カフェイン摂取しすぎ。

健康のことも考えて、最近自宅ではコレをよく飲んでます↓。


フジミネラル麦茶。

麦茶はカフェインレスなので寝る前に飲むのにも向いています。

ミネラルが入っていて、夏の水分補給にピッタリ。

マリメッコのペットボトルカバーに入れてスケートの練習にも持って行きます。スケートリンクでペットボトルを買うより経済的ですしね。

このフジミネラル麦茶は煮出しだけでなく、水出しできるのが便利なのですよ。

夜、1リットルサイズのピッチャーに水とフジミネラル麦茶のパックを1つ入れて冷蔵庫に入れておけば、朝には冷えた麦茶が出来ています~。

煮出した方が美味しいのかもしれませんが、煮出すのは面倒なので絶対続きません(^_^;)。

温かい麦茶が飲みたい気分のときは、マグに冷たい麦茶を入れて電子レンジでチンすればOK。

フジミネラル麦茶、オススメです。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

エアウィーヴが気になる
毎週日曜日の朝、TBSの『がっちりマンデー!!』という番組を観ています。(日曜放送なのに、マンデー、なんですよね。)

先週日曜日のテーマはエアウィーヴという会社でした。

エアウィーブといえば。

フィギュアスケートファンにはおなじみ、浅田真央ちゃんがCM出演して、真央ちゃん自身も使っているマットレスです。

ソチオリンピックから帰国した時も、成田空港で真央ちゃんが押す荷物の一番上に、「airweave」と書かれたマットレスが載っていましたね。

近頃肩こりがひどいのです。

以前から肩こり持ちではあったのですが、最近特に気になり、朝起きると肩がコッチコチという日々が続いています。

そんなときにこの放送を観たので、今エアウィーヴがとっても気になっています。

高反発で結構固めのマットレスのため腰が沈まず、寝返りを打つのも楽で、熟睡できるのだとか。肩こりに効く、とは言われていませんでしたが、肩こりにもいいような気がします。

スタンダードタイプのエアウィーヴは、シングルサイズで68,040円。うちのベッドはセミダブルなので、セミダブルを選ぶと82,080円。

ううーん、いいお値段ですよね。

でも睡眠は毎日のことだし、熟睡できるのなら少々お高くても欲しいかも・・・。

さらに恐ろしいことに(?)、「エアウィーヴ エアパッド DUAL MODE 浅田真央モデル」なんていう商品もあるのですよ。

まさにソチオリンピック帰国時の真央ちゃんが使っていた、黒地にピンクの文字で「airweave」と書かれた真央ちゃんのネーム入り特別仕様キャリーバッグ付きの、携帯タイプのエアウィーブだそうです。

お昼寝用、ソファや椅子の上で、赤ちゃん用ベッドパッドとして、などいろんな用途が書かれていますが、これはやっぱり旅行用が本来の用途ですよね。

でも一般の人がこれをいちいち旅行に持っていくなんて面倒なことするんでしょうか?

どちらかというと、真央ちゃんと同じものを使ってみたい真央ちゃんファンを狙っているような。

だって、もしこれが「浅田真央モデル」ではなく「羽生結弦モデル」だったら。

躊躇せず即購入している気がします(^_^;)。

実際に寝てみないことには分かりませんので、今週末デパートに見に行く予定です。

どなたかお使いの方がいらしたら、ぜひ感想を教えてくださーい。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

大人スケーターのフィギュアスケート自主練習 2013年7月21日
この3連休、久しぶりのスケート練習に行ってきました。

忙しくて、3週間近く滑れなかったのです。

これだけ間が空くと、氷に降りるのがちょっと怖い・・・。

氷に慣れるまで片足スネークやバッククロスロールなどするのが怖いので、今日はセミサークルを重点的に練習しました。

少しは上達したはずのフォアアウトとフォアインのセミサークル。でも間が空いたせいで、なんだかうまくいきません・・・。

特に右足。バランスを崩すし、重心もぐらつきます。

20分ほどセミサークルのフォアを練習して、だいぶ感覚を取り戻したところで、今度はセミサークルのバックアウト。

バックインははなから出来ていないので、今日の練習は諦めました(^_^;)。

フォアがかなり感覚を忘れていたので恐る恐るだったのですが、意外とバックアウトはできました。

できました、と言っても自分比。3週間ブランクが空いてしまう前と同じ程度に出来ない、という意味です。

まだ最初の蹴り出しが上手に出来ず、一蹴りで半円進めたり進めなかったり。

足を変えたあとの半円は一蹴りで滑りきれるのに。ああ、難しい(>_<)。

・上体を起こして姿勢をまっすぐに。特に、1/4円を過ぎて体の向きを変えてから前傾になりがち。背筋を伸ばす。
・体重が前に残らないように、進行方向に体重移動する。
・下を向かない!

時々うまく出来ることがあり、「今こうやったから上手くいったんだろうな」と理解は出来るのですが、いかんせん歳のせいか再現ができず・・・。

歳のせいにしてはいけませんね。練習あるのみです。

片足スネークはまだ怖かったので、基本の両足スネークを練習。

しっかりひざの曲げ伸ばしをて、エッジをぐっと押すことを意識して両足スネークを滑りました。

そしたら、太ももとすねの筋肉がすごく疲れました。いつもいいかげんにやってるということなんだろうか・・・。

あとは、バックのクロスロールとフォアのクロスロール。バックは少しにして、フォアの方を多めに。

クロスされた方の脚をすぐ後ろに抜かないように、クロスしたスケーティングレッグとクロスされた脚がきちんと並ぶように横に抜くことを意識して。(言葉にすると分かりにくいなー。)

今日は本当に久しぶりだったのでセミサークルをしっかりやろう!と夢中になってやっていたら、気づいたら1時間20分もセミサークルばかりやっていました。

あの人いつまでやってんだろう・・・とか思われていたかも(^_^;)。

私はコンパルソリーが好きみたいです。

コツコツ地味~に滑ってるのが意外と楽しいんですよね。

セミサークルでバックアウトを滑っているとき、特に右足で滑っているときは、私の頭の中ではトリプルアクセルに入る直前の真央ちゃんになっています。

真央ちゃんの「これからトリプルアクセル跳ぶぞ、跳ぶぞ」というあの目と、腕を下ろして後ろを見ながら滑ってくる姿が、かっこよくて大好きなのです~。

ところで、まだ覚醒していません。(注:羽生結弦選手の「覚醒の時」Blu-Rayをまだ観ていない、の意味。)

自分が滑る時間はあっても観る時間がないということは、いよいよ滑る方が優先度が高くなってきたんだなぁと思いました。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


玄米カレー
暑い時は辛いものを!


玄米のカレー。

野菜たっぷり。ヘルシー♪

ドリンクはハーブティー。ますますヘルシー♪

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ


『フィンランド語四週間』
フィンランド語の学習の進捗とは別に、フィンランド語テキストを買うことが半ば趣味と化してきています。

先日はこんなテキストを買いました。


フィンランド語四週間』。なんと4,860円也。

語学学習のテキストとしてはお高めの価格です。

1955年初版の、かなり昔からあるテキストで、フォントがちょっと古くさいのです。内容もかなり難解だとの評判です。

この本、ずっとアマゾンでは品切れになっていて、ある時確認したらアマゾンに入荷していたのです。丸善で探してもなくて、いつまた品切れになってしまうか分からないので買ってしまいました。

私はゴリゴリと文法を勉強するのが好きなので、分厚い文法書はウェルカム。

こちらのブログでも、『フィンランド語四週間』でしっかり文法を学習してよかった、と書かれています。

でも、このテキストで勉強するレベルに達するにはどれくらいの時間を要するのでしょう・・・。まだまだ先は長いです。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

羽生結弦「覚醒の時」
えー、今さら書く必要もないくらい、私が羽生結弦選手のファンなのはご承知だと思いますが。

買いました。初回限定豪華版の・・・。


羽生結弦「覚醒の時」Blu-ray。

でも忙しくて、まだ観られていない~(>_<)。

この3連休中に観るぞ!

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

自動出入国ゲート
自動出入国ゲート、というものをご存知でしょうか?

パスポートと人差し指の指紋を登録すると、出国の際に自動ゲートから出国手続きが出来るので、長ーい出国手続きの列に並ばなくて良いのです。

いつも気になってはいたのですが、毎度毎度出国審査の列に並ぶのが嫌になってきたので、前回の海外渡航の際に登録しました。

登録はカンタン。

成田空港の出国審査のエリアに申し込み用紙があり、住所などを記入して、両手の人差し指の指紋を読み取って、10分程度で完了します。

これでサクッと出国できる~♪と思ったのですが、ちょっぴり不安もありました。

私、指紋が薄いのです。

ゴルフ場などにある指紋登録式の貴重品ロッカーが、時々開けられないことがあるのです。

何度やっても認識されず、ゴルフ場の人に鍵で開けてもらうことが度々発生。

でも機械の性能が違うでしょうし、自動出国ゲートは大丈夫!と信じてみたのですが。

・・・やっぱりこちらもダメでした。

完全にダメで使えないということではないのですが。

出国ゲートの手続きでは、両手の人差し指の指紋を同時に読み取ることになっています。

実際にやったところ、右手の人差し指の指紋はうまく読み取れるのに左手がエラーになり、やり直すと今度は左手は読み取れたのに右手がダメ、など、4回くらい失敗しました(^_^;)。

それでも、自動出国ゲートを使う人はほとんどいないので時間が掛からずいいですね。

詳しくは下記のサイトをご参照下さい。

自動化ゲートの運用について(お知らせ)
出入国審査がスピーディーに!海外出張・海外旅行に便利な「自動化ゲート」
自動化ゲートでラク旅宣言! - Narita Airport

便利ではありますが、頻繁に海外に行く人でないとそんなにメリットもないかもしれないですね。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

羽生結弦選手が今年もフィンランディア杯にエントリー
chari さんがコメント欄に書いてくださいましたが、羽生結弦選手が今年もフィンランディア杯にエントリーしたそうです。

羽生結弦、10月の国際大会出場(産経ニュース)

おととしも去年も出場して優勝している相性のいい試合ですし、出るんじゃないかなーと思っていましたが、やっぱりエントリーされました。

フィンランドスケート連盟も、オリンピックで金メダリストになった羽生選手がまた出場してくれるのはうれしいでしょうね。

そして、うれしいのはフィンランドスケート連盟だけではありません。

私もうれしい!

大好きなフィンランド、大好きなフィギュアスケート、大好きな羽生選手を一度に味わえます。

一粒で二度どころか三度美味しい!

というわけで、今年の秋の旅行はフィンランドに決定!

と言いたいのですが・・・。

今年バルセロナで行われるグランプリファイナルは12月11日から開催。フィンランディア杯は10月10日から。

いくら休みの取りやすい我が社といえど、10月に休んでまた12月に休暇取得では、さすがに白い目で見られそう・・・。

強引に取れば取れないこともないですが、あまり休みすぎると仕事がたまって大変になるのは自分なんですよね。

どちらかしか行けない気がする・・・。

グランプリファイナルは可能性が低いと言えど、羽生選手が出場できないということもあり得る。

フィンランディア杯は確実に羽生選手が出場するし、まだベールに包まれたままの羽生選手のフリースケーティングプログラムが初披露される場。

でもプログラムの完成度からいえば、10月のフィンランディア杯より、12月のグランプリファイナルの方が高いでしょうし、グランプリファイナルの方が試合の見応えがあるでしょう。

あー!悩むーー!!

フィンランディア杯が行われるのはヘルシンキから30分ほどのところにあるエスポーという街。

グランプリファイナルはスペインのバルセロナで開催。

街の好き度合いで言っても、ヘルシンキもバルセロナもどちらも大好き!街でも選べない~。

今は55%くらいフィンランディア杯に気持ちが傾いています。

情報によると、フィンランディア杯の会場、バローナアリーナ近くのホテルはすでに予約が取れない状態だとか。

本当?!

でもタクシーを使えばヘルシンキから通うことも無理ではなさそうです。

フィンランドのタクシー会社のサイトで調べたところ、エスポーからヘルシンキまでタクシーで30ユーロほど。

行きはバスで行き、帰りはタクシーで。まぁこれくらいの金額なら乗れないこともない。

フィンランドはバッチリ英語が通じるので、タクシー会社の電話番号を調べておけば、夜遅くなってもタクシーを呼べばヘルシンキまでは帰れそうです。

さあ、どうする、私?

2014年フィンランディア杯のチケット発売開始は8月1日です。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

おニューのスカート
久しぶりに休日用の洋服を買いました。


スカート、1,500円也。


ポケットがかわいい♪

シワにならないので旅行用にもよさそうです。

この頃あんまり服が必要ありません。

会社に行くときは、基本的にスーツとシャツ。夏物・冬物、それぞれ5着あれば十分です。

休日はスケートの練習に行くことが多いのでTシャツやデニムがほとんど。

オシャレというものからどんどん遠のいていくような・・・。

もともと少ない女子力(女子、といえる歳ではありませんが~)が、ますます減少しています(^^;。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ



単語暗記サイト『memrise』
インターネットを有効に使ってフィンランド語を学習できないかなーといろいろ調べてみたら、面白いサイトを見つけました。

外国語の単語学習に便利なサイト、『memrise』というものです。

利用は無料で、英語、ドイツ語、中国語、フランス語など(当然フィンランド語も)、いろんな言語の単語を学べるコースがあります。

このmemrizeの面白いのは、単語を覚えやすいようにいろんな工夫がされているところ。語呂合わせで覚えるのは他の国の人も同じようで、いろんな語呂合わせが作られています。

例えば。

フィンランド語で"city"のことを"kaupunk"iというのですが、牛(cow)がパンク(punk)なヘアスタイルをした写真が載っていたり。

フィンランゴ語で"area"のことを"alue"というのですが、アロエ(aloe)の写真が載っていたり。

フィンランド語で"child"のことを"lapsi"というのですが、子供がペプシ(Pepsi)を飲んでいる写真が載っていたり。

そして、単語を覚えていくのに効率的な仕組みが組み込まれています。

"Plant"と"Water"というのですが、新しい単語を覚える時には"Plant"をクリックします。すると、今まで学習したことのない新しい単語が出てきて、上記の語呂合わせや写真の助けを借りて単語を覚えていきます。

"Plant"で新しい単語を学習してしばらく時間が経過すると、"Water"というボタンが出てきます。そこをクリックすると、過去に"Plant"で学習した単語が表示されて、覚えたかどうかを復習します。

"Plant"で種をまいて(単語を覚えて)、"Water"で水をやって育てる(単語の記憶の定着をする)、というサイクルになっています。

語彙暗記には復習が欠かせないので、良くできた仕組みだと思います。

memriseにはiPhoneアプリもあります。

バナーやダイアログの通知をオンにしておくと「そろそろWaterの時間だよ~」というようなメッセージが表示され、忘れずに復習することができるので、Webサイトよりはアプリの方がおすすめ。

Webサイトもアプリも無料なので、ご興味のある方は登録してみては~。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

フィギュアスケートを習い始めて数ヶ月
大人になって、とぼんやり言うより、40歳を超えて習い始めたフィギュアスケート。

気が付けばもう約5ヶ月が経ちますが、飽きるどころかどんどん熱中していっています。

これからフィギュアスケートを習おうかなと思っている方の参考になるかもしれないので、どんなことが出来るようになったか、まとめてみました。

今できること
・フォアひょうたん
・フォア両足スネーク
・フォアクロスオーバー
・フォアクロスロール
・バックひょうたん
・バック両足スネーク
・バッククロスロール
・セミサークル(フォアアウト、フォアイン、バックアウト)
・T字ストップ(スケーティングレッグが左足の場合限定)

練習中
・フォア片足スネーク
・セミサークル(バックイン)
・バッククロスオーバー(まだ反時計回りのみ)
・逆T字ストップ

まだできない
・バッククロスオーバー(時計回り)
・バックの片足スネーク(怖い)

靴は習い始めの頃から貸し靴ではなく自分のスケート靴です。

できること、と言っても、どのくらいできるのかは怪しいところなので、他の人から見たら「できない」にカテゴライズされてしまうかもしれませんが・・・。

教室によって教えてくれるペースも違うので、上達スピードは人それぞれですよね。

最初からどれだけ滑れたか、個人レッスンを受けているのか/グループの教室なのか、週何回練習するか、1回何時間くらい滑るのか、などでも違ってきます。

私の場合、初めからフォアの片足滑走やひょうたんは出来ました。

小学生低学年の頃に、3ヶ月くらい「子供スケート教室」に通っていたことがあります(あまり覚えてないのですが)。

そのおかげで氷の上で立つのにまず一苦労、という段階はスキップしています。

練習は週1回のスケート教室と、そのあとに自主練習。スケジュールに余裕があれば、週2回自主練習することも。

自主練習は1回2~3時間です。

黙々と練習するのが好きなので、セミサークルばかり1時間繰り返したり、ひたすら片足スネークをやったりと、練習することを決めたらその日はそればかり繰り返して滑る、という練習スタイルです。

今年後半の目標は今練習中のバックインのセミサークル、逆T字ストップ、バックの片足スネークができるようになること。

2014年は今できることの完成度を上げるのと、練習中のことがちゃんとできるようになるのに注力するつもりです。

日本スケート連盟のWebサイトにあるとおり、セミサークル、フォアストローク、フォアクロスオーバー、バッククロスオーバーができるようになると、バッジテスト初級を受けられるので、そのレベルを目指して頑張ります。

来年になったら、ターンやスピンを習ってみたいな~(^^)。

◎大人になってフィギュアスケートを習いはじめる方のご参考まで、40歳を過ぎてフィギュアスケートを習い始めた私の経験を書いています。他の記事は「大人が習うフィギュアスケート」カテゴリーでご覧ください。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

成城石井の『プレミアムチーズケーキ』
成城石井の近くを通りかかったので、こんなものを買いました。


成城石井のプレミアムチーズケーキ、760円也。

何かのテレビ番組で、このチーズケーキが人気だというのを見て、いつか買ってみたいなーと思っていたのです。

夜にいただくとカロリー過多になりそうなので、朝食にいただきました。

クリームチーズの味がしっかりしていて美味しいです。レーズンが入っているのがアクセント。

このサイズでこのお値段ならお得~。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

大人スケーターのフィギュアスケート自主練習 2017年7月平日
我が社は有給休暇を取りやすい会社です。

あまり有給休暇を余らせることはなく、計画的に取りましょう、という雰囲気。

先日、仕事が忙しかった日々が一段落したので、1日お休みを取りました。

特に予定もなく取得した有給休暇。休みの日に予定がなければすることはただ一つ!

フィギュアスケートの自主練習に行きました。

どんだけフィギュアスケートが好きなんだ、って感じですよね(^_^;)。

平日のフィギュアスケートはいいですねー。人がとっても少なくて、いろんな練習を心置き無くできます。

張り切ってリンクオープン時間に行ったら人が5人くらいしかいなくて、皆さんゆっくり準備されてたので、リンクに降りたとき、リンクには私一人!

2周くらい一人っきりで滑れました!気持ち良かった~!

普段から平日に滑っている方は、この「人がいない状態」が別に珍しくないのでしょうね。ああ、うらやましい。

最初は人がほとんどいなかったので、リンクの端でバックのクロスオーバーで円を描いて滑る練習ができました。

週末は絶対にムリ・・・。

スケート教室でバックのクロスオーバーを習ったあと、村上佳菜子ちゃんが出ているビデオなどを見て復習してありました。

反時計回りのバッククロスオーバーの場合、ビデオによると、右足を左足の近すぎるところに置くとバランスを崩す、とのことでした。

反時計回りのバッククロスオーバーは右足がアウトエッジですが、ビデオを見ていると右足を置いたとき一瞬インエッジになっている気がするのですが、気のせいかな・・・。

どなたか先輩スケーターの方、教えて下さい!

その他、バックアウトのセミサークル、片足スネークを主に練習。

苦手な逆T字ストップも練習しなくてはいけないんですけどねぇ・・・。

逆T字ストップといえば。

ここ数週間、時々NHKで『花は咲く 羽生結弦バージョン』というのを放送しています。

復興支援の歌を東北地方に所縁のある方々が歌い継ぐ、という企画のフィギュアスケートバージョン。

羽生選手と仲の良い指田郁也さんが歌う『花は咲く』に合わせ、仙台時代のコーチの阿部奈々美さんの振付けで、羽生選手が滑ります。

とっても美しい曲と滑りなのですが、この演技の最初の方で、氷に置かれた花の前で逆T字ストップで止まるんです。

試合やショーでT字ストップをすることはあまりないと思うので、これは貴重!

ああ、これを全方向から見たい!前後左右から見たい!

この『花は咲く』、今年のNHK杯のエキシビションで滑ってくれないかなぁなんて思っています。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

5本指靴下
こんな5本指靴下を買いました。


しっとり絹のやさしい五本指ソックス。1,296円也。

タビオというブランドの5本指靴下です。

これを、今まで履いていたフィギュアスケート専用のハイソックス(タイツ生地)の代わりにスケート靴の中に履こうと思ったのです。


これが今まで履いていたフィギュアスケート専用のハイソックス(タイツ生地)。

これでも特に大きな問題があった訳ではないのですが、時々ハイソックスの先端の縫い目が当たるのが気になることがありました。

気にならないときは本当にまったく気にならないのに、一度気になるとダメ。

もしかして5本指靴下なら縫い目も気にならず、指がそれぞれ独立しているので、足に力が入りやすいかなーと思ったのです。


気になる先端の縫い目のアップ。

そして、実際に先日の自主練習時に履いてみました。

結論から先に言うと、あまり良くありませんでした・・・。

この靴下が悪いということではないんですが。

今まで履いていた薄いタイツ生地のハイソックスと比べると、この5本指靴下も決して厚手ではないのですが、やっぱり厚みを感じてしまうのです。

足とスケート靴とのピタッとした密着感が感じられず、「足と靴の間に靴下があるよー」と靴の中で靴下生地が主張している感じ。

違和感を感じて滑りにくいので、5本指靴下をスケート用にするのは断念しました。

やっぱりフィギュアスケートの靴には、フィギュアスケート専用のタイツやハイソックスの方が向いています。

でも、靴下そのものは良いものなので、普段使いにすることにしました。

この靴下、シルク製で薄手のため、足の形がハッキリ出ます。

これを履いてウロウロしていたら、「足の形がリアルでなんか気持ち悪い」とうちに来た人に言われてしまいました(^_^;)。

見る分には気持ち悪いかもしれないのですが、足の指が広がって気持ちいいんですよー。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

フィンランド語を勉強するモチベーション
先日、2017年の世界フィギュアスケート選手権がフィンランド開催に決定しました。

この世界選手権、次の冬季オリンピック、平昌五輪の各国の出場枠の数が決まる大事な大会です。

私は羽生結弦選手のファンですが、羽生選手はインタビューで平昌オリンピックのシーズンで引退すると話しています。

1シーズンに出る試合の数は限られているので、時間とお金が許すならば、羽生選手引退までたくさん試合を見たいなーと思っています。

平昌オリンピックは韓国というこの近さを利用して、既に行く気満々ですが、2017年の世界選手権も観に行きたい。

あと3年もあるので、それまでにしっかりフィンランド語を勉強しよう!と思いました。

語学の勉強は明確な目標がないと中だるみしがちですが、これで3年間はモチベーションを保てます(^^)。

「好きなもの×好きなもの」の力は大きいですね。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

英語の冠詞は永遠の難所
外国語を学習していて難しいと思うのは、文法上きっちり決まっているものではなく、感覚的にこういう状況だとこう、と判断しなくてはいけないこと。

その最たるものが、英語の「冠詞」だと思います。

英語にはa/anという不定冠詞と、theという定冠詞があり、そのどちらをつけるか、あるいは定冠詞をつけない複数形にするか、あるいはmy/yourなどの所有格をつけるか、と、いろいろな選択肢があります。

ここの判断がとぉぉぉぉぉ~~~~っても難しい。と私は思います。

同時通訳者として名高い、かの國弘正雄先生は、「あいつの英語の発音はヘタだと言われてもなんとも思わないが、あいつの冠詞の使い方は間違っていると言われるのはとても悔しい」とおっしゃっていたとか。

「冠詞が正しく使えること」は英語のエキスパートかどうかを示す一つのバラメーターなのです。

それくらい、英語の冠詞というのは難しい・・・。

どういう場合に不定冠詞を使い、どういう場合に定冠詞を使う、という理屈はあるのですが、それぞれの状況がどういうケースに当たるのか、私たち非ネイティブには分かりにくいのですよ。

以前、『日本人の英語』という本のことをブログに書いたことがあります

その時も書いたのですが、この本の裏表紙にはこんな記載があります。

「冷蔵庫に入れる」は put it in the freezer なのに「電子レンジに入れる」だと put it in my microwave oven となる。どういう論理や感覚がこの英語表現を支えているのか。

本の中にはこれに対しての説明が載っています。が、その説明を読んでも100%すっきり理解したとは思えない・・・。

スペースアルクというサイトの「日向清人のビジネス英語雑記帳」という連載で、冠詞を扱ったシリーズがあります。冠詞に悩む方は一度読んでみるといいと思います。

でも、これを読むと少しは分かったような気になるのですが、それぞれの記事についている小テストのようなものをやってみると、やっぱり間違ってしまう・・・。

いつも、英語のメールを書くときには冠詞について悩みながら、正しいとの確信を持てないまま送信することになってしまいます。

そして、英語は読み方も初心者には難しいですよね。書いた通りに読まないので、最初のころは都度都度辞書を引く必要があります。慣れてくれば大体読み方の想像はつくようになっていきますが。

こんな表現があるのです。「ドイツ語は書いた通りに読む。フランス語は書いていない通りに読む。英語は書いたとおりに読まない。」

フランス語の「書いていない通りに読む」っていうのも面白いですけれどね。

私がもう一つ話せるスペイン語は、発音は日本人にとってはそれほど難しくなく、格変化もなく、名詞の性(女性名詞/男性名詞)があるけれども語尾で判断できる、アクセントは常に定位置で、例外のアクセントは母音の上にアクセント記号が付いている、と、割ととっつきやすい言葉。

動詞の変化が英語より多いですが、割とスムーズに勉強できました。でも、そんなスペイン語にも冠詞は存在します・・・。

そして、目下学習中のフィンランド語。

なんと、フィンランド語には冠詞がないのです!冠詞がないってなんて素晴らしい!!

格変化の数が格段に多いので、冠詞の代わりに格変化で苦しみそうですが・・・。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

フィギュアスケートのバッジテスト
私が自主練習するスケートリンクでは、最近バッジテスト受験のための練習をしているジュニアスケーターたちをちらほらと見かけます。

バッジテストとはフィギュアスケートのレベルを表す級のことで、初級~8級まであります。

テストの内容は日本スケート連盟のWebサイトに載っている通りで、級ごとに求められるエレメンツ(ジャンプやスピンなど)が決まっています。

去年末にソチオリンピック出場選考も兼ねて行われた日本フィギュアスケート選手権には7級をもっていないければ出場できません。

一番上の8級は持っていなくても全日本選手権には出場できるので、トップ選手でも7級までしか持っていない人が多いそうです。

そんな中、今年の2月に小塚崇彦選手新横浜スケートセンターでバッジテスト8級を受験し見事合格したそうです。

その時の様子が西田美和さんのブログに書かれています。

このバッジテストのセミサークルやクロスは、決まった音楽に乗って滑ることになっています。

バッジテスト受験の練習をしているジュニアスケーターが多いと、リンクのあちらこちらでこの音楽が聞こえます。

セミサークルの練習をしている場所でバッジテストの練習をしているので、自分がセミサークルの練習をしているとこの音楽をずっと耳にすることになり、最近この音楽が頭から離れません・・・。

大人フィギュアスケーターでもバッジテストを受験することは可能。

とはいえ、大人からスケートを始めた場合、2級合格はなかなか難しいようですが、1級までなら受かる人もいるそうです。

私も1級とは言いませんが、バッジテスト初級は受けてみたいなぁと密かに思っています。

◎大人になってからフィギュアスケートを習い始める方のご参考まで、アラフォーでフィギュアスケートを習い始めた私の経験を書いています。他の記事は「大人が習うフィギュアスケート」カテゴリーでご覧ください。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

Boseのノイズキャンセリングイヤホン
歩いていたら、『QuietComfort 20』というBoseのノイズキャンセリングイヤホンのキャンペーンに出くわしました。

BOSEのノイズキャンセリングのヘッドフォンは知っていたのですが、イヤホンがあるとは知りませんでした。

興味があったので製品を試させていただくことに。

ノイズキャンセリングのスイッチを入れてみると・・・。

おお!本当に周囲の雑音がかき消されて、音楽がクリアに聞こえる!

さらに、「Awareモード」というのを使うと、周りの雑音が消えるのに、近くの話し声だけはよく聞こえるという状態になります。

あまりに周囲の音を消してくれるので、歩いているときに使うのは逆に危険な気がする・・・。Awareモードを使ったとしても車のクラクションなどに気が付かなそうですよ。

電車の中で使うのにはピッタリですね。

私は普段歩いているときに音楽やオーディオブックを聞くので普段使いにはできなさそうですが、飛行機の中で使うのに良さそう!欲しいかも!

ただ、お値段がね・・・。イヤホンなのに3万円もしますよ!

イヤホン収集が趣味の羽生結弦選手ならともかく、イヤホンに3万円も出すのは勇気がいります。

ちなみに、羽生選手がイヤホンをつけている画像がコチラ

『final audio design Piano ForteVIII ダイナミック型イヤホン FI-DC1602SB』というもので、Amazonで79,180円也。3万円どころではありませんでした!お高いけれど、きっとファンの方からのプレゼントなのでしょうね。

さて、このキャンペーンでアンケートに答えたら、BOSEグッズを頂きました。


BOSE製のiPhone 5カバーと、iPhoneを収納できる小銭入れ。


中身はこんな感じ。あ、左右が逆になっちゃった。鮮やかなオレンジのiPhoneカバーと、黒地に白のBOSEロゴがアクセントの小銭入れ。

この小銭入れ、ストラップが付いているので、キャンペーンスタッフの方はストラップにベルトを通して腰からぶら下げていました。

本体の小銭入れ部分の裏側にはもう一つ小さいポケットが付いていて、ここにSuicaやPasmoを入れておけば、iPhone+定期+お金を一度に持ち歩けて便利そうです。

頂いたグッズは気に入りましたが、さてノイズキャンセリングイヤホン、どうしようかな・・・。

ちょっと話が飛びますが。

上の写真、床のワックスが剥げていてお見苦しいですね。

それは私が床の上でスピナーを回っちゃったから。スピナーとはフィギュアスケートの陸上練習に使うグッズで、スピンの練習などができます。

こんなのです。ちゃんと床が傷つく場合もあるという注意書きがあり、それも分かっていたのですが、「傷ついてもいいからやっちゃえ~!」とやったら、ワックスが剥がれてしまったのです(^^;。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

『エデンの東 新訳版』
もうすでにフィギュアスケートは新年度になっていますが、2013-2014シーズンのプログラムつながりの話題・・・。

私は羽生結弦選手のファンですが、「2013-2014シーズンのショートプログラムのベスト演技はこれ!」と思っているのは、ソチオリンピックの羽生選手の『パリの散歩道』ではなく、2014年世界選手権の町田樹選手の『エデンの東』。

ソチ五輪の羽生選手の演技も素晴らしかったですが、町田選手の『エデンの東』にとっても感動しました!

そして、町田選手の言う「ティムシェル」っていうのがどんなものなのか、理解してみたいと思ってこんな本を買っちゃいました。


エデンの東 新訳版 (1)。842円也。

スタインベックの代表作というと『怒りの葡萄』がまず頭に浮かび、『エデンの東』は本というよりジェームズ・ディーン主演の映画のイメージが強いです。

旧約聖書の「カインとアベル」を題材にしているので、聖書になじみのある人とない人では作品の受け止め方も違うのだろうなと思います。

ところでまったく話は変わりますが、プロフィギュアスケーターの織田信成さん、選手を引退してからよくテレビに出ていますよね。

何気なくつけたら織田信成さんが出てる、ということがすごく多い気がする・・・。

織田さんって話し方がソフトで優しくて、でもちょっと面白くて、バラエティに向いてるのかな。

こんなにテレビに出ているのに、アウスショーでは4回転ジャンプを跳んだりしているそうで、試合のプレッシャーから解放されてショーもテレビも満喫してる感じがしますね。

楽しそうで何より!

今日のフィンランド語:
聖書 Raamattu
キリスト教 kristinusko (英語:Christianity)
キリスト教徒 kristitty

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

羽生結弦選手の写真展
東京の八重洲地下街で開催されている「仙台七夕まつり展」に行ってきました。

写真を撮っていいとのことだったので、遠慮なく撮影~。


ソチオリンピック、仙台パレード、記者会見などの写真です。


ソチオリンピックのショートプログラムのフィニッシュポーズ!


展示されていた写真の中で一番好きなのがこれ。

後ろに立つ宮城県知事と仙台市長の見守るような優しい表情が、羽生選手に対する地元宮城の気持ちを代弁しているよう。


絆・仙台七夕まつり展の説明。


英語版もあります。


こんなものが飾られています。

7月8日まで展示されているそうです。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

『フィンランド語基礎1500語』
初心者向けのテキストで文法の基礎の基礎を学習しつつも、語彙力増強は必要です。

テキストに出てくる語彙だけでは到底足りないので、高校生の時に使っていたような単語帳というものが必須となります。

で、フィンランド語の場合、日本語で書かれたフィンランド語単語帳の類は下記のものしか見当たりません。


フィンランド語基礎1500語』。2,916円也。

これしかないのでこれを買ったのですが、見た瞬間「これは私の苦手なタイプの単語帳だ・・・」と思いました(><)。

まず、表紙の字体が古い印象!私は本やテキストの字体が古くさいと、それだけでやる気がそがれるのです・・・。

でもまぁ、それは本の中身の本質ではないのでいいのですが、もっと苦手なポイントが単語の並び順。

単語の並び順が意味のカテゴリー毎ではなく、単にアルファベット順に並んでいると、私はまったく頭に入ってこないのです。

この単語帳はまさにそのアルファベット順・・・。

テーマ毎にまとまっているとか、よく使う順にならんでいるとか、そういう使いやすい単語帳がせめて英語で書かれたものであるといいんだけどなぁ・・・。

ところで、ここまではフィンランド語の話しですが、語彙力増強は英語学習にも欠かせません。

英語の語彙力について、まずはどのくらいの数の単語を覚えるべきかというコラムがあるので、ご興味のある方はご一読を。

基本単語の謎
ボキャブラリーの話:基本重要語とは何か

英語の場合、まずは基本単語2000を覚えることが大切と説かれています。

ということで、これを参考にフィンランド語もまずは2000語習得を目指します。

この本だけでは1500語にしかならないので、自分で辞書を引いたり本を読んだりが必要そうです。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

いつもと違うアイスリンクへ遠征
一つ前の記事でなんだか暗い内容を書いてしまったので、楽しいことを書こう!

私にとって楽しいことイコールフィギュアスケート!自分が滑る方のフィギュアスケート!!

先日、いつもとは別のスケートリンクへ遠征してきました。

スケートリンクごとに雰囲気って違いますね。

ロビーや休憩スペースやロッカーの仕組みなどもそれぞれで、初めてのリンクではちょっと戸惑います。

関東圏で行ったアイスリンクはこれが4つ目。

今回行ったリンクで初めて感じたことがあります。

それは、「氷が違う」という感覚。

私がいつも行くスケートリンクと比べて、氷が固いと感じたのです。

私が通っているリンクの氷が柔らかいのか、今回行ったリンクが固いのか、どちらが普通なのかは分かりませんが、氷の硬さが違いました。

フィギュアスケートのリンクの氷はマイナス3~4度、スピードスケートはもう少し固くてマイナス6~7度程度なんだそうです。

氷は0度で凍るので、それ以下の温度ならみんな同じ硬さかと思いきや、そういうわけでもないんですね。温度が低い方がより固くなるようです。

今回滑ったスケートリンクは結構混雑していたのですがそれでも氷が溶けることもありませんでした。

リンク内は私が普段行くアイスリンクよりも寒かったので、しっかり冷えて氷が固いのでしょうね。

アイスリンクの氷は、固いとしっかり踏切が出来てジャンプがしやすいけれど、柔らかいと踏み込みが足りなくて跳びにくいのだそうです。

一方、固すぎるとクッション性が損なわれるのでジャンプが降りにくいのだとか。

私のような初心者スケーターでも、いつもの氷と硬さが違うと最初は滑りにくいと感じるので、トップ選手ならなおさらですよね。

いつもと違うリンクで滑るのは新鮮で楽しい。時間が許せば、いろんなリンクに行ってみたいです。

オリンピックメダリストを2人も輩出した、アイスリンク仙台にも・・・。

さて、そのいつもと違うリンクでの自主練習。

思っていたより人が多かったのと、他のリンクの暗黙のルールのようなものがよく分からないので、セミサークルの練習はあまりしませんでした。

混雑していてもできる、フォアの片足スネークを主に練習。

いつも、ついついセミサークルやバッククロスの練習などを優先しがちで、苦手と認識していてもあまり練習しなかった片足スネークを練習できたので、かえって良かったかもしれません。

片足スネークって、うまく滑れないとそのまま横に滑って転んでしまいそうで、バックより実は怖いと思っていました。

今日片足スネークばかり練習したおかげで、大分慣れてきたような。

今までは片足スネークといっても、ただうねうねとカーブの浅いS字を描いているだけでしたが、集中的に練習した結果、ちゃんとひざと足首の曲げ伸ばしを使って、カーブが一番外側に大きくなるときにぐっと押せるようになりました(という気がする)。

ひざの曲げ伸ばしを少し使えるようになり、片足スネークでもある程度は進むようになりました。

今までは滑走してきた勢いがなくなると止まってしまっていましたが・・・。

片足スネークを左右交互に練習していたら、私は左足の方が片足スネークがやりやすいということに気が付きました。

そういえば、フォアアウトのセミサークルを練習していた際も、バックアウトのセミサークルのときも、左足の方が滑りやすい。

ずっと右足が利き足だと思っていたけれど、実は左足が利き足なのかも?

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

はぁ・・・
私は普段、仕事でイライラすることはあまりありません。

温和な性格だとか、出来た大人だからとかではなく、歳をとって多少のことには動じなくなったというか、ふてぶてしくなったからなのですが(^_^;)。

今日はいろんな出来事が4つも5つも起こって、どうにもこの気持ちの持っていきどころがありません。

あー、泣きたい。

悲しくてではなく、なんでああなんだろう、という情けない気持ちで。

まっすぐ家に帰るとモヤモヤを引きずりそうなので、お一人様飲みしてから帰ることにしました。

ちょうど雨も降ってきて、犬の散歩にも行けませんしね。


リンゴ酒。甘すぎす美味しい♪


おつまみにコロッケ。

家では揚げ物をしないので、外ではついつい揚げ物ばかり選んでしまいます。


お代わりの梅酒。

あー、美味しいものを食べると気持ちがほぐれます。私はやっぱり食いしん坊なんだなー(^_^;)。

家に直行しなくてよかった。

嫌なことがあったとき、文字にするとイヤな気持ちが形で残ってしまうので、なるべくブログには書かないようにしているのですが、吐き出したい時もある!

スッキリして、気分一新また明日から頑張ろう。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。