最近の記事


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『DVDでもっと華麗に!魅せるフィギュアスケート 上達のコツ50』
これから当分の間、フィギュアスケートのことばっかり書くと思います。ご興味のない方には申し訳ありません・・・m(_ _)m。

連日の雑誌や本の読み漁りのおかげで、6種類あるジャンプの違いについて理解できました。

が、理解できたのと、実際の演技を観てジャンプの種類を見分けられるということは別のお話。

雑誌ではジャンプの違いが文章と図で説明されているだけなので、理解はできても腑に落ちない。説明の文章通りに飛んでいるようには見えないものもあり、ピンとこないのです。

そこでこんなDVD付きの本を読むことにしました。


DVDでもっと華麗に!魅せるフィギュアスケート 上達のコツ50』。1,995円也。

これは今まで私が買いあさったフィギュアスケート関連の本や雑誌とは方向性が異なり、フィギュアスケート観戦のためではなくフィギュアスケートを滑る人のために技術の解説をしているものです。

実際に演技する人対象なので、それぞれの技の解説が細かく、説明についている写真もとても明快。

他の雑誌や本にはあまり詳しく書かれていないターンとステップについても、その技のやり方について一つ一つ説明してあり、ステップやターンも簡単なことではないということが理解できます。

そしてなにより、DVDが付いているのでジャンプの動きが分かりやすい!

何度も飛んでいるところを再生してくれますし、スローでも再生してくれますし、1回転しかしないのでジャンプの特徴をつかみやすいのです。

このDVDを何度も何度も観てそれぞれのジャンプの特徴を理解したあと、先日買ったApple TVを使って実際の競技の動画をスロー再生しながら、これまた何度も観ています。

パソコンのほうが一時停止などの操作はしやすいのですが、テレビの大きい画面のほうがジャンプの違いが分かりやすいんですよね。

ここまでやって、ようやくジュニア選手の演技ならなんとかジャンプを見分けられるようになってきました。トップ選手の演技でもジャンプの違いが分かるようになる日も近いかも。

それにしても、ここまでやる??と自分の性格のしつこさに我ながら呆れます(^^;。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事
スポンサーサイト


テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

滑ってみました
2014年はコマメにブログを更新したいと思っていたのに、すでに前エントリーから2週間近く経ってしまいました。

1月は私の仕事は普段の月より業務が多いのに、営業日数は普段の月より少ないので、どうしても残業多めになってしまいます(><)。

去年あたりから実感していることですが、仕事が終わらないからといって無理して残業すると、次の日に疲れが残ってかえって翌日の仕事の効率が悪くなる、という状況になりがち。

30代のころは多少無理してもなんとかなったのですが、どうも無理の利かなくなるお年頃になってしまったようです。

そんなこともあるので、2014年はなるべく残業なしで仕事を終えるようになりたいと思っています。が、そうは言ってもなかなか・・・。

ブログを更新できない主な理由は仕事の多忙さですが、もう一つの理由は「フィギュアスケートばっかり観ている」からです。いや、もしかしたらこっちが主な理由かも??

今現在行われている試合がなくても、YoutTubeとニコニコ動画のおかげでかなり昔の試合まで観戦できます。

動画を観るばかりではなく、雑誌や本やISU(国際スケート連盟)のサイトや気になる選手のTwitterなどを読んだりしていると、あっという間に時間が・・・。

あまり遊んでばかりいるのもどうかとは思うので、英語のサイトを読んだりアメリカやイギリスの放送局の動画を観たりするようにはしていますが、海外のテレビ局はあまりうるさく解説しないので、たいして英語のリスニングの勉強にもなりません(^^;。

でも、おかげでだいぶフィギュアスケートのルールを理解できました。フィギュアスケートのルールって結構複雑なのです(><)。試合を観るとき、ルールを理解しているのといないのとでは面白さが断然違います。

フィギュアスケートのルールを知らなかった頃は、「なんでこんなに上手に滑ったのに点数が低いのかなー」と疑問に思うことがしばしばありましたが、今ならその低点数にも納得。

もうすぐソチオリンピックが始まるので、近々フィギュアスケートのルールについて書いてみようと思っています。

いろんな選手の演技を観ていると、お気に入りの選手というのが出来てきますよね。私の今のお気に入りの選手は羽生結弦選手とロシアのユリア・リプニツカヤ選手

まだ15歳のリプニツカヤ選手、みごとフィギュアスケート欧州選手権で優勝!ロシアはまだオリンピック代表選手が決まっていませんが、リプニツカヤ選手が選ばれるといいなー。

さて、そんなフィギュアスケートにはまっている今日この頃。観ているうちに自分も滑りたくなってきました。

思い立ったら行動に移さずにはいられない!さっそく滑りに行ってしまいました。

関東地方には通年で営業しているアイスリンクもいくつかありますが、この時期は冬季のみ営業のアイスリンクもたくさん出現し、一番スケートを楽しめる時期ですね。

■通年営業のアイススケート場
神宮外苑アイススケート場
シチズンプラザ
ダイドードリンコアイスアリーナ
東大和スケートセンター
神奈川スケートリンク
新横浜スケートセンター
アクアリンクちば
川越スケートセンター

■10月~6月営業のアイススケート場
江戸川区スポーツランド(10月~6月という中途半端な営業なのが不思議)

■冬季のみ営業のアイススケート場
としまえん 屋外アイススケートリンク
ダイナースクラブ アイスリンク in 東京ミッドタウン
赤坂サカス White Sacas
Art Rink in 横浜赤レンガ倉庫「会話がはじまる氷の広場」
こどもの国 アイススケート場
イオンレイクタウン
※冬季限定のアイススケート場はもっとたくさんあると思います。

前滑ったのはいったいいつ頃?と記憶を掘り返してみれば、最後に滑ったのはたぶん高校生の頃・・・。

数十年ぶりで果たして無事に滑れるのかと、おっかなビックリリンクに乗ってみれば、最初は危うかったもののだんだん調子を取り戻し、スイスイと滑れました!

実は私、小学校低学年の頃に4ヶ月くらいスケート教室に通っていたのです。フィギュアスケートを観ているときはすっかり忘れていたのですが、「観てるだけじゃなくて滑ってみたいなー」と思ったとき、スケートを習っていたことを思い出しました。

そんなことを世界一周ブログのノルウェーのところにも書いていました。

子供のころに習ったことって、時間が経っても意外と体が覚えているものですね。久しぶりに滑ったらバランスの取り方やスピードの上げ方などを思い出し、とっても楽しかった!

アイススケートは滑走料(入場料みたいなもの)と貸靴代、あとはコインロッカーを使うとしても、1回2,000円程度で楽しめます。頻繁に行く人向けに定期券のようなものもあるので、多く通うならさらにお得になります。

ゴルフに比べたらだんぜん安い!茶道のお稽古と比べても高くない!

私は転ばないので着替えを持っていく必要もなく、手袋さえあればフラッと滑りに行けるお手軽さもいいところ。

1月~3月の間だけはダイナースクラブ アイスリンク in 東京ミッドタウン赤坂サカス White Sacasが夜遅くまで営業しているので、もしかしたら仕事帰りに通っちゃうかも・・・。さすがにスーツでは滑れないので、レギンス持参は必須ですけどね。

そのためにも、やっぱり残業はしないように努めないと!

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

Apple TVを買いました
Apple TVというものを買いました。結論から先にいうと、とっても便利です(私にとっては)。

名前から「Apple社が発売しているテレビ」というものを想像しがちですが、そうではありません。

Apple社が発売している、は正しいですが、キーボードが付いていなくて出来ることが限定されている小さなパソコン、と言ったらいいでしょうか。

詳しくはApple社のサイトに書いてあるのですが、それを読んでも分かりにくい。

パソコンやタブレットやスマートフォンがなくても、テレビに接続してYouTubeを観たり、Podcastを聴いたり、iTunesの映画を購入したりレンタルして観ることができる、という機器です。


こんな形。9,927円也。


こんな感じの四角い機器。ちょっと光ってますが、実際はもうちょっとマットな感じです。

ただ、実際にはApple TVだけだとあまり使い勝手がよくありません。キーボードが付いていないのでリモコンでアルファベットを入力しなければいけない上、日本語入力ができません。

これの真価はiPhoneやiPadと一緒に使ってこそ。

iPhoneやiPadのアプリに『remote』というものがあり、このアプリを使うとiPhoneやiPadからリモコン操作ができるのです。

remoteはWiFiを利用しているので、テレビのリモコンのようにApple TVの方向にiPhoneを向ける必要もないのも便利。

さらに、『AirPlay』という機能を使うと、iPhoneやiPadの画面をApple TV経由でテレビに映し出すことができます。

私はパソコンやiPadでYoutTubeで動画を検索してプレイリストを作っておいてApple TVで流しっぱなしにしてみたり、AirPlay機能でニコニコ動画をテレビで観たりという使い方をしています。

目的は最近ハマっているフィギュアスケートを観るためですが、やっぱりパソコンやタブレットで観るよりテレビで観る方がより楽しめます。

もっと詳しく知りたい方は、いろんなサイトやブログに書かれているのでそちらを参照してみてください(丸投げ)。

 ・【AppleTVが捗りすぎる!】目立たないけどみんな買ったほうがいいよ!その1

 ・AppleTVでAirPlayを使って音楽や動画を再生するのがものすごく手軽で楽しい

 ・【詳細レビュー】Apple TV(ハードウェア編)

 ・【詳細レビュー】Apple TVとAirPlayを使用してHDMI出力

注意点を一つ。テレビと接続するにはHDMIケーブルが必要なのですが、Apple TVには同梱されていないので別途購入が必要です。(知らないでApple TVを購入して、使おうと思ったらすぐに使えない人もいるようです。)

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

フィギュアスケートの雑誌と本
先月のフィギュアスケートグランプリファイナルと全日本フィギュアスケート選手権を観戦して、フィギュアスケートにすっかりハマってしまった私。

熾烈な戦いの中に美しさあり、ドラマあり。観戦が楽しい~。

私の良い特徴でもあり悪い癖でもあるのが、何かにハマるとそれにクグーッとのめり込んでしまうこと。今回もフィギュアスケートについてもっともっといろんなことを知りたくなりました。

情報を集めるのにインターネットはとても便利ではありますが、ネット上の情報は玉石混交。たどり着いた情報が正しいものとは限りません。正確な知識を身につけるには本や雑誌の方が近道です。

そんなわけで、雑誌や本を買い込んでお正月に読みふけっていたわけです。


左上から順番に↓。

ワールド・フィギュアスケート No.62 Jan.2014

フィギュアスケート ソチ五輪完全ガイド

FIGURE SKATING TRACE OF STARS Sports Graphic Number PLUS

氷上の奇跡2013-2014 魅惑のフィギュアスケーター、その夢

フィギュアスケートファンブック! 2014

フィギュアスケートDays Plus 男子シングル読本 2013 Winter

フィギュアスケートファン2014

フィギュアスケート2013-2014シーズンオフィシャルガイドブック

よくわかるフィギュアスケート

誰も語らなかった 知って感じるフィギュアスケート観戦術

うーん。さすがに買いすぎ(^^;?


フィギュアスケートの専門誌やオリンピックガイド、スポーツ紙のフィギュアスケート特集などと。


フィギュアスケート誌が編集した本と、トリノ五輪金メダリスト荒川静香さんの本。

さすがにこれだけ読むと、ルール、飛び方の違い、ジャンプの難易度、プロトコル(採点表)の読み方、各国の有力選手などが分かってきます。

あと、写真の大きさや割かれているページ数の多さで、選手の人気度もなんとな~く理解できてきますね。

面白かったのはコーチ相関図。この選手とこの選手は過去同じコーチに師事していたのかー、でも、今はこちらの選手と同じコーチなのかーとか。

でも、動画を観てジャンプの違いを理解するのは素人には難しい~。動画で観ているとなかなか違いが判りません。

ソチオリンピックまでにジャンプの種類を見分けられるようになりたいです。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

2014年初打ち
2014年初打ちに行ってきました。

ブログの記録を見てみると、去年最後にプレーしたのは2013年のゴールデンウィーク。

なんと半年以上ゴルフしていませんでした。

練習場も行かず、半年ぶりのゴルフ・・・。さぞや恐ろしいスコアになるのではと思っていたのですが。

もうスコアが悪くても仕方がない~と、開き直って力まずにプレーしたのがよかったのか、121で回れました。私にしては十分なスコアです。


ゴルフ場にいるアヒル。鴨かも?(←一応シャレです・・・。)

2014年はせめて2ヶ月に1回はゴルフに行きたいです。そして110を切りたいです。
2014年もよろしくお願いいたします
新年明けましておめでとうございます。今年も(更新が怠りがちになるかもしれませんが)よろしくお願いいたします。

さて、皆さんはどのような年末年始休暇をお過ごしでしょうか?

私はこのお正月は、徹底的にゴロゴロだらだらしようと決意していました。

どう過ごすかというと、iPhoneでドラゴンクエスト8のゲームをして、YoutTubeやニコニコ動画でフィギュアスケートを観て、買い込んだフィギュアスケートの雑誌や本を読むだけ、というダラダラっぷり。

一応会社のパソコンを持ち帰っていますし、時間があったら読まなくちゃーという英語の本や業務関係の本もあるのですが、一切手を付けていません。

ゲームして、疲れてきたらフィギュアスケートを観て、お腹が空いたらご飯を食べて、またゲームして、フィギュアスケートを観て、雑誌を読んで、さすがに体が疲れてきたら、犬の散歩に行ったりちょっとストレッチして・・・の繰り返し。

普段の生活ではなかなかできない非生産的なことばかり。「非生産的なことをする!」と決意してやるのは、「今日は何もできなかった・・・」という罪悪感もまったく感じず楽しいです♪

とはいえ、あまりにゴロゴロしてばかりなのもなんなので、明日はゴルフに行ってきます。いいお天気だといいなー。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。