最近の記事


今年の海外旅行はスペインへ
昨年の秋にイタリアへ旅行に行きましたが、今年の海外旅行はスペインに行きます♪

スペインへは残念なことに直行便がないため、ルフトハンザドイツ航空を使用し、フランクフルト乗り継ぎでマドリードまで行くことにしました。

平日出発なのですが、飛行機はほぼ満席。季節柄旅行する人が多いのか、フランクフルト行きなのでビジネス客が多いのか。

とにもかくにも、「隣が空いている」というラッキーな状況は望めそうにありません。

さて、去年のイタリア旅行の際に迷ったあげくに契約していった海外用Wi-Fiルータですが、借りていって大成功でした。

「Wi-Fiがつながります」という記載があるホテルでも、実際には電波が弱くてなかなかつながらない宿もあったんです。が、Wi-Fiルータがあったおかげで無事インターネットに接続できました。

旅先でネットサーフィンをする必要もないし、プライベートのメールなら旅行中くらいチェックしなくても問題ないのですが、残念ながら毎日会社のメールをチェックしなくてはいけないので、インターネット接続は必須。

それに、Wi-Fiルータがあると、会社PC、iPad、プライベートiPhoneと会社貸与のiPhone、と、複数機器を接続できるので便利です。

今回も前回と同じグローバルデータという会社のWi-Fiルータを借りるのですが、「ヨーロッパ周遊タイプ」というのを選ぶと、乗り継ぎのドイツ・フランクフルト空港でも利用できるので大助かり。

空港のWi-Fiが無料の国も多い中、ドイツの空港はフランクフルトもミュンヘンも有料なのです(><)。

ヨーロッパ周遊タイプは1日1,280円で、故障した際の保障が1日315円。合計しても1,595円で、携帯電話会社の海外パケット放題プランよりお得です。

とはいえWi-Fiルータはバッテリーの持ちが悪く、1日中ずっと使いっぱなしにできないのが弱点。私は前回、充電器エネループを持って行きました。

これはWi-FiルータだけでなくiPhoneやiPadの充電もできるので、複数ガジェットを持っている人はあると便利ですよ。

とりあえず、航空券とレンタルWi-Fiルータとスペイン到着日のホテルだけは予約しましたが、あとはまだなにも決まっていません(^^;。行きたいところがいろいろあって、どんなルートで回るのか決めかねるんですよねー。

スペインは食べ物は美味しいし街はキレイだし、これからの季節は夜が長くてバル巡りも楽しいし、ああ楽しみ〜♪

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事


テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

ティーホルダー
この1週間、関東では寒い日もありますが、それでもだんだん暖かくなり、いよいよゴルフにピッタリのシーズンになりました〜♪

そうなると、新しいゴルフグッズが欲しくなります。

しかも、日常の持ち物では40歳を超えてあまりに可愛らしすぎるものは持ちにくいですが、ゴルフなら遠慮なくファンシーな物を持つことができます。

今回はこんなかわいいティーホルダーを購入。


ピンクのクマのティーホルダー。670円也。

カラビナが付いているのでベルトホルダーにぶら下げることも出来ます。

今年は最低月1回はゴルフに行きたいなぁ。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

上を向いて歩こう
どうにもこうにも、何もする気がしないとか、会社に行きたくない・・・という日って誰にでもありますよね。

私も、会社でイヤな事があったとか、気の進まない仕事が待っているとか、そういう具体的な「会社に行きたくない理由」は何も無いのに、でも会社に行くのが気が重い・・・ということがあります。

人間の気分というのは理由が無くても暗く落ち込む事があるんですね。

そんなとき、私は上を向いて歩きます。180度上を向いて歩いたら危険ですが(^^;、斜め上を見るような感じで。

するとそれだけで気持ちが軽くなるような気がします。

観察していると、上どころか前を見ないで歩いている人がとっても多い。下を向いてうつむき加減で歩いていたり、携帯電話をいじりながら歩いていたり。

上を向いて歩くだけならお金も手間もかかりません。気分が暗くなったらぜひ試してみてください。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事


テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

『日本人の英語』
日本人の英語』という本を買いました。


日本人の英語』。735円也。

日本人が間違いがちな英語を紹介しながら、いろんな(しかも時々おもしろい)例文をあげて英語的発想を紹介する、という本です。

例えば、この本の裏表紙に書かれている紹介文を引用すると・・・。

「冷蔵庫に入れる」は put it in the freezer なのに「電子レンジに入れる」だと put it in my microwave oven となる。どういう論理や感覚がこの英語表現を支えているのか。

むむむ。冷蔵庫だと「the」なのに、電子レンジだと「my」となる、という訳ですね。単に文法の本を勉強するだけでは、この違いは分かりません。

この本は私の(というか、多くの日本人も同じだと思われる)苦手な不定冠詞の説明から始まっていて、興味をもって読み始めたのですが、ううーんなるほど、とうなること然り。

話し言葉ならまだしも、メールだといつまでも残るので正しい英語を書くためには冠詞を克服したい、と思っていたのですが、冠詞は奥が深い・・・。

しかもこの本、マーク・ピーターセンというアメリカの方なのですが、なんとアメリカ人の著者が直接日本語で書いているのです。外国語としての日本語を習得した著者だからこそ、日本語と英語の違いを理解して解説してくれるのでとても分かりやすいです。

文法書ではないので、これを読めば文法バッチリ!というものではありませんが、楽しみながら英語感覚を身につけるには役に立つと思います。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

いよいよ折り返し
私、いよいよ、人生の折り返し地点を迎えてしまいました。

折り返し地点と決まってる訳ではありませんが、なんとなく昔からこの年齢が「折り返し」というイメージがありました。

要するに、30代にサヨナラして40代に突入したということです!ジャジャーン。

孔子先生は「四十にして惑わず』とおっしゃったそうですが、そんな境地には到底達しておらず・・・。

自分がハタチだったころの40歳の人ってもっと大人ではなかっただろうか。自分の事しか考えないお気楽な独身生活をフラフラとしているような、こんな40歳でいいのだろうか。などと、自分の中身と実年齢を比較すると、ちょっぴり空恐ろしい気持ちにもなります。

ただ、体の方は確実に40歳になっているようで(^^;。

昔のように無理がきかなくなりました。仕事が忙しくて週の前半で残業が何日間か続くと、その週の後半は使い物になりません。集中力が続かないのがしみじみと感じられます。

5年前は、月曜から土曜日まで朝9時から夜11時半まで働くという生活が半年間続いても、なんともなかったのになー。

これからは仕事もプライベートも、「がんばる」ではなく「マイペースで楽しむ」というスタンスで生きていきたいと思います。それから、もう一つ、「イヤな事はしない」。

めんどくさいなーとか億劫だなーと思うということは、結局やりたくないイヤなことだということ。そういうことはもうやらない!

とはいえ仕事は自分の好きな事ばかりをやっているわけにもいきません。仕事の場合は、自分の業務をすべて「好きになる」というのが重要。なかなか難しいですけれどね。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

お薄の貴人清次のお稽古
昨日はお茶のお稽古の日。貴人清次をお稽古しました。

先週のお稽古では貴人点をしたのですが、内隅ねらいではなく外隅ねらいに座るとか、お茶碗を引く前にお湯をくむとか、お茶碗を出したあとにひと膝退いて控えておくとか、ちょっとずつ他のお点前と違うところがあって混乱しそう・・・。

さらにお伴の方にもお茶を差し上げる貴人清次のお点前はもう必死。

私は手先があまり器用ではない方なので、お次の方用の千鳥茶巾を畳むのにも一苦労。乾いた茶巾で練習したときはそれなりに畳めたのに、濡らすともう大変。うまく両側に羽ができません。

練習あるのみ、なのでしょうねぇ。

他の方がお濃茶で貴人点をしたので半東の役をしたのですが、畳に手をついて控えていると、なんだか江戸時代の人のような気分になってしまいます。

ところで、うちの会社は毎月のように本社や他の地域から外国人が日本オフィスにやってくるので、興味がある人がいたらお茶を点ててあげたいなぁと思うことがあるのですが、では英語で茶道について説明せよ、と言われるとなかなか難しい。

そんな機会に備えて、英語でどうやって説明するのか勉強しようかなーと思っています。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事


テーマ:茶道 - ジャンル:学問・文化・芸術

旅行用のバッグを購入
先日からずっと続いていた旅行用バッグ探し行脚ですが、ようやく希望に添うものを見つけました。

条件はこんな感じ。
・ポケットが多い
・iPadが入る大きさ
・斜めがけができる
・口をファスナーで閉めるタイプ
・カジュアルすぎない
・軽い

で、購入したのはこちらです↓。


キタムラのバッグ。35,000円也。


写真だと黒に見えますが、キタムラの定番の紺です。

他に黒やベージもあり、ベージュとかなーり迷いました。が、飛行機の機内で足下に置くことを考えると、ベージュでは汚れてしまう可能性大・・・。


ショルダーバッグとの2Wayです。


中にはポケットがたくさん。

いろいろなブランドのバッグを見ましたが、さすがキタムラは日本製。バッグの内側も手を抜かず、しっかりした作りです。

この商品は働く女性の声を反映して作られたキタムラ&三越オリジナル商品なのだそう。なるほど、使いやすい工夫がいろいろしてあります。

バッグの外側にはファスナー付きポケットが3ヶ所、内側には大小の仕切りに加え、ペットボトルホルダーまで付いています。

飛行機の機内には必ずいつもペットボトルを持ち込むので、このホルダーはありがたい。


機内に持ち込むもの。iPad mini、Kindle、バッグインバッグに入れたお財布・iPhone2台・ハンカチ・ティッシュ・名刺入れ、コンパクトデジカメ、メモ帳、3色ボールペン、扇子、パスポート、水、防寒対策のストール。

実際の旅行や出張には、これらの他にガイドブック、おやつ(機内でちょっと口寂しいとき用)、最低限の化粧品、薬などなどが加わります。

長期休暇の場合、哀しいかな会社のパソコンを持って行かざるを得ないので、手荷物+パソコンバッグでいつも旅行は大荷物。

荷物の少ない旅行というのに憧れます。というか、休暇中は仕事をしないでいいという状況にあこがれます。が、今の仕事をしている限りはとても無理そう・・・。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事


テーマ:ショッピング - ジャンル:ライフ

『媚びない人生』
少し前に読んだ本。


媚びない人生』。1,365円也。

著者は韓国の方で、慶応義塾大学で准教授をされているジョン・キムさん。「自分を信じ、自分らしく生きる大切さ」について書かれています。

書かれていることは奇をてらったことではないのですし、同じようなことを言う人・書く人は他にもいると思うのですが、この本はとても分かりやすくて心に響きます。

それは、この本はもともと、著者が自分のゼミの学生が卒業する時にはなむけとして贈っている言葉が元になっているからかもしれません。「伝えたい」という気持ちが強く伝わってくるんですね。

私が特に気に入っていている項は「他者の目を気にしない。評価を過大評価しない」というページ。一部抜粋すると・・・。

自分を信じる力を最も阻害するのは、実は他者の目だ、ということである。他者の目を気にすればするほど、自分を信じる力は減じていく。他人のモノサシで自分を見つめ、自分を責めていくようなことばかりになっていく。

・・・中略・・・。

だからこそ私が伝えたいのが、向き合う相手を代えることである。8割、社会や他者、家族などの外に向いている視点やアテンションを、自分に向けるのだ。

・・・中略・・・。

そうすれば、自分が考えていることは、ほとんどが自分の問題として受け止めることができる。他者や外の環境に振り回されない確固たる自分の核を作ることができる。

そもそも他者の評価はそれほど優れたものなのだろうか。バッハやゴッホなどの優れた芸術家たちも、彼らが生きている間にはほとんど評価されなかった。他者の評価とはその程度のものでしかないのだ。

社会で働いていると、どうしても他人の評価が気になってしまいますが、そんなときにはこの本を読み返し、周りの評価に振り回されすぎないようにと思い直します。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事


テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

確定申告・・・
以前からブログをご覧下さってる方はご存知かもしれませんが、私はもう一つ所有しているマンションを賃貸に出しています。

ありがたくも毎月家賃収入があるのですが、そのため不動産所得の確定申告をしなければいけません。

今年は金曜日が〆切なのにまだ作成が終わっていません。

私は不動産所得の他に雑所得があったり、寄付金控除があったりするのですが、きちんと領収書や固定資産税の納付書などをまとめておかなかったので、整理するのに時間がかかり・・・。

毎年3月15日が〆切なので、毎年分かっているのに、毎年ギリギリまで準備をしないんですよね。去年は海外旅行に行く前日に大慌てで税務署のポストに投函したのですが、今年も期日前日の提出になりそう。

こんなとき10年日記をつけていれば「去年も焦ってやったんだった!」という反省が生かされるのかもしれません(><)。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

10年日記
私は日記の類が続いた事がほとんどありません。

ブログを書き始めてからはブログが日記の代わりのようでもあるのですが、ブログは「読んでくださる方がいる」という前提で書いているので、そのときの出来事すべてを書いている訳でもなし。

1年前、5年前、10年前のこの日にどんな事があったか、どんなことを考えていたのかが分かるのはおもしろい、とブログを始めてから気がつきました。

どうせなら、ブログに書けないような事も記録したいと思い、日記をつけてみることに。過去を振り返るという意味では、毎年新しい册になるより、時系列で振り返りやすいものがいいです。

ということで、10年日記なるものを買ってみました。


石原10年日記。4,570円也。


2013年から2022年まで。


箱の底にはこんな文字が!


10年歴。


予記。日記帳ですが、予定を書く欄がちゃんとあります。


記載欄は1日5行。


家族の経歴。


贈答品も記録できます。

複数年日記はいくつかの会社から出ているのですが、この会社のものが一番評判良さそうだったので決めました。

10年間使い続けるという前提なので、かなりしっかりした作り。箱もありますが、箱に入れたら出し入れが面倒になって続かない事必至なので、箱はとっとと捨てました。

日々の記録だけでなく、先の日付のところに「火災保険更新」とか「確定申告準備」など、数年先の忘れてしまいそうな予定を書いておけるのも便利です。

1年の目標もこれに書いておけば、毎年見返せて達成度合いが把握しやすそうです。

3日坊主にならないように・・・。今日から始めます。

応援クリックよろしくおねがいします↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

関連記事


テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ