最近の記事


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性のマンション購入と賃貸はどちらが得?
女性向け雑誌でマネー特集をすると、取り上げられることが多いのが「女性のマンション購入」。

そして多くの場合、マンションを買う方が得なのか、賃貸の方が得なのか、というテーマが出てきます。

80歳まで生きたとして、賃貸に払う金額はこれだけ、マンションを購入したら住宅ローンと管理費・修繕費で払う金額はこれだけ、と計算してあることもあります。

でもこれってなかなか難しい。

単純に金銭だけで考えれば、長生きするほど賃貸より分譲マンションを買った方が得でしょうし、60歳くらいで亡くなった場合は賃貸の方が生涯で住宅に払うお金は少ないはず。

何歳まで生きるかなんて誰にも分からないので、お金で「得か損か」を計るのはしょせん無理なんですよねー。

女性に限ったわけではありませんが、マンション購入は「損得」ではなく「価値観」で決める方がいいんじゃないかなと思っているんです。

いつでも引っ越しできる身軽さを大切にするのか、自分の家を買って定住したいのか、ライフスタイルの変化に対応できるフレキシビリティの優先度が高いのか、老後の住まいを確保するという安心感を重視するのか。

それに、単に家賃と住宅ローンでは単純比較出来ない点も。

頭金の額にもよるのですが、同じ場所で賃貸マンションの家賃と分譲マンションの住宅ローン返済額を比較した場合、同じ金額でも分譲マンションの方が部屋のグレードが高いことがよくあります。

部屋が広かったり、天井が高かったり、分譲マンションの方が壁紙やドアなどの建具は良いものを使っていたりすることが多いので、本当に比較したかったら部屋の中身まで考慮しなくてはならなくなります。

住宅ローンは減税があるので賃貸の場合と比べて所得税が減りますが、分譲マンションには賃貸マンションにはない修繕積立金が毎月とられてしまう。

こんないろんな要素があるので、買いたいなら買うべき。不安があるならやめるべき、としか言えないんですよね。

ただ、マンションを買っちゃったら何もかも自由がなくなっちゃうのでは、という心配は、貯金さえちゃんとしておけばそれほどでもないのではと思っています。

貯金さえちゃんとしておけば!が大前提ではありますが。

分譲マンションを買ってしまったけれどもどうしても引っ越したくなったら売るという選択肢もあるし、家を買ったからといって転職できないわけでもないし、マンション購入後に結婚する方だっています。

実際に、私は今住んでいる分譲マンションを購入してから2回転職していますし、しかもそのうち1回は次の転職先を決めずに辞めて、2ヶ月間もフラフラと世界一周旅行に出かけています。(その時の顛末はこちら。)

そして、いつが買い時ですか?と聞かれたら、「買いたいときが買い時!」と答えます。同じ物件は二度と出てこないので、マンション購入も一期一会。

いいと思った物件に出会って本当に欲しいと思ったら、その時が買い時なんだと思います。

マンション購入について聞かれて私がいつもアドバイスするのは住宅ローンについて。

何歳の時にマンションを買うのか人によってまちまちですが、住宅ローンは65歳までに完済するよう返済期間を組むべきですよ、とお伝えします。

そして、可能であれば60歳に完済するよう繰り上げ返済をした方がいいですよ、とも付け加えます。

退職金がしっかりと出る大企業にお勤めなら、定年退職時に住宅ローンが残っていても問題ないかもしれません。

でも、退職金の額がそれほど見込めない場合、老齢年金から毎月住宅ローンを支払っていくのはとっても大変。

せっかく仕事を退職して第二の人生を満喫できる時間がやってくるのですから、なんとしてでも退職時には住宅ローンがなくなっていることが重要だと思います。

年金の額は日本年金機構の「自分でできる年金額簡易試算」というホームページから試算できますが、けっこう少ないんですよね・・・。

定年退職が65歳で、60歳で住宅ローンが完済したら、60歳から65歳までの5年間で退職後の生活に向けて貯蓄ができます。

と、どちらが得とは言えないと書きつつ、以前もブログに書きましたが、自分自身については購入が良いと思っています(だから買っているわけですが。)

「損か得か」というより、「安心感と満足感」なんですよね。

都心に住みたかったのですが都心で賃貸を借りると賃料がとてつも高くなるし、犬がいるので賃貸だと選択肢が狭まります。分譲マンションならある程度仕様変更で自分の好みに変えることもできます。

性格的にも老後のことをあれこれ考える方なので、自分の家があるという安心感が欲しかったというのもあります。

もしマンション購入を検討している方がいたら、あまり周りの意見に惑わされずに、ご自身の価値観、生活スタイル、性格、諸々を考慮に入れて考えるといいんじゃないかなと思います。

私は特にいつと決めているわけではないですが、もう1回マンションを買いたいなぁと思っています。

そのときは築10年くらいの中古マンションを購入して、自分の好きなように思う存分リフォームしたいなーと、マンションのチラシや間取り図を見ながら妄想するのが楽しいのです。

応援クリックよろしくおねがいします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

日経WOMAN、マンション購入に対する姿勢が変わった?
日経WOMANの2010年11月号をご覧になった方はいらっしゃるでしょうか。

「おひとりさま」のライフ&マネー、という特集が組まれているのですが、その中で「シングルなら住まいは買ったほうがいいの?」というテーマが取り上げられています。

昔からブログを読んで下さっている方はご存知かもしれませんが、実は私、日経WOMANがあまり好きではありません。というのも、女性向けの雑誌であるはずなのに、どうも意見が「昭和のおっさん」っぽいと思うことが多いのです。特に、マンション購入に関しては。

過去も2回ほどこの日経WOMANのマンション購入に関する記事を取り上げています。

賃貸と分譲、どっちがお得?(2008年7月)
日経WOMANの女性のマンション購入に関する記事(2007年7月)

過去の記事では購入に対してあまりポジティブではない印象を受けたのですが、今回の記事ではちょっと趣が違っていました。

物件価格と立地を吟味し、相場観を養い、税制優遇を有効活用し、そして手持ちの資金がある程度あるならば、購入もあり、という内容でした。

しかも、1LDKで中古の駅近物件がオススメ、とのこと。おおっ。私が常々考えている条件と同じではないですか~。ちょっとウレシイ。

あと、ずっと以前からリンクを貼らせていただいている、千葉由里さんのコメントが載っているのもポイント高かったです。

やっぱり実際に購入した人の意見というのは貴重ですからね~。しかも千葉さんは三度もマンションを購入されているツワモノ!2回購入の私も驚かれることが多いですが、千葉さんには負けます・・・。

世界旅行記も更新してます。出発まであとわずか!

ランキングへ参加しています。にほんブログ村ランキングのリンクをクリックして頂けたらうれしいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

もう一度マンションを買うとしたら
[マンション購入] ブログ村キーワード

今日はモデルルームを1件見学してきました。具体的に購入の計画があるわけではなく、ちょっと気になった物件だったというだけですが。

私は既に2回マンションを購入しています。最初は中古マンション、2度目は今住んでいる新築マンション。

今住んでいる物件は設計変更が割と自由にできたので、人感センサーを付けたり壁を取っ払って3枚引き戸にしたりと、いろいろ思い通りにできました。

が、それでも住み始めてみると「ああ~ここはこうすればよかった・・・」と思う点が多々あり・・・。

もしもう一度マンションを購入するチャンスがあったら、その際は10年落ちくらいの中古マンションを購入し、好きなように思う存分リフォームをしてみたいと思っています。

リフォームで取り入れたいのは下記の点。

・玄関、キッチン、トイレ、洗面所の照明を人感センサーにする。
・廊下にナイトライトを付ける。
・寝室の照明を「とったらリモコン」にする。
・洗濯機置き場に扉を付ける。(今の家がそういう設計で、いろんなものをしまえるのでかなり便利。)
・玄関とキッチンに犬が入れないようにするゲートを取り付ける。
・玄関に犬のリードや散歩バッグを収納する収納を作る。
・玄関収納にゴルフバッグ用のスペースを確保する。
・リビングに、床から80センチくらいから天井までの作り付け収納を作る。収納下80センチの空いている部分を犬のトイレ置き場にする。
・寝室のクローゼットに姿見を取り付ける。
・ダイニングテーブルの高さにコンセントとLANの口を取り付ける。(ホットプレートやたこ焼き器を使ったり、ダイニングテーブルでPCをするのに便利。)
・洗面ボウルを四角いタイプにする。(犬のシャンプーをするのに、丸いタイプだと安定感がない。)
携帯電話で外からエアコンや照明をコントロールできるシステムを導入する。
・湿気とにおい対策に、リビングの壁をエコカラットにする。

発想の半分は犬対策ですね(^^;。

よく、「家は3回建てないと思い通りのものはできない」と言いますが、確かにそのとおりだなーと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
現在2位。にほんブログ村ランキングの応援クリックよろしくお願いします!

人気ブログランキング人気ブログランキングもよろしくお願いします。


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

賃貸と分譲、どっちがお得?
先日図書館で過去の日経WOMANをパラパラっと見ていたら、気になる記事を見つけました。

賃貸マンションに住み続けるのと分譲マンションを購入するのと、どっちが生涯でお得かという比較をやっていたのです。

『30代の独身女性は「このまま一人で家賃を払い続けるより、マンションを買った方が得ではないか」と思ってマンション購入する人が多いのだが、本当にそうなのか?を検証する』、という記事でした。

たしか比較の前提は下記の通り。スタート時の年齢は30歳。

■賃貸マンション
家賃80,000円。2年ごとに更新料。更新ごとに家賃が少し上がっていく。65歳で家賃は95,000円になっている。65歳で家賃80,000円のところに引っ越す。

■分譲マンション
3,000万円を25年ローンで借りる。管理費・修繕積立金・固定資産税がかかる(金額をいくらにしていたかは忘れちゃいました。)

で、80歳(だったと思う)になった時点で、それまでに払った総額は賃貸マンションの方が安い。だから賃貸マンションの方が損だと言うわけではない、という結論。

数字だけで見るとそうなのですけれど。そもそも比較すること自体が間違っていると思うのです。

3,000万円を25年ローンで返済するとして、金利によって総返済額は大きく違ってきます。まず、ここで比較の前提が成り立ちませんよね。

仮にこの計算どおりに行くとしても、80歳の時点では賃貸の方がお得なのかもしれませんが、80歳でポックリいくと決まってるわけではないですしねー。

損か得かはその人の価値観に大きく左右されます。自分が「買った方が得!」と思えばそれがいいし、「賃貸の方が得!」と思えばその人にとってのベストは賃貸マンションでしょう。

で、ここまで言っておいてあえて私個人の意見を言うならば「やっぱり買った方が得」ということです。

まず、賃貸の家賃と分譲のローン返済額+共益費・修繕積立金がまったく同じだったとしましょう。でも、出て行く金額が同じとしても、住んでいる家のグレードが同じとは限りません。

私の場合、今住んでいる地域で同グレードの賃貸マンションに住もうと思ったら、現在の月々ローン返済額の倍払わないと借りられません(><)。

次に、よく聞き飽きるほどよく言われることですが「住宅ローンには終わりがあるが、家賃には終わりがない」ということ。住宅ローンが終わっても共益費や修繕積立金の支出はありますが、家賃ほどの金額は出て行きません。

同じ金額でも、30代での10万円と70代での10万円は意味が違う、と思うのです。「今の私にとって10万円なんて小銭も同然!」とまではいきませんが、それなりに働いているのでまぁ普通に支出できる額。

が、年金生活になってからの10万円というのは結構キツイと思うのですよ。特に我々三十路ーズ&アラフォーの皆様は、公的年金があまりあてにできない世代ですしね。

現役世代のうちにローンを払って、年金生活になったら共益費+修繕積立金のみの支出、という分譲派と、年金生活になってもずっと同じ支出額の賃貸派。生涯支出額は同じ(もしくは賃貸の方が少ない)としても、生活の厳しさでいったら年金の中から家賃を払う方が大変なのじゃないかなーと思っているのです。

そんなことを考えてマンションを購入したわけですが、これはあくまでも私個人の意見なので。年金生活になったら狭いところに引っ越せばいい!とか、自由気ままに住む場所を変えたい!という方はやっぱり賃貸の方が向いているでしょうし。

一番かっこいいのは、やっぱりポンっと分譲マンションを現金で買っちゃうことでしょうね。あー宝くじ当たらないかな・・・。

ブログランキング参加中!応援クリックよろしくお願いします!。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

こちらもよろしくお願いします。
人気ブログランキング


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

働くオンナと住宅ローン
日曜日は休日出勤、ゴルフレッスンにも行けず。昨日も今日も22時退社。会社に半日以上います。20時ごろ時計を見て「あ、まだ早い」と思ってしまう自分が嫌です。

疲れてくると、なんで私毎日遅くまでこんなに働いているんだろう・・・と、まるで大学出たての新入社員のようなウブなことを考えてしまったりしますが、「住宅ローンのために決まってんじゃん」ともう一人の自分が突っ込みます。

逃亡したい気持ちに駆られても、働く意義を見つけられなくても、住宅ローンのおかげでとりあえず働く目的だけはあります。

逃げ出したくなったり、仕事の意義なんて青春っぽいことを考えてみたりする「弱音の時期」なんて一時的なもので、仕事の成果が出たり一山超えたり思わぬ評価が得られたりすると、コロっと態度が変わって仕事が楽しくなったりするもんです。

ウジウジしていたのが嘘のように「働いていてよかった~」なんて思ったり。

「住宅ローンを抱えてしまうと仕事を辞められないから、独身女性がマンションを買うのはお勧めではない」などと言う意見もありますが。

「住宅ローンがあるおかげで、なんとか踏ん張って仕事を続けられるし、続けたおかげで仕事の楽しみも分かってくるようになる」という言い方もできるのではないかな~と近頃思ってます。

グチのように始った今日の記事ですが、最後はキレイにまとまりました!(←自画自賛)

3位に浮上しました!応援クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

こちらもよろしくお願いします。
人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。